〜してみた

男性がティンダーでマッチしにくいのはなぜ?その背景と、ついでに男女間のマッチ率の違いとか調べてみた

はじめまして、スタートアップ企業で英日翻訳をしている大学4年生・佐藤ユカ(@TOEFLJessica)です。

 

以前本ブログで「Tinderマッチ解除の復元は絶対できない。うっかりマッチ解除してしまい後悔した話」という記事を書きました。

その投稿以降、ティンダー関連の検索で当ブログを訪れてくれる方が増えている様子です。

検索ワードから推測するに「ティンダーでマッチしないのは、なぜ?」という疑問を持たれている方が多いようなので、今回はおもに男性がティンダーでマッチしにくい理由について考えてみたいと思います。

 

ティンダーでマッチしないのはなぜ?

なぜティンダーでマッチできないのか?というと、主に2つの背景が考えられます。

マッチしないのはなぜ?⒈ サービスの男女比が偏っている(競争率が高い)

⒉ 女性は慎重に右スワイプする(評価基準が厳しい)

 

⒈ サービスの男女比が偏っている

まず男女比について。

16歳〜64歳のティンダーユーザーを対象にした2015年の調査によると、ティンダーの男性が62%であるのに対し女性は38%であることが明らかになっています(globalwebindex社調べ)

ティンダーの男性ユーザーに対し、女性ユーザーが少ないため「競争率が高い」というわけなんですね。

 

⒉ 女性は慎重に右スワイプする

さらにマッチを難しくしているもう一つの要因として「女性は右スワイプする相手を慎重に選んでいる」ことが挙げられます。

おそらく男性ユーザーがティンダーを使うときは、基本的に右スワイプしていることかと思います。

ところが女性ユーザーがティンダーを操作するときは、基本的にNope(左スワイプ)しかしないんですよね。

アプリ市場に関するニュースやデータ統計等を取り扱う、英メディアBusiness of Apps社がまとめた「ティンダーの収益と使用統計(2018年)」を参照してみましょう。

本記事には、女性ユーザーの91%が「本当に魅力的だと思ったプロフィールしか右スワイプしていない」と答えていたと記されています。

つまり女性の場合「右スワイプしてもいいかな」と思うプロフィールの合格点基準が厳しい、ということなのでしょう。

 

まとめると、ただでさえ女性が少ない上、女性は右スワイプに慎重…つまり男女でスワイプする方向がほぼ真逆ということでした。

うーん道理でマッチングできないはずです。

 

さてここまで「男女比の偏り」と「女性のスワイプ動向」についてざっくり見てみましたが、次の項目ではこの2点についてもうちょっと掘り下げてみたいと思います。

 

男女比が偏っている

ティンダーの男女比は、男性が62%であるのに対し女性は38%。

この時点で男性にとってはなかなか厳しいフィールドであることが伺えます。

 

・ティンダーユーザーのデータ

この男女比のデータは、イギリス・ロンドンに拠点を置くデジタルマーケットリサーチ企業「グローバルウェブインデックス(Global web index)」による調べを参照しました。

参考にしたのは、16歳〜64歳のティンダーユーザーの情報をまとめた記事「ティンダーについて知るべき情報を、5スライドで説明 (“What to Know About Tinder in 5 Charts”)」。

こちらの記事の最後に掲載されていたチャートには、ユーザーの「年齢・男女比・交際状況・居住地(都会・郊外・地方)」がまとめられています。

(参照:Felim McGrath, 2015. “What to Know About Tinder in 5 Charts”.

global web index, accessed on Dec 29, 2018 )

男女比のほかにも、年齢層は25歳〜34歳が45%であること、54%のユーザーが独身・彼氏彼女なしであること、76%のユーザーが都市部在住であることなどが明らかにされています。

 

ただし、このデータは国内のティンダーユーザーから男女比を出したものではないため、国内ユーザーの男女比は不明です。

 

・国内出会い系アプリの男女比

それでは、国内のティンダーにおける男女比を推測することはできないだろうか?

