遺伝子検査

アメリカの遺伝子検査キット「23andMe」とは

こんにちは、佐藤です。

前回の「23andMeを買えなかったのでマイコード・ディスカバリーをやってみた!」から本ブログに訪れてくれた方が増えつつあるので、今回は「そもそも23andMeとは何なのか?」調べてみたいと思いました。

この記事では23andMeの運営元や検査の特徴等を見ていきたいと思います。

23andMeは現在日本では販売されていませんが、国内でも類似商品が出ていますので、本記事後半ではそちらについても紹介していきます。

  • 23andMeとは…先祖情報・疾病リスクの解析を行える遺伝子検査キット。2007年にサービス開始。
  • 運営元…アメリカに本社を構える23andMe,Inc。
  • 日本での入手状況…日本では現在入手不可。

アメリカの遺伝子検査・23andMeとは?

23andMeとは、2007年からサービスを開始したアメリカの遺伝子検査キットのことです。

日本にも近年アルコールの分解能力や、薄毛体質の発見ができる遺伝子検査キットがありますよね。

23andMeはそれらの一種で、先祖や疾病リスク解析に特化したキット。

2006年創立のアメリカ・カリフォルニア州のマウンテンビューに拠点を置く会社が運営元です。

アメリカでは、初めて常染色体の遺伝子検査を提供した会社として知られています。

CEOはイェール大学を卒業した女性経営者で、イェール大学を卒業後はサンフランシスコに拠点を置く投資ファンドと、スウェーデンの投資会社でヘルスケア投資のコンサルタントに就いていたようです。

2000年に辞職し、その後2006年には生物学者・起業家であるLinda Aveyさんと23andMeを共同創立しました。

 

  • 世界各国で展開中

さてこの23andMeは、現在48カ国で入手可能となっています。

カナダでは2014年10月より、イギリスでは2014年12月から販売中。

しかし、残念ながら基本的に日本での入手方法はありません。

 

 

入手可能な国一覧

アルバニアラトビア
アメリカ領サモア
リヒテンシュタイン公国
アルメニアリトアニア
オーストラリアルクセンブルク
オーストリアマケドニア
アゼルバイジャンマルタ
ベラルーシモルドヴァ
ベルギーモナコ
ボスニア・ヘルツェゴヴィナオランダ
ブルガリア
ニュージーランド
カナダ北マリアナ諸島
クロアチアノルウェー
キプロス共和国ポーランド
チェコ共和国ポルトガル
デンマークプエルトリコ
エストニアルーマニア
フィンランドサンマリノ
フランスシンガポール
ドイツスロバキア
ギリシャスロベニア
グアムスペイン
ハンガリースウェーデン
香港スイス
アイスランドイギリス
アイルランドアメリカ
イスラエルバチカン市国
イタリア
アメリカ領ヴァージン諸島

(参照:23andMe公式ページ。2018年8月16日アクセス)

 

 

入手の可否については遺伝子検査に関する各国の法律や、検体郵送の都合などによって決まっているようです。

公式サイトには「もしお住まいの国が表記されていない場合、23andMeはいかなる郵送・受取方法もお勧めしません」と書いてありました。

リストに載っていない国でのキット入手は避けた方が無難ですね。

次の項目では、23andMe米公式ページではどのような商品が売られているのかについて、調べてみました。

23andMeの取扱商品は2種類

23andMeが販売している遺伝子検査キットは2種類です。

  1. Health+Ancestry(健康・先祖解析)
  2. Ancestry(先祖解析)
s_Capture d’écran 2018-08-15 à 23.26.53.png

どちらのパックを選んでも、先祖解析は含まれているようですね。

それでは具体的に、何がどう違うのでしょう?検査項目などを一覧表にしてみました。

Ancestry
(先祖解析)
Health+Ancestry
(健康・先祖解析)
検査項目
祖先情報
DNAによる親戚追跡(オプション選択)
遺伝的健康リスク
病原菌媒介体
健康等の体質
見た目等の体質
サービス
検査データ
友人・家族のデータとの比較
項目の追加125ドル
リピート割引10%オフ

