美容・健康情報

アメリカの遺伝子検査キット「23andMe」とは?

こんにちは!前回の「23andMeを買えなかったのでマイコード・ディスカバリーをやってみた!」から本ブログに訪れてくれた方が増えつつあるので、今回は「そもそも23andMeとは何なのか?」調べてみたいと思いました。

この記事では23andMeの運営元や検査の特徴等を見ていきたいと思います。

23andMeは現在日本では販売されていませんが、国内でも類似商品が出ていますので、本記事後半ではそちらについても紹介していきます。

  • 23andMeとは…祖先・疾病リスクの解析を行える遺伝子検査キット。2007年にサービス開始。
  • 運営元…アメリカに本社を構える23andMe,Inc。
  • 日本での入手状況…日本では現在入手不可。

アメリカの遺伝子検査・23andMeとは?

23andMeとは、2007年からサービスを開始したアメリカの遺伝子検査キットのことです。

日本にも近年アルコールの分解能力や、薄毛体質の発見ができる遺伝子検査キットがありますよね。

23andMeはそれらの一種で、祖先や疾病リスク解析に特化したキット。

2006年創立のアメリカ・カリフォルニア州のマウンテンビューに拠点を置く会社が運営元です。

アメリカでは、初めて常染色体の遺伝子検査を提供した会社として知られています。

CEOはイェール大学を卒業した女性経営者で、イェール大学を卒業後はサンフランシスコに拠点を置く投資ファンドと、スウェーデンの投資会社でヘルスケア投資のコンサルタントに就いていたようです。

2000年に辞職し、その後2006年には生物学者・起業家であるLinda Aveyさんと23andMeを共同創立しました。

 

  • 世界各国で展開中

さてこの23andMeは現在48カ国で入手可能となっています。

しかし残念ながら、基本的に日本での入手方法はありません。

公式サイトには「もしお住まいの国が表記されていない場合、23andMeはいかなる郵送・受取方法もお勧めしません」とあります。

(参照:23andMe公式ページ。2018年8月16日アクセス)

配送に対応していない国でのキット入手は避けた方が無難ですね。

輸入代理店などを探せば引き受けてくれる所もあるのかもしれませんが。

ところで、23andMeにはどのような商品があるのでしょうか。次の項目でみていきましょう。

23andMeの取扱商品は2種類

23andMeが販売している遺伝子検査キットは2種類です。

  1. Health+Ancestry(健康・祖先解析)
  2. Ancestry(祖先解析)
s_Capture d’écran 2018-08-15 à 23.26.53.png

どちらのパックを選んでも、祖先解析は含まれているようですね。

それでは具体的に、何がどう違うのでしょう?検査項目などを一覧表にしてみました。

Ancestry
Health+Ancestry
検査項目
祖先情報
DNAによる親戚追跡(オプション選択)
遺伝的健康リスク
病原菌媒介体
健康等の体質
見た目等の体質
サービス
検査データ
友人・家族のデータとの比較
項目の追加 125ドル
リピート割引 10%オフ

上から順に、パックの機能について補足していきます。

検査項目・サービスの違い

  • 祖先情報(Ancestry・Health+Ancestry共通)

祖先の構成、母方・父方のハプログループ(共通祖先を持つよく似た集団)、ネアンデルタール系統、DNA族についての情報をしてくれます。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 22.21.41.png

 

  • DNA親戚追跡(Ancestry・Health+Ancestry共通)

追跡機能に同意したユーザーのみ、23andMeのデータベースを介して親戚を探したりコンタクトを取ることができます。

  • 遺伝的健康リスク(Health+Ancestry限定)

BRCA1/BRCA2、セリアック病、若年性アルツハイマー症、パーキンソン病など5項目以上の健康リスクについて検査できます。

  • 病原菌媒介体(Health+Ancestry限定)

嚢胞性線維症、鎌状赤血球貧血、遺伝子性難聴などを含む、40項目以上の病原性のあるウイルス状態についてチェックできます。

  • 健康等の体質(Health+Ancestry限定)

眠りの深さ、乳糖不耐性、遺伝子的な太りやすさなどに関する5項目以上を検査できます。

  • 見た目などの体質(Health+Ancestry限定)

脱毛、味覚の好み、眉毛の濃さなど25項目以上が表示されます。

  • 検査データ(Ancestry・Health+Ancestry共通)