というわけで、参考までに国内の類似サービスにおける男女比をあたってみました。

その結果、国内のサービスで女性ユーザーが占める割合は14%~32%あたりということが分かりました。

女性の比率が1番多かったのは「ペアーズ」の32.18%でした。2位は「タップル誕生」の28.62%。3位は「Omiai」の14.49%でした(中略)(数値は2015年8月のもの)。

(参照:N.A. 2015年、「お見合いアプリ、男女比を調べてみると… 2倍の開き 利用頻度でも差

withnews、2018年12月29日アクセス。)

以上の調べを元に推測すると、ティンダーの女性ユーザーはだいたい多く見積もっても30%くらいがいい所ではないでしょうか。

この数値はまったくの推測にすぎませんが、少なくとも「男性が多く、女性は少ない」という構図はどこのアプリでも同じと考えていいでしょう。

 

・男女比の偏りは全世界どこでも同じ

さらに、ヨーロッパ・北米にオフィスを構えるモバイルアプリの調査企業・Ogury社のデータを基にした項目「国際都市における出会い系アプリの男女比」欄を参照してみると、かなりエグい数値が出ています。

Source: Ogury

(参照:Mansoor lqbal, 2018. “Tinder Revenue and Usage Statistics (2018)“,

Business of Apps, accessed on Jan 5, 2019)

この項目では、ティンダーに限らず出会い系アプリ全般の男女比が都市別にまとめられています。

調査対象はパリ・ローマ・マドリード・ニューヨーク・ロンドンの5つ。

そのうち、もっとも出会い系アプリを使用している女性が多い都市はスペイン・マドリードという結果でした。

マドリードの女性の比率は32,5%、つまり「女性1人に対し男性2人」の計算になることが「ティンダーの収益と使用統計(2018年)」にて伝えられています。

via GIPHY

 

ところでこの調査を見てかなり面白いなと思ったのは、ラテン系の国とアングロサクソン系の国で男女比に違いがあること。

ラテン系の国(フランス・イタリア・スペイン)は女性の比率がやや高く、逆にアングロサクソン系の国(アメリカ・イギリス)では20%以下になっています。

ラテン系の国で女性の比率が高いのは、やはり「人付き合いにオープンな文化」が影響しているせいでしょうか?

一方、アングロサクソン系の文化はと言われて思いつく特徴は「時間厳守」「身体接触少なめ」などなど。

異文化コミュニケーション学の授業で知ったことですが、彼らはわりと日本人に文化や価値観が近いんですよね。

アングロサクソン系の国・ニューヨークやロンドンでは出会い系アプリを使っている女性が少ないこと、そして彼らの文化・価値観は日本人とわりと近いことなどを材料に考えると…

先ほどの「国内のティンダー女性ユーザーは30%程度かも」という推測はかなり楽観的なものと言えるかもしれません。

 

女性は慎重に右スワイプする

また、ティンダーでマッチしにくい2つ目の要因として「女性は慎重に右スワイプしている」というポイントに触れていきたいと思います。

ビジネス オブ アップス (Business of Apps)による「ティンダーの収益と使用統計(2018年)」には、さらにこのような記述がありました。

・女性ユーザーはより慎重にティンダーを利用している。

91%の女性ユーザーが、本当に魅力的だと思ったプロフィールしか右スワイプしない。

(参照:Mansoor lqbal, 2018. “Tinder Revenue and Usage Statistics (2018)“,

Business of Apps, accessed on Jan 5, 2019)

一方、同じく「本当に魅力的だと思ったプロフィールしか右スワイプしない」と答えた男性ユーザーは72%。

その上35%の男性が「ほとんどのプロフィールをなんとなく右スワイプしてる」と回答していたそうです。

まあ、つまり女性は男性より選択的で、右スワイプの基準も厳しいということですよね。

 

慎重な理由は「女性にくるライクが多すぎる」から?

しかしなぜ、女性は右スワイプに慎重なのか。

突き詰めると「そもそも女性は生殖コストがかかるから」とか生物学的な理由に発展してしまいそうですが、やっぱり「女性にくるライクが多すぎる」からではないでしょうか。

選択肢が増えれば増えるほど、選ぶ側の人間は慎重になります。

 

例えば私立大学だって同じこと。

出願者が多い人気学部は入試のハードルを上げ、優秀な生徒の確保に努めています。

大企業を見ても同じで、応募してくる学生が多いほど選考基準を厳しくし、おごり高ぶったクソ人事なんかも出現してきます。

 

女性の場合も同じ。

ライクしてくる男性が多ければ多いほど「選択肢がある」ように見え、

写真のオシャレさ・年収・出身大学・位置情報・語学力・インスタのセンス・プロフィール文に機転が利いているか等…

あらゆる角度の基準でプロフィールをふるいにかけはじめます。

つまり、選択肢が多すぎる→選ぶ基準がシビアになるというわけなんですね。

この点については次の項目「米Q&Aサイトの『マッチしない』問題に対する答え」にて、さらに深掘りを試みたいと思います。

(私がおカタイわけじゃなくて、慎重に審査してるだけなのよ)

via GIPHY

ここで一旦「なぜティンダーでマッチしないのか?」まとめてみると…

「サービス上に女性が少ないだけでなく、女性は男性より選択的にプロフィールを見ている」

結局、これがマッチを難しくしている原因ではないでしょうか。

 

