美容

ボビイブラウン「クラッシュド リップ  カラー」クランベリー(06番)がすごく良い【口コミレビュー・感想】

こんにちは、佐藤ユカ(@TOEFLJessica)です。

今回はボビイブラウンのリップスティックを購入した話です。

BAさんに見繕ってもらった「クランベリー(06番)」

購入したのはボビイブラウンの『クラッシュド リップ カラー』。色は06番のクランベリーです。

BAのお姉さんに「普段はどんな色使ってるんですかー?」と聞かれ

持っている色はオレンジ・レッド系が多いですね

とか答えます。

もともとオレンジやらレッドやら、しっかりした色が好みだったのですが、このときは前勤務先の納会でもらった「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」をなんとなく塗っていました。

ところが、なんだかスースーする・ちょっとナチュラルすぎる感じが気になっていたんですよね。

 

 

その点もBAのお姉さんに伝えると、この06番のクランベリーと他の色も一つ持ってきてくれました。

塗ってもらうと、なんだか唇にぴったり溶け込むような感覚です。

公式サイトにも「するすると唇の上を滑る滑らかな質感」と書かれていますが、まさにこんな感じ。

なめらかな塗り心地で、唇を「透けるようなふんわりマット」に仕上げる新感覚リップ。

するすると唇の上を滑るなめらかな質感で、 驚くほどの軽い付け心地で、唇をふんわり染め、 美しい発色が一日中持続します。

ボビイ ブラウン公式オンラインショップ、「クラッシュド リップ カラー」、2018年12月11日アクセス

 

秋冬っぽい色で綺麗なんですよー

たしかに、鏡を見てみると

  • 深みのある色
  • 落ち着いた赤

こんな感じの色でした。いい、いいぞ。

(後日撮ったこの写真はさっと一塗りした程度です。ちょっと手につけてみたのが下の画像です)

いいですねこの色!!

しっかりした色で、オレンジ・レッド系付近なんだけど季節感がある。

もうすっかり気に入っちゃいました。

何本もある中から、サッと選んでくれるBAの人ってスゴイなあ。

デパート化粧品売り場って感動的だなあ〜

そのまま購入です。

 

「クラッシュド リップ カラー」自体の特徴

ここで一度、「クラッシュド リップ  カラー」の特徴をまとめてみたいと思います。

使う製品のディテールは知っておきたい!

 

ふんわりマットな仕上がり・なめらかで軽いつけ心地

先ほど引用した、日本の公式オンラインショップにはこのように記されています。

なめらかな塗り心地で、唇を「透けるようなふんわりマット」に仕上げる新感覚リップ。するすると唇の上を滑るなめらかな質感で、 驚くほどの軽い付け心地で、唇をふんわり染め、 美しい発色が一日中持続します。

(引用元:ボビイ ブラウン公式オンラインショップ「クラッシュド リップ カラー」、2018年12月10日アクセス)

  • 仕上がり:透けるようなふんわりマット
  • 質感:なめらか・軽いつけ心地

このへんがキーワードなんでしょうかね。

たしかに使ってみるとまさにこんな感じ。納得です!

ただ、リップの商品説明はどこの会社も似たりよったりの場合も多く、ネットで下調べしている人にしてみると「具体的にどんなリップよ?」と疑問が残るかもしれません。

近所にボビイブラウンがない人にもこの感動を伝えたい…

そこでアメリカ公式オンラインショップをあたってみると、さらに詳しい説明が見つかりました。

リップクリームのような感覚

まるでリップクリームのような感覚のリップカラー。

これまでにない最高の付け心地を実現しました。

きめ細く砕かれたピグメントと唇に優しい材料を練り込み、塗るだけでリップメイクを完成できるような調合に仕上げました。

BOBBI BROWN, “Crushed Lip Color”, accessed on December 10, 2018)

 

使い方はさっと塗るだけ。

1回のみだと自然な印象ですが、2、3回以上重ねることで濃厚な仕上がりになります。

BOBBI BROWN, “Crushed Lip Color”, accessed on December 10, 2018)

