フランス語

フランス語参考書「しっかり身につく フランス語トレーニングブック」【口コミレビュー・感想】

こんにちは。

今回は、初習言語でフランス語を一通り学習した大学1、2年生や、フランス留学前の方、文法問題が大好きな方に向けて、フランス語の書籍をレビューしてみたいと思います。

紹介してみるのは、『しっかり身につく フランス語トレーニングブック』

副題には「辞書なしで解きながら学べる」とあります。

私自身、大学2年のフランス留学前にこの本を買い、何周か使用しつつ復習しました。

いまアマゾンのレビューを見てみると、「誤植が多い」といった評判があるようですが、版を重ねるごとに修正されてはいる様子。

また、トレーニングブックなだけに、内容は簡単な解説+問題がほとんどのため、問題をどんどん解くのが好きな方には丁度よさそうです。

主にわかること
・フランス語の基本的な文法

・仏検3級レベルのフランス語

おすすめな人
・大学1年生から2年生まで、フランス語を一通り学んだ人

・英語は文法問題をひたすら解くスタイルで勉強した方

・いちいち辞書引くのが嫌いな方

 

本の概要

しっかり身につくフランス語トレーニングブック
著者:佐藤康
値段:Kindle版1,728円、書籍版2,268円
発行年:2007年
アマゾンプライム対象商品

・著者について

著者は、1961年生まれ、学習院大学博士課程でフランス文学を学んだ後、NHK学園専任講師を勤めていたそうです。

小学校から大人向けまで、様々な層を対象にしたフランス語の教材を開発しており、同著者による書籍は、この他にも『フランス語のしくみ』『しっかり学ぶフランス語文法』『フランス語会話パーフェクトブック』などがあります。

フランス語のしくみしっかり学ぶフランス語文法フランス語会話パーフェクトブック

・本のあらまし

この本は全272ページ、8章立てです。

おおまかに内容をまとめると、このような構成になっていました。

Chapter1 アルファベット、発音など

Chapter2 名詞、定冠詞、主語、形容詞の規則

Chapter3 動詞の活用、否定文、疑問文、不規則動詞

Chapter4 命令形、疑問代名詞、非人称構文、比較

Chapter5 複合過去、半過去、未来形

Chapter6 目的代名詞、代名詞、関係代名詞

Chapter7 副詞、関係代名詞、ジェロンディフ

Chapter8 大過去・前未来、単純過去、話法、条件法、接続法

 

章内の各節は「1ページは解説、その後3ページは問題」という形式で、全体的に問題が中心です。

また、この本が扱っているのは私たち大学生が1年生で習う範囲なので、留学前の復習に重宝しました。

ところでフランス語の参考書というと、やはり英語より選択肢が狭まりますよね。

私は英語を勉強していたときも、どんどん文法問題を解いて勉強していく派だったので、フランス語を復習するにあたっても、問題集系の本を探していました。

しかし、身近にある本は文法解説だったり、ドリル形式でも検定対策用だったり…

いまいち包括的な問題集が見つからなかったんです。

そこで、書店で見つけたのがこの本。

ちょうど1年生で習った部分と被っている上に、面倒くさがりな人のためにありますよ、と言わんばかりに「辞書なしで解きながら学べる」という副題が魅力的でした。

<おすすめな人>

・大学1年生から2年生まで、フランス語を一通り学んだ人

・英語は文法問題をひたすら解くスタイルで勉強した方

・いちいち辞書引くのが嫌いな方

この本でわかること

この本でわかること

・フランス語の基本的な文法

・仏検3級レベルのフランス語

・フランス語の基本的な文法

まず、この本でわかるのはフランス語の基本文法。

先ほど紹介したように、この本はアルファベットから接続法までを網羅しています。

フランス語をはじめて学ぶ大学1年生はだいたいこの範囲をカバーするため、この本の問題を一通り解くだけで文法がだいたい把握できそうですね。

 

・仏検3級レベルのフランス語

また、この本は仏検3級レベル突破をめやすにしており、この本をやり込めば3級レベルまで到達できるということでした。

しっかり身につくフランス語トレーニングブック

主にわかること
・フランス語の基本的な文法

・仏検3級レベルのフランス語

おすすめな人
・大学1年生から2年生まで、フランス語を一通り学んだ人

・英語は文法問題をひたすら解くスタイルで勉強した方

・いちいち辞書引くのが嫌いな方

 

実際に使ってみて

最後に、留学前にこの本を買った者として、実際に使ってみての感想も残しておきたいと思います。

私がフランス語を勉強しはじめたのは大学1年生から。

この本を使い始めたのが2年の春からで、留学は2年の秋。

実際、この本で復習しても初めは全く喋れませんでした。

学校のプログラムも英語だったため、現地でもフランス語の文法を鍛えてきたというわけではありません。

しかしこの本やデルフの問題集、ネットの資料を組み合わせて取り組んでいった結果、帰国前にはデルフのB1を取得できました。

この本自体のおかげというより色々組み合わせた結果なのでしょうが、ここでコメントしておきたいのは留学先では日本語の参考書が重宝するということ。

当たり前ですがフランスには、フランス語で解説された本がほとんど。

そんな中、やっぱり日本語でお気に入りの参考書があると助かるんですよね。

なので、先ほど紹介した「おすすめな人」項目に当てはまった上、留学も控えているという方は、この本をスーツケースにいれてみると役立つ日が来るかもしれません。

<おすすめ>

 ・大学1年生から2年生まで、フランス語を一通り学んだ人

 ・英語は文法問題をひたすら解くスタイルで勉強した方

 ・いちいち辞書引くのが嫌いな方

 

まとめ

今回は、『しっかり身につくフランス語トレーニングブック』の紹介でした。

前書きにて「教室で先生が次々に発問しながら生徒をアクティブな状態に置いて、どんどん学習内容を深く理解させていくようなプロセスを、本書では大事にしたつもりです。」と書かれているように、この本は解説より、自発的に取り組む必要がある問題の量が多い構成になっています。

しかも例文には日本語訳もついているので、基本的に辞書はなしで使えます。

なので、解説ばかりだと流し見してしまう、自分でどんどん問題を解きたい、という人にはもってこいの本ではないでしょうか。

文法問題が好きな人にとっては、けっこう相性がいいと思います。

しっかり身につくフランス語トレーニングブック
著者:佐藤康
値段:Kindle版1,728円、書籍版2,268円
発行年:2007年
アマゾンプライム対象商品

その他問題集系フランス語の本

以下も問題がベースの参考書です。「フランス語文法問題の解き方」も問題が中心ですが、本書より少しレベルが上の印象。

一方「フランス語作文ラボ」は作文の指南書ですが、ガチガチの文法中心というわけではなく、「いかに日本語のニュアンスをフランス語に置くか」という、表現の点にも注意が払われています。

フランス留学前に文法を復習しておきたい・表現力を身につけておきたい方はぜひ!




フランス語文法問題の解き方フランス語作文ラボ解説がくわしい

フランス文法問題集

 

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学異文化コミュニケーション学部卒業(19年卒)。副専攻にフランス語。今年9月からベルギーに留学する予定の23歳です。 大学生活で「やって良かった事・やっておけば良かった事」等をまとめたり、仕事やインターン探しについて書いています。 趣味は遺伝子検査と酒。