米Q&Aサイトの「マッチしない」問題に対する答え

ところで、同じく「ティンダーの収益と使用統計(2018年)」によると、ティンダーは190ヶ国40言語で展開されているサービス(!)だということでした。

ほとんど世界征服してますね…!すごい。

世界中にユーザーがいるということですが、ここで気になったのは「海外のユーザーでは『ティンダー マッチしない』問題について、どんな結論が出ているのか?」

 

・調べてみた

気になったので、“tinder no match” でググってみました。

すると2019年1月1日現在、アメリカのQ&Aサイト「クオラ(Quora)」に投稿されているスレッド「ティンダーでマッチできないのって、普通ですか?(How common is it for a guy to ge no matches on Tinder?)」がトップに出てきます。

「ティンダーでマッチできないのって、普通ですか?」という質問に対し、24件の回答が。

2016年に投稿されたトップの回答の閲覧数は169.5万回。

その回答は、「普通だと思います。マッチできない理由はいたってシンプルです。」という一文に始まっています。

読んでみると…メチャクチャ面白いことが書いてありました。

部分的に抜粋してみるとこんな感じです。

・「微妙に可愛い子」でも…

問題は、微妙なレベルの子…普通のかわいさレベル以下の「微妙に可愛い子」の元にも、男たちから大量に、もう大量にライクが送られているということ。

これはもう「男性の心理がこう出来ているから」としか説明がつきません。

現実のバーやクラブでも、似たようなシーンを見たことがあるはずです。

微妙なレベルの子であれ、女性であるという理由だけで持ち上げられるというわけです。要は世の中の男女のあり方っていうのは、こういう前提ですよ。

 

・大量にライクを受けた結果…

この持ち上げ現象が何を引き起こすか?といいますと、「微妙に可愛い子」の右スワイプをすさまじく、すさまじく慎重にさせてしまうのです。

(中略)

微妙に可愛い子があなたのプロフィールを見たとしましょう。彼女はこう言うはずです。

「悪くないわ!でも私は10点中9点の人を探してるのよね」。

はい、あなたは左スワイプされました。

それでは、もし本当にカワイイ子が同じシナリオを体験していたたら…?何が起こるか想像してみてください。

 

・足切り点はある

マッチしないのは、全くもってあなたのせいではありません。社会のお付き合いとはこういうものだからです。

女性が男性を見るとき、『足切り点』というものが存在します。

足切り点以下の男性はほんの少しのマッチしか得られないか、全くマッチできないのです。

(中略)

 

・結論:現実での出会いに舵を切ろう

これはニューヨークに限ったことではなく、どこでも同じです。

私も同じマッチしない組側の人間ですが、どうか自分を責めないで下さいね。

今はあなたにとって辛い時期かと思いますが、神(無宗教派でしたら”この世”に置き換えてください)はあなたが恋愛で幸せになれるよう試練を課しているのです。

ティンダーは捨ててください。

このアプリは、ちょいイケメン程度の男性が使うものではなく、本物のイケメンが使うアプリです。

 

ティンダーではなく、自分を社会的に向上させていく方針を取りませんか。

ユーモア・知恵・自発性を活用して、現実の女性と出会いましょう。

(引用:Anonymous, 2016. “How common is it for a guy to ge no matches on Tinder?“, Quora, accessed on Jan 5, 2019)

とまあ、こんな感じの回答でした。

なんとも現実的な回答で、「微妙に可愛い子」を例に出して来るあたりが女性にもグサッときますね(笑)

 

 

男女の恋愛市場価値とは

さておき、この回答を見ていて思い出したのが「悩みのるつぼ」のある回答。

悩みのるつぼとは、土曜日の朝日新聞別紙「be」に掲載されている人生相談コーナーで、回答者は社会学者の上野千鶴子、歌手・俳優の美輪明宏など。

毎週スゴい回答者が新聞読者の悩みに答えていく…というコーナーなんですけども、さきほどのQuoraの回答を読み、2011年4月9日掲載の「女っ気ない息子が心配」に対する回答を思い出しました。

回答者は岡田斗司夫

「女っ気ない息子が心配」な質問者に対し、「35歳程度になると女性の市場価値が暴落するため、非モテの息子もほっといてあげましょう」という結論を出していました。

さて先ほどの「ティンダーでマッチしないのは普通ですか?」というクオラの回答を見た私には、この岡田氏による解説の一部が思い出されます。

25~30才の女性を恋愛市場価値順に並べます。価格は百万円~ゼロ円としましょう。
上位5%は「モテ」、次の25%は「まぁモテ」、その下の60%は「モテるわけではない」で、最下層10%は「非モテ」です。