遺伝子検査データへのアクセスができます。

医療診断の目的では使えないものの、「ローデータ」という解説や文字説明がついていない調査結果そのままのデータを閲覧できるようです。

  • 家族との比較(Ancestry・Health+Ancestry共通)

近い親類からDNAをたどり、家族とあなたの間にある遺伝子上の違い・相似を検査します。

検査項目の追加は125ドル(Ancestryパック限定)

検査項目の少ないAncestryパックを購入した場合は、後から検査項目の追加をできます。

検査項目の追加は125ドル。

Health+Ancestryキットに含まれている「遺伝的健康リスク、病原菌媒介体、健康等の体質と見た目等の体質検査」以上4項目を追加できます。

リピート割引(Health+Ancestryパック限定)

Health+Ancestryキットを既に購入したユーザーに限り、同じ商品を10%オフで購入できます。

23andMeの特徴

23andMeで販売されている遺伝子検査キットは2種類。

Ancestryは祖先解析のみのキットで、Health+Ancestryは祖先解析に加え疾病リスクや体質等も検査できるキットでした。

両者の特徴は、家族同士で祖先情報を比較できることや、オプション選択で既に23andMeを使っている遠い親戚と出会えることでしょうか。

23andMeの検査キット全体の特徴としては、例えばこんなポイントを挙げられそうです。

  • 祖先の系統が0.1%単位でわかる
  • 世界150以上の地域から祖先の系統がわかる
  • 親戚を特定できる

順番にみていきましょう。

祖先の系統が0.1%単位でわかる

23andMeのスゴイ所は、まず祖先の系統が0.1%単位という詳細さでわかること。

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.19.12.png

画像のサンプルレポートのように、ヨーロッパの系統が47.4%、そのうちスペインのイベリア系が19.7%、アシュケナージ系ユダヤ人が0.5%…なんて構成までわかってしまうのです。

結果の厳密さにまず驚きですが、さらに注目したいのはなんと世界150以上の地域から系統を割り出しているということ。

世界150以上の地域から祖先の系統がわかる

23andMeでは、世界150以上の国・地域から構成される祖先の血統がわかります。

「ヨーロッパ系」「アジア系」といった大まかな結果ではなく、より細かい結果が期待できますね。

例えば大きな枠の「ヨーロッパ系」から、二番目の枠「ブリティッシュ・アイリッシュ系、フランス・ドイツ系、スカンジナビア系」、さらにもっとも細かい枠組みでは「オーストリア系、ルクセンブルク系、ベルギー系、フランス系、オランダ系、スイス系、ドイツ系」など、細かい地域レベルまで遺伝子の割合が細分化されています。

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.39.04.png

これは結果を見ると同時に、感動してしまいそうですね…!

親戚とつながれる

もう一つの特徴は、23andMeが提供するデータベース上で親戚とつながれる所。

23andMeを利用するユーザーがこのオプションに同意している限り、遠い縁者と連絡を取るなんてことも可能なんですね。

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.39.56.png

例えば23andMeデータベースで親戚を探したら、スペイン人が遠い親戚にヒット!なんてことも起こるかも…!?

「自分の祖先は意外なルーツを持っているのかも!?」なんて、ちょっと想像するだけでワクワクしてきちゃいますよね。

うーん…本当に国内で入手不可なことが悔やまれるほど、試してみたくなるサービスです。

この23andMe、日本では本当に購入できないのでしょうか?

次の項目では23andMeの入手方法や、類似商品について確認してみたいと思います。

23andMeは本当に日本で買えないの?

冒頭でも紹介したとおり、現在日本で23andMeは購入できません

しかしアメリカから代理輸入などしてもらうなど、入手方法は一応あるようです。

どうしても試して見たい方は「アメリカ 代理購入 23andme」などのワードで調べて見ると、代理店が見つかるかもしれませんね。

ただ繰り返しますが、公式サイト側には「お住まいの国が発送可能国のリストに表記されていない場合、23andMeはいかなる郵送・受取方法もお勧めしませんと書いてありました。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 23.29.14.png

結局、日本でのキット入手は避けた方が無難ということでしょう。

では日本では遺伝子検査できないのか?

といいますと、そんなことはありません!

