留学

大学院留学に興味のあるすべての人へオススメ「最新版 大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ」

こんにちは、ジェシカです。

今回は大学院留学を計画する上で参考になった本があるので、そちらを紹介したいと思います。


最新版 大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)

出願のスケジュール、志望校の選び方、書類の揃えかた、さらには履歴書の書き方やエッセイの書き方も網羅されており、英語圏の留学ならこれ一冊でかなり情報収集ができます。

主にわかること特徴
・大学院の選び方
・海外の出願方法
・海外の合格基準
・出願書類の揃え方
・語学試験の情報
(TOEFL, IELTS等)
・英語圏の大学院に関する情報が豊富
・留学の知識が無い人でもわかりやすい
おすすめな人
・大学2~3年生で、大学院留学を考えている人
・大学院の留学に興味を持ち始めた人
・社会人で留学を考えている人

この本は留学先の選び方・準備の進め方といった留学の基本から、出願書類の揃え方まで網羅しているため、留学の知識が無い人でもわかりやすいです。

また、履歴書の書き方についても学生用、社会人別用にサンプルと解説が用意されているなど、社会人の留学についても記述されているので、大学院留学を考えている全ての人にお薦めできます。

中でもとりわけ勧めておきたいのが、大学2、3年生で大学院留学を考えている人。

大学院留学の情報は大学からも得にくいので、代わりにこの本を読んでおけば大学院留学の流れが掴めることでしょう。

本の概要

著者:佐藤 庸善
値段:2,700円
発行年:2011年
kindle版取扱なし、アマゾンプライム対象商品

・著者について

著者の佐藤庸善氏は、大学院留学コンサルティング株式会社の代表取締役を務めていらっしゃいます。

今年で創立14年目を迎えたこちらの会社では、世界各国の大学院留学サポートを主に取り扱っているようです。

(参考:大学院留学コンサルティング株式会社公式サイト

・本のあらまし

この本は、以下の3章立てになっています。

 ①知らないと入学後絶対後悔する8つの間違い

 ②入学後絶対後悔しないための10のステップ

 ③大学院留学に必要なテスト解説

留学準備を始める前の予備知識から、留学に必要なテスト(語学試験など)、出願手続きまで、大学院留学に必要な情報を網羅しています。

そもそも大学院留学についてここまで詳しくかつ網羅的にかいた本はないので、大学院留学を考えている方は買っておいて損はないでしょう。

また、アカデミックな修士プログラムへの出願はもちろん、社会人が出願する修士プログラムに関する情報もちょこちょこ盛り込まれていますので、社会人留学を考えている方にも役立つはずです。

<おすすめな人>

・大学2~3年生で、就職ではなく留学を考えている人
・大学院の留学準備をこれから始める人
・社会人で留学を考えている人

次の項目では、実際の留学計画に役に立った箇所などを紹介していきます。

この本でわかること

主にわかること
・大学院の選び方
・海外の出願方法
・海外の合格基準
・出願書類の揃え方
・語学試験の情報
(TOEFL, IELTS等)

冒頭部でこのようにポイントを整理しておきましたが、この本を読んで良かった!と思えたのは以下の2ポイント。

 ①大学院留学についてAからZまで書いてある

 ②履歴書や、カバーレターの書き方が非常に実用的

 

①大学院留学についてAからZまで書いてある

日本の大学院と海外各国の大学院とでは出願方法から合格基準まで、仕組みがかなり違います。

例えば出願時期も国によってさまざまですし、選考方法も違います。

こうした細かい部分も把握できるため、この本には本格的に留学準備する前、つまり「留学に興味を持った」段階から参考になる情報が多々ありました。

そのため大学2、3年生の方に特にオススメというわけなんですね。

例えば、留学先の選び方について。

・第1章「知らないと入学後絶対後悔する8つの間違い」

こちらには「間違い⑦個人や留学関連書籍、留学支援機関が薦める所謂「お薦めの学校」へ出願するという間違い」という節があり、選び方についてのアドバイスもみることができます。

・第2章「入学後絶対後悔しないための10のステップ」

また、こちらのステップ2には「大学院留学の目的を考える」というセクションがあります。

海外移住を目指す人や、海外で修士号を取る人など、どんなゴールを持つ人にも寄り添った内容となっており、まだ留学先が決まっていない人、海外の大学院進学に興味がある段階の人も参考にできます。

②履歴書や、カバーレターの書き方が非常に実用的

また出願準備に取り掛かった段階では、履歴書・英文エッセイのサンプルがとても参考になりました。

第2章「入学後絶対後悔しないための10のステップ」の8番目、「出願書類を作成する(228〜263ページ)」では、履歴書・英文エッセイの書き方・推薦状の注意点等について記載されています。

まず履歴書の構成など基本が説明されており、さらに履歴書のサンプルには添削コメントがついています。

履歴書サンプルを見ながら重要なポイントを把握でき、どんな履歴書が合格しやすいのか等のイメージが固まりやすかったです。

例えば、アルバイト経歴の欄も「労働時間は必ず記入するべき」など…日本の感覚からすると見落としそうな細かいポイントも確認できました。

英語の履歴書やエッセイの書き方については、ある程度インターネットでも情報収集できます。

ただし大学院の出願に絞って書かれたものは少ないので、その点40ページ近くにわたって解説している本書は参考になることでしょう。

これまで高校留学や交換留学をしたことがある人も、大学院用の履歴書、英文エッセイについては疑問点が多いかと思われます。

そんなとき、この本を一度手元に置いておくと役に立つことでしょう。

・その他感想

一つだけ気づいたことは、この本では英語圏の留学(アメリカ、イギリス、オーストラリア等)の話を軸に話が進んでいるという点。

英語圏の留学情報は徹底的に書かれていますが、ヨーロッパやアジア圏については英語圏ほど詳しく書かれていません。

とはいえ、海外の大学院出願の流れや選考方法、履歴書の書き方などはどこの国でもある程度通じる部分があることでしょう。

留学考えている人にとっては力強い一冊ですので、ぜひお手元に置いていただくことをお勧めします。


最新版 大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)

主にわかること特徴
・大学院の選び方
・海外の出願方法
・海外の合格基準
・出願書類の揃え方
・語学試験の情報
(TOEFL, IELTS等)
・英語圏の大学院に関する情報が豊富
・留学の知識が無い人でもわかりやすい
おすすめな人
・大学2~3年生で、就職ではなく留学を考えている人
・大学院の留学準備をこれから始める人
・社会人で留学を考えている人

まとめ

今回は、「最新版 大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)」のレビュー・紹介でした。

私自身も大学3年次から大学院留学を考えはじめましたが、この書籍がとても参考になりました。

今はインターネットで情報を得ることができますが、まだ大学院の正規留学については情報が少なく、人に聞いたりする必要がでてきます。

しかし、そもそも周りに聞ける人がいないことがほとんどですし、留学のコンサルティングは高くつきますよね。

 「大学院留学の情報を知りたい」

 「自分で留学準備したい」

今こんな思いがありましたら、ぜひこの本を頼ってみてください。

著者:佐藤 庸善
値段:2,700円
発行年:2011年
kindle版取扱なし、アマゾンプライム対象商品
ABOUT ME
佐藤ユカ
大学4年生。北海道出身です。石狩市の高校を中退して、カナダBC州の高校に留学・そのまま卒業。 自己推薦で立教大学に入学しました。カナダ・ケベック州に興味があって、大学ではフランス語などをゆるーく学習してます。 前職ではWEBライティングのインターンをしていました。現在はアプリの英日翻訳などを行なっています。