上から順に、パックの機能について補足していきます。

検査項目・サービスの違い

  • 祖先情報(Ancestry・Health+Ancestry共通)

祖先の構成、母方・父方のハプログループ(共通祖先を持つよく似た集団)、ネアンデルタール系統、DNA族についての情報をしてくれます。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 22.21.41.png

 

  • DNA親戚追跡(Ancestry・Health+Ancestry共通)

追跡機能に同意したユーザーのみ、23andMeのデータベースを介して親戚を探したりコンタクトを取ることができます。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 10.40.55

 

  • 遺伝的健康リスク(Health+Ancestry限定)

BRCA1/BRCA2、セリアック病、若年性アルツハイマー症、パーキンソン病など5項目以上の健康リスクについて診断できます。

 

  • 病原菌媒介体(Health+Ancestry限定)

嚢胞性線維症、鎌状赤血球貧血、遺伝子性難聴などを含む、40項目以上の病原性のあるウイルス状態についてチェックできます。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 22.23.13

 

  • 健康等の体質(Health+Ancestry限定)

眠りの深さ、乳糖不耐性、遺伝子的な太りやすさなどに関する5項目以上を検査できます。

 

  • 見た目などの体質(Health+Ancestry限定)

脱毛、味覚の好み、眉毛の濃さなど25項目以上が表示されます。

  • 検査データ(Ancestry・Health+Ancestry共通)

遺伝子検査データへのアクセスができます。

医療診断の目的では使えないものの、「ローデータ」という解説や文字説明がついていない調査結果そのままのデータを閲覧できるようです。

 

  • 家族との比較(Ancestry・Health+Ancestry共通)

近い親類からDNAをたどり、家族とあなたの間にある遺伝子上の違い・相似を診断します。

検査項目の追加は125ドル(Ancestryパック限定)

検査項目の少ないAncestryパックを購入した場合は、後から検査項目の追加をできます。

検査項目の追加は125ドル。

Health+Ancestryキットに含まれている「遺伝的健康リスク、病原菌媒介体、健康等の体質と見た目等の体質検査」以上4項目を追加できます。

リピート割引(Health+Ancestryパック限定)

Health+Ancestryキットを既に購入したユーザーに限り、同じ商品を10%オフで購入できます。

23andMeの特徴

23andMeで販売されている遺伝子検査キットは2種類。

1つは先祖解析のみのキットで、2つ目は先祖解析に加え疾病リスクや体質等も検査できるキットでした。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 10.37.44

両者の特徴は、家族同士で先祖情報を比較できることや、オプション選択で既に23andMeを使っている遠い親戚と出会えることでしょうか。

こちらの項目では2つのキットを調べてみて、23andMe全般の特徴をさらに調べてみました!

調べた限りで分かった特徴は以下の3つです。

  1. 先祖の系統が0.1%単位でわかる
  2. 世界150以上の地域から祖先の系統がわかる
  3. 親戚を特定できる

順番にみていきましょう。

先祖の系統が0.1%単位でわかる

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.19.12.png

23andMeの凄まじいところは、まず祖先の系統が0.1%単位という詳細さでわかること。

画像のサンプルレポートのように、ヨーロッパの系統が47.4%、そのうちスペインのイベリア系が19.7%、アシュケナージ系ユダヤ人が0.5%…なんて構成までわかってしまうのです。

結果の厳密さにまず驚きですが、さらに注目したいのはなんと世界150以上の地域から系統を割り出しているということ。

世界150以上の地域から祖先の系統がわかる

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.25.50.png

ご覧の通り、世界150以上の地域・国から、あなたの診断結果がわかってしまうのです。

「ヨーロッパ系」「アジア系」といった大まかな結果ではなく、より精密な結果が期待できますね。

例えば大きな枠の「ヨーロッパ系」から、二番目の枠「ブリティッシュ・アイリッシュ系、フランス・ドイツ系、スカンジナビア系」、さらにもっとも細かい枠組みでは「オーストリア系、ルクセンブルク系、ベルギー系、フランス系、オランダ系、スイス系、ドイツ系」など、細かい地域レベルまで遺伝子の割合が細分化されているのです。

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.39.04.png

これは結果を見ると同時に、感動してしまいそうですね…!

