留学体験

【2012-2014】日本の高校では考えられなかった、カナダのユニークな授業を3つ振り返る

こんにちは、佐藤ユカです。
現在大学4年生の私は、2012年から2014年までカナダ・ブリティッシュコロンビア州に高校留学していました。
898c341175497f95bd78cf417129b76e_s

卒業してから最早4年くらい経ちますが、せっかく留学した体験を書かずにいるのはもったいないですよね。

というわけで、ここで一度高校留学で印象深かった授業についてまとめてみたいと思いました。

今回はもっとも記憶に残っている授業を3つ紹介してみたいと思います。

ただし、BC州では2016年から2019年度にかけて高等教育のカリキュラム変更が行われているようなので、一部現在の指導内容と異なる部分があることをご了承ください。

 

たまたまこのページに来た方はもちろん、

 「カナダの授業風景が気になる」

 「留学前に下調べしたい」

こんな方に読んでいただけると嬉しいです。

 

English12(高校3年生の国語)

10d5293c7a7840f24c9d907ab7155585_s

カナダ留学中、最もハードで楽しかった授業はこれ。

English 12とは日本でいう高校3年生の国語にあたり、この授業を終えると「高校生程度の英語で読み書きできる力」が証明されます。

具体的に授業で何をしたのか?といいますと、こんなことをしました。

 

具体的な内容

  1. 小説・詩についてディスカッションする
  2. 小説・詩について考察し、考えを具体的に論じる
  3. 自分で選んだ本について、テーマや登場人物の心理などを分析・発表する
  4. 中間・期末試験をこなす
  5. 州試験で合格点をもらう

留学時は「英語は得意科目だし、留学してみよう!」というノリで飛び込んだカナダの高校でしたが、留学生として取り組む国語の授業は正直なかなか厳しかったです。

授業内でのディスカッションや作文、中間・期末試験は真面目にやっていれば合格点はもらえます。

 

ところが最後の州試験が厄介だったんですね。

この州試験とは、同じ州で同じ科目を取っている生徒の能力を測るためにあり、この試験の出来が単位認定にも影響するんですよね。

 

実際の試験はどんな感じなのか?

といいますと、留学生は時間延長のハンデがつきます。

ただし当然ながら、カナダ人と留学生も同じ問題が出されるため、受験前はけっこうプレッシャーでした。

もちろん問題は高校3年生向けのため、当然複雑な言い回しや、意味のわからない単語も多かったんですよねー。

 

こんな感じで結構大変な授業だった覚えがありますが、やっぱり単位取れたときは嬉しかったものです。

 

Law12(高校3年生の法律)

6fed5b56fb899c6af0914afa0e7161f6_l次に印象に残っているのは、法律の授業。

授業内容のユニークさで印象に残っています。

具体的な内容

  1. 法律に関する歴史、知識取得
  2. カナダの法律、有名な判例などの学習
  3. 各国の判例などをプレゼン
  4. 裁判所の見学
  5. 模擬裁判

この授業ではマグナ・カルタなど法律に関する歴史や、重要項目などをざーっと学習した後、

カナダ・ケベック州の言語法「フランス語憲章」の成り立ちなども確認しました。

当時は全くフランス語圏の州・ケベックのこと知らなかった私。

カナダ自体、英仏の2言語が公用語ではあるものの、BC州でフランス語を話す人はほとんどいません。

そんなBC州に留学していたわけですから、「英仏両方を公用語とする」のではなく、フランス語のみを公用語とする州があることを知ったときは衝撃でした。

(このときケベック州のことを知ったことがきっかけで、現在はフランス語を学習しています)。

 

他にもこの授業では、実際の裁判所に連れて行ってもらって裁判傍聴したり、判事、裁判員などの役決めをして、クラス全員で行った模擬裁判などが印象に残ってます。

デジタルメディア11(高校2年生のビデオ・写真の授業)

a5b56264d4ba9fc118bdb07b0710927d_s

留学したての頃に取ったこの授業。

具体的な内容・写真撮影

・PV風ビデオ作成

・コマーシャル風ビデオ作成

・ブログに編集した写真をまとめる

(ポートフォリオ作成)

今振り返ると、ちょっとしたユーチューバー/ブロガー養成クラスのようです。

 

そもそもデジタルメディア科目とは、美術とか音楽にあたる実技系の授業ですが、注目したいのはこの授業を受けたのは2012年の話だという点。

留学先は私立高校だったためBC州全体で同じ授業があったかは不明ですが、日本と比べるとかなり早い段階でデジタルメディアの指導が行われていたような印象を受けます。

例えば、私が留学前に通っていた公立学校の選択科目は「美術・音楽」のいずれか。

美術科目でも、油絵など古典的な内容が多かった印象でした。

そんな中カナダで受けたこの授業は芸術系科目であるものの、デジタルなアプローチが全面的に出ていてかなり新鮮だったことを覚えています。

 

まとめ

今回はカナダに2年高校留学していた中で、もっとも記憶に残っている授業を3つ紹介してみました。

 

こうして振り返ってみると、カナダの授業は国語・法律・デジタルメディアにしろ、自分で「考えをまとめる」「書く/作る」「参加する」必要がある作業が多かったと思います。

 

留学以前、私は地方都市の公立高校に通っていましたが、その学校では暗記とテストが中心。

それに比べると、カナダの授業はレクチャーを踏まえた上でのプレゼン、ディスカッション、模擬裁判、PV作成など…とにかく自分で生産する要素が多い印象でした。

日本の学校では生徒の半数くらいが寝ている…という光景もしばしば目にしましたが、カナダの学校では生徒のほとんどが起きているのも、授業では「授業を聞いて、生産する」学習のプロセスが前提となっているからかもしれません。

(途中で「トイレいってきます」と言ってサボってる生徒は結構いましたが。笑)

こう考えると、カナダは日本式の授業と比べ、インプットとアウトプットのバランスが良いのかもしれませんね。

更新履歴

・2018年9月12日公開

・2019年1月12日リライト

ABOUT ME
佐藤ユカ
大学4年生。北海道出身です。石狩市の高校を中退して、カナダBC州の高校に留学・そのまま卒業。 自己推薦で立教大学に入学しました。カナダ・ケベック州に興味があって、大学ではフランス語などをゆるーく学習してます。 前職ではWEBライティングのインターンをしていました。現在はアプリの英日翻訳などを行なっています。