  • 日本でも入手可能な海外の検査キットを買う
  • 日本のメーカーが提供している検査キットを買う

いずれかの方法で検査できます。

海外の検査キット情報についてはこちらの記事にお立ち寄りいただければと思いますっ

日本のメーカーが出している検査キットではまだ23andMeのように数パーセント単位の祖先解析をみれたり、遠い親戚と繋がれるデータベースが用意されているわけではありませんが、日本にも仕様が若干似た検査キットはあります。

日本で買える遺伝子検査キット

というわけでこの項目では、日本で入手できる類似の遺伝子検査キットをピックアップしてみます。

Genequest(ジーンクエスト)

ジーンクエストが提供する「ジーンクエストALL」という検査キットでは、がんなどの疾患リスクや体質、祖先に関する情報を全て調べることができます。

 

created by Rinker
ジーンクエスト ALL
¥32,184
(2019/09/18 10:12:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

他にもジーンクエストLITEというキットがあり、こちらではジーンクエストALLに含まれる項目の一部のみを調べることができます。

 

関連記事:Genequest(ジーンクエスト)の遺伝子検査キットまとめ【2019年】

 

GeneLife(ジーンライフ)

ジーンライフはダイエットや肌質、メタボリックシンドローム対策用などさまざまな種類の遺伝子検査キットを提供しています。

中でも「Genesis2.0」という商品では、各種健康リスク・体質の検査項目の他、祖先解析(ミトコンドリアハプログループとY染色体ハプログループ※)も検査に含まれているそうです。

 

※この検査項目はY染色体の遺伝子を調べており、Y染色体をもつ男性のみ検査結果が表示されます。

※将来的に新しい研究成果が得られた場合、検査結果は関連する科学的知見の更新に基づいて適宜変更される場合があります。

(Genesis2.0「全検査項目」ページより)

 

23andMeのように数パーセント単位での結果が見れるというわけではないものの、国内の検査キットではかなり幅広い項目をカバーしているので「一番誰にでも勧めやすいキット」だと言えそうです。

 

created by Rinker
GeneLife
¥14,373
(2019/09/18 09:26:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

なお、同社から出ている「Haplo(ハプロ)」というキットでは、祖先に関する項目のみを調べることができます。

ジーンライフのその他商品や、Genesis2.0の特徴などについては以下の記事も参照いただければと思います。

関連記事:GeneLife(ジーンライフ)の遺伝子検査キット全種類まとめ【2019年】

MYCODE(マイコード)

マイコードはがんに関する遺伝子的リスクを調べられる「がんパック」や、祖先と体質の解析を行える「ディスカバリー」などの遺伝子検査キットを提供しています。

こちらでご紹介する「ヘルスケア」パックは疾病リスク・体質解析を中心としたキットで、検査項目は280項目以上。シリーズ内でもっとも多くの項目を調べることができます。

祖先解析ができるキットではありませんが、健康・体質関連のみを調べたい方にはおすすめです。

なおこの商品には紙媒体の検査結果レポートがついた「ヘルスケア(検査レポートブック付)」と、ウェブ版でのみ結果を閲覧できる通常版の2種類がありますので、お好みに合わせて選びましょう。

以下は通常版のリンクとなります。

 

created by Rinker
MYCODE
¥28,438
(2019/09/18 16:35:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

マイコードのその他商品や、ヘルスケアパックの詳しい特徴などについては以下の記事も参照いただければと思いますっ

関連記事:MYCODE(マイコード)の遺伝子検査キットまとめ【2019年】

まとめ

今回は、前回更新した「23andMeを買えなかったのでマイコード・ディスカバリーを使ってみた!」から派生して、23andMeについて調べてみました。

23andMeは祖先を世界150地域以上のルーツから解析し、0.1%単位で結果を出してくれるスゴイ検査キットなのですが、残念ながら日本では入手不可能でした。

そこで、後半では入手可能な遺伝子キットの類似品を見ていきました。

日本では今の所23anMeのように0.1%単位で祖先解析ができるサービスはありませんが、ぜひ将来、機会があれば使ってみたいです。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学19年卒(異文化コミュニケーション)。 副専攻にフランス語。 ベルギーの大学院に受かったけど資金準備が間に合わず、今は派遣社員とブロガーやっています。 内容は大学生~20代の仕事・恋愛・コミュニケーション全般について。 趣味は酒とダイエットです。