親戚を特定できる

Capture d’écran 2018-08-13 à 00.39.56.png

さらに23andMeの素晴らしい所は、サービスのデータベース上で親戚を特定できてしまうという所。

23andMeを利用するユーザーがこのオプションに同意している限り、遠い縁者まで特定ですることも可能なんですね。

例えば、日本人が23andMeデータベースで親戚を探したら、スペイン人が遠い親戚にヒットした…!なんてこともあり得るわけです。

「自分の先祖は意外なルーツを持っているのかも!?」なんて、ちょっと想像するだけでワクワクしてきちゃいますよね。

うーん…本当に国内で入手不可なことが悔やまれるほど、試してみたくなるサービスですね!

この23andMe、日本では本当に購入できないのでしょうか?

次の項目では23andMeの入手方法や、類似商品について確認してみたいと思います。

23andMeは本当に日本で買えないの?

冒頭でも紹介したとおり、現在日本で23andMeは購入できません

しかしアメリカから代理輸入などしてもらうなど、入手方法は一応あるようです。

どうしても試して見たい方は「アメリカ 代理購入 23andme」などのワードで調べて見ると、代理店が見つかるかもしれませんね。

ただ繰り返しますが、公式サイト側には「お住まいの国が発送可能国のリストに表記されていない場合、23andMeはいかなる郵送・受取方法もお勧めしませんと書いてありました。

s_Capture d’écran 2018-08-15 à 23.29.14.png

結局、日本でのキット入手は避けた方が無難ということでしょう。

では、日本では遺伝子検査できないのか?

といいますと、そんなことはありません!

調べてみたところ日本にも、23andMeに近い検査結果を得られるキットがあったのです。

次の項目では、日本で入手できる類似の遺伝子検査キットをまとめてみました。

日本で買える類似の遺伝子検査キット

日本で入手できる遺伝子検査で、先祖・健康など23andMeに似た情報がわかるのはこちらの3社から出ている商品です。

  • MYCODE(マイコード)

23andMeでいう、Health+Ancestryパックの雰囲気に近い遺伝子検査キットです。

こちらは疾病リスク・体質解析が中心のキットで、検査項目は280項目以上あります。

 

  • GeneLife(ジーンライフ)

23andMeでいうところの、Ancestryパックに近い遺伝子検査キットです。

 

検査項目は360以上あり、簡単な先祖解析や将来の病気リスク、肥満タイプなど様々な項目をチェックできます。

  • Genequest(ジーンクエスト)

ジーンクエストALLは23andmeのHealth+Ancestryに近い雰囲気の遺伝子検査キットで、健康リスクや体質の遺伝子的傾向の他、先祖のルーツなどを調べることができるようです。

こうして一度に挙げると、どれも似たり寄ったりに見えてきますね…

そこで次の項目では、以上に挙げた23andMeに似ている遺伝子検査キットの特徴を拾っていきたいと思います。

まずはMYCODEディスカバリーからみていきましょう。

MYCODE(マイコード)

MYCODEディスカバリー

どのハプログループ(共通祖先を持つと考えられている集団)に検査者があてはまるかが分かるキットです。

<ハプログループの例>

⑴ハプログループD …南アジア・東アジアなどを起源とするグループ。この集団に属する人は、チベット、アイヌ、日本、そしてインド北東部などに分布している。

⑵ハプログループG …西アジアを起源とするグループ。コーカサス地方を中心に、ヨーロッパ方面などに分布している。

MYCODEディスカバリーでは、こうした10種類のハプログロープから祖先の系統を知ることができます。

s_スクリーンショット 2018-03-31 23.17.15

150以上の地域名で先祖の系統が表示され、0.1%単位で結果表示される23andMeに比べると、やはり少し大まかな内容ではありますが、日本では数少ない先祖解析ができるキットです。