 

ここまでの内容をまとめておくと、

  • ふんわりマットな仕上がり・なめらかで軽いつけ心地
  • リップクリームみたいに潤う

この2つが大きな特徴というわけなんですね。

たしかに。マットだけどなめらか、リップクリームみたい…うん、そんな感じです。

「リップクリームのような感覚」ということでしたが、そう言われてみると昔セフォラで買った「フレッシュ」Fresh)というブランドのリップを思い出しました。

こちらはリップ・トリートメント要素も併せているんですよね。

 

 

日本にはお店がないのでもう使っていませんが、保湿力がバツグンのお気に入りコスメでした。

海外ユーチューバーの評価

ここでボビイブラウンのブランドそのものについて調べてみると、1991年にアメリカ・ニューヨークシティで誕生したブランドだそうです。

アメリカ生まれのブランドだということで、このリップを紹介するにあたり海外の評価も参照してみました。

見つけたのは、20代のオーストラリア出身の女性・マチルダさん(Mathilda)による投稿。

こちらの動画では、以下5色を紹介しています。

  • プラム(05番)
  • ベア(02番)
  • クランベリー(06番)
  • テルライド(16番)
  • ブラックベリー(03番)

動画では「2017年9月発売のカラーを紹介します」と説明されています。

日本でもこれら5色は2017年9月発売だったみたいですね。

 

それでは動画の一部を抜粋・訳させてもらいます。

 

  • リップそのものについて(00:27-)

「ちょっとシアーだけど、完全にマット系です」

「バームのようでとっても滑らか。乾燥したような印象は全くありません」

「やわらかな仕上がりだけど、雑な印象はゼロ」

「今まで使ったリップスティックの中で、一番心地よい使用感です!」

 

  • 06番のクランベリーについて(01:27-)

「クランベリーは初めて購入した色でした。新色の中ではお気に入りです」

「色味は控えめなブラウンがかった赤。濃すぎないのでオフィス使いに重宝しています!」

「普段使いにもちょうどよくて、先週アップロードした『5分メイク※』の動画にも使用しました」


「もともと持っていた唇の色を、ちょっと深めてくれるような感じです」

 

リップの紹介動画を見ていると、クランベリーの右隣に置いてある「テルライド(16番)」こっちも気になってきちゃいます…!

リップそのものについて「バームのようでとっても滑らか。乾燥したような印象は全くありません」とコメントしていましたが、まさにそんな付け心地なんですよね。

 

ディオールのリップ マキシマイザーを使っていた時は、単に相性が悪かったせいか剥けちゃったこともありました。

一方こちらは3日くらい使っていますが、今の所全く荒れそうな気配はありません。

乾燥したオフィスで喉は乾いていても、唇だけはガサつかないという奇跡的な現象が起きています(笑)

 

なので、荒れないリップを探している方、潤い重視な方にはぜひ一度タッチアップしてみることをおすすめします!

  • しっかりした色が好きでマットな仕上がりの方が好み
  • シンプルなパッケージの方が好き

こんな好みの私からレビューさせていただくと、本当に文句のつけようがないリップだと思っています。

あえてイヤな小姑がごとく目くじらを立て、微妙なところを挙げるとしたら…

パッケージがほーーんの少しデカイかもしれません。ほんの少しだけ。

 

 

化粧ポーチの中はコンパクトさ命という方には、微妙かも。

 

まとめ

今回は、ボビイブラウンの「クラッシュドリップ」06番のクランベリーについての紹介でした。

実際に使ってみた感想と、特徴を分析してみた結果…

  • マットな仕上がりが好き
  • ぼんやりした色より、ハッキリしていて深い色のほうが好き
  • 唇と馴染むリップを探している

多分こんな方にはしっくり来る化粧品なのではないかと思います。

 

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒業・今年9月からベルギーに留学予定の23歳。 遺伝子検査キットのレビュー・SNSアプリ情報を中心に投稿しています