また、遺伝的な体質・見た目の特徴がわかることもこのキットの特徴。

例えば「目の青さ」「腰のくびれ」「アルコールによる顔の赤くなりやすさ」など、18項目も調べることができます。

Capture d_écran 2018-08-07 à 01.30.24Capture d_écran 2018-08-07 à 01.30.36

こちらの遺伝子検査キットについては、実際に筆者が使用してみた体験談もあります。

気になる方はこちらもぜひご参照ください。

関連記事:23andmeを買えなかったのでマイコード・ディスカバリーをやってみた!

MYCODEヘルスケア

MYCODEヘルスケアの主なコンテンツは、疾患リスク・体質の検査結果と、生活習慣に関するアドバイスです。

  • 疾病リスク・体質
s_Capture d’écran 2018-08-16 à 02.07.21

検査項目は全部で280項目程度あり、疾患リスクの高い病気の説明はもちろん、疾患リスクを左右する生活習慣までわかります。

s_Capture d’écran 2018-08-16 à 02.00.51 s_Capture d’écran 2018-08-16 à 02.00.27

専門家監修のわかりやすい解説やグラフがついているため、遺伝子関係の知識がない人でも把握しやすい作り。

さらには、検査結果を導く上で参考にした論文・サマリーも掲載しているとのことでした。

情報源がはっきりしているので、読む側としても安心できます。

先祖に関する検査項目は含まれていないものの、肌質・鼻筋の通りといった体質関連の項目も把握できます。

  • 生活改善アドバイス
s_Capture d’écran 2018-08-16 à 02.07.27

当パッケージでは、さらに生活改善アドバイスがついてきます。

疾患リスクの結果にあわせた食生活のアドバイスや、管理栄養士によるレシピ集まで見ることができ、この検査キット1つで健康的な生活への指標をたてることができます。

Capture d’écran 2018-08-14 à 09.17.29.png

検査結果を出して終わりではなく、言うなれば生活習慣を直すためのアフターケアもついてくるというのは魅力的ですね。

GeneLife(ジーンライフ)

Genelife Haplo

ジーンライフハプロからわかるのは、ハプログループの解析のみです。

先述のマイコードのディスカバリーパックと同じく、10種類のハプログループから自分がどのグループに属しているのかがわかります。

Genelife Genesis 2.0

こちらのパッケージでは、ハプログループの解析、疾病リスク、そして体質に関する結果がわかります。

お値段はやや高めですが、充実した内容ですね!

例えば疾病リスクと体質に関する検査項目について、検査できる項目は360個もあります。

神経系のカテゴリには、「乗り物酔い」「脳卒中」「偏頭痛」などの検査項目があり、280項目のマイコードヘルスケアと比較して、検査項目が多いことが特徴だと言えそうです。

Genequest(ジーンクエスト)

ジーンクエストALL

最後にみていくのはこちら、ジーンクエストALLです。

上記のパックと同じく、疾病リスクや体質の特徴など300項目についての遺伝情報がわかります。

しかも、ジーンクエストALLでも先祖ルーツの解析をしてもらえるようです。

先祖ルーツの解析結果は具体的にどのような結果として返ってくるのか不明ですが、こちらは内容的にも23andMeにかなり近い遺伝子検査キットと言えるのではないでしょうか。

ただし、現在は商品リニューアル準備中だということで9月に再販予定だそうです。

2019年3月8日現在、発売中です。

23andMeと国内キットの比較

ここまで、23andMeに関する情報から類似の遺伝子検査キットについて見てきました。

23andMeにはAncestry(先祖解析パック)と、Health+Ancestry(健康・先祖解析パック)の2つがありました。

しかし、残念ながらこれらを日本で入手する方法は無いとのこと。

それでは国内入手できる遺伝子検査キットで、かつ23andMeに最も似ているのはどの商品なのでしょうか。

さいごに、これまで見てきたキットと23andMeの商品を勝手に比較してみました。

23andMeMYCODEジーンライフジーンクエスト
Ancestry
(先祖検査)
Health+Ancestry
(健康・先祖検査)
MYCODE ディスカバリーMYCODE ヘルスケアジーンライフ ハプロジーンライフ ジェネシス2.0ジーンクエストALL
値段99$199$9,800¥29,800¥9,800¥29,800¥49,800¥
先祖解析×
疾患リスク×××
体質×
検査項目580~19280~1360~

以上の比較をもとに、独断と偏見で「23andMe」に最も近い遺伝子検査キットを挙げさせていただきますと…

Ancestry(先祖解析パック)に近い
  • マイコードディスカバリー
Health+Ancestry(健康・先祖解析パック)に近い
  • GenelifeGenesis2.0

大体このような分類ではないでしょうか。

Ancestryパックに近いのはマイコードディスカバリー

Ancestryパックに近いと言えそうな遺伝子検査キットは、マイコードディスカバリーです。

パックの特徴はこちら。

  • 先祖解析+体質の遺伝子的傾向項目
  • 1万円程度
  • 体質項目もあり

マイコードディスカバリーは検査項目が少ないため、他の遺伝子検査は2万円程度である一方、マイコードディスカバリーは比較的お手頃です。

ただし先祖解析の結果については、やはり23andMeほど詳細な結果が返ってくるわけではありません。

10種類あるハプログループのうち、被験者の当てはまるグループが1つ結果に出てくるだけなので、精密なデータを期待する方にとっては少し拍子抜けしてしまうかもしれません。

23andMeのような0.1%単位の先祖解析結果を期待するのであれば、やはり物足りなさは残りますが、その一方で体質に関する検査項目も18項目あるため、値段のお手頃さを考えると妥当と言えるかもしれません。

Health+Ancestryパックに近いのはジーンライフ2.0

次は、先祖解析と疾病リスクが合わせてできるキットについて。

見た限り、ジーンライフジェネシス2.0が最も近いようでした。

 

ジーンライフでわかるのはハプログループ、疾病リスク、そして体質。

この3項目が含まれている遺伝子検査キットは少なく、疾病リスクと体質が詳しくわかるキットでも先祖解析がついてこないパターンなどがあります。

その点ジーンライフはこの3項目を全てカバーしている上、検査項目も380項目以上と幅広いため、見応えのある結果が得られそうです。

また、ジーンクエストも先祖解析、疾病リスク、体質の項目が含まれているようですが、現在リニューアル中のため詳しくは9月の再販売まで待ってみたい所ですね。

まとめ

今回は、前回更新した「【8月6日更新】23andmeが買えなかったのでマイコード・ディスカバリーをやってみた!」から派生して、23andMeについて調べてみました。

23andMeは先祖を世界150地域以上のルーツから解析、0.1%単位で結果を出してくれるという「すごい遺伝子検査キット」だと明らかになりましたが、23andMeの問題は、日本では入手不可能だということ。

そこで、後半では入手可能な遺伝子キットの類似品を見ていきました。

その結果、23andMeのAncestryパックに近いキットなら「マイコードディスカバリー」、Health+Ancestry(疾病リスク・先祖解析)に近いキットなら「ジーンライフ2.0」が最も近いのでは?という結果に達しました。

日本では今の所、23anMeのように0.1%単位で先祖解析ができるサービスはありませんが、ぜひ将来、機会があれば使ってみたいですよね。

ABOUT ME
佐藤ユカ
今年9月からベルギーに留学予定の23歳。出身大学は立教(異文化コミュニケーション学部・仏語副専攻)。 雑記ブログ「メリメロ」では留学の準備方法・インターンの探し方・フランス語の参考書/映画紹介を中心に投稿しています!