対する男性の25~30才を並べると百万円~マイナス百万円。注目すべきは最安値で、男性はゼロ円ではなくマイナスです。
分布も女性とは違い、上位5%は「モテ」、次の35%は「モテるわけではない」、その下の50%は「非モテ」で、最下層の10%は「キモチワルイ」です。

(引用:岡田斗司夫、2011年、「[悩みのるつぼ]女っけない息子が心配」、

FREEexなう』、2019年1月5日アクセス)

「25~30才の女性を恋愛市場価値順に並べます。価格は百万円~ゼロ円としましょう」

「対する男性の25~30才を並べると百万円~マイナス百万円注目すべきは最安値で、男性はゼロ円ではなくマイナスです」

なんと、男女で価格設定の範囲がぜんぜん違うではありませんか。

 

この回答を思い出すと、さきほどのQuora匿名回答者がいう

「微妙なレベルの子であれ、女性であるという理由だけで持ち上げられるというわけです。要は社会で男女が付き合うっていうのは、こういうことですよ。」

「これはニューヨークに限ったことではなく、どこでも同じです」

こんな意見がよりリアルに聞こえてきますね。

つまり女性と男性の間にはニューヨークだろうが日本だろうが、明らかに恋愛市場におけるポジションに違いがあるということでしょうか。

うーん、これはさらに深掘りしたい所ですけど、ちょっと本題からズレてきたので一旦ティンダーの話に戻りましょう。

 

ここまでを振り返ると、男女の間には明らかに「出会いやすさ」に差があるということでしたが、それではティンダーではその「差」がどのように現れているのか。

ここでは、男女のマッチ数の違いを例に確認してみたいと思います。

「男性・女性ユーザーでは、マッチ率にどのくらいの差があるのか?」

やっぱり気になっている人は多いようで、何個かの実験結果を見つけました。

 

 

男女でどのくらいマッチ率が違うの?

調べてみると、こんな実験結果が見つかりました。

 

イケメン美女の結果

こちらの動画では男女でマッチしやすさはどう異なるのか、イケメンと美女のプロフィールを使って実験しています。

 

イケメン・美女2名のプロフィールをできる限る同じ設定にし、2つのアカウントに表示された異性をひたすら1,000回右スワイプ。

1日後、それぞれのマッチ数を集計すると…

イケメンは269マッチ、美女は701マッチという結果に。

この動画では(1:08)に、ご丁寧にマッチ数だけではなく、受け取ったメッセージ数、マッチ率、メッセージ率まで出してくれています。

 

調査員による結果

さらに、ここで先ほどの「ティンダーの収益と使用統計(2018年)」に記載されていた、もう1つの実験例を見てみましょう。

女性アカウントで全て右スワイプした場合は、1時間で200マッチ、4時間で600マッチしたとか。

一方男性アカウントでは4時間で100しかマッチしなかったそうです。

なかなか厳しいですね…

 

「男性・女性ユーザーの間には、マッチ率にどのくらいの差があるのか?」

まとめますと、こんな感じです。

イケメン美女の結果男性…1000回右スワイプして269マッチ。

女性…1000回右スワイプして701マッチ。

(参考:2015, “TINDER EXPERIMENT: MEN VS WOMEN“, whatever, Youtube, accessed on Jan 5, 2019)

 

調査員男女の結果男性…4時間右スワイプして100マッチ。

女性…4時間右スワイプして600マッチ。

(参照:Mansoor lqbal, 2018. “Tinder Revenue and Usage Statistics (2018)“,

Business of Apps, accessed on Jan 5, 2019)

 

LAのイケメンですら3割しかマッチしないというわけですから、やっぱり男性にとってティンダーは根気の要るゲームなんですね。

まあエンタメアプリですから、気楽に右スワイプしてたまにマッチしたら「当たりくじ引いたぞ!」みたいなノリで遊ぶのが健康的かと思われます。

今はあなたにとって辛い時期かと思いますが、神(無宗教派でしたら”この世”に置き換えてください)はあなたが恋愛で幸せになれるよう試練を課しているのです。

(引用:Anonymous, 2016. “How common is it for a guy to ge no matches on Tinder?“,

Quora, accessed on Jan 5, 2019)

さきほどの項目でみたQuoraの回答者もこのように言っているわけですから、とりあえずマッチしない悩みを抱えている方は、修行のときと考えてみましょう。

むしろティンダーをすっぱり捨てて、現実の出会いに舵を切るのもありです。

 

 

…なんだか夢も希望もない終わりになってしまいそうなので、最後にどうしても「マッチしない」のが辛いという方へ向け、私がふと思いついたことを提案してみます。

 

おまけ:ラテン文化圏だとマッチしやすいかも?

今回は、ティンダーでマッチしない理由と、男女のマッチ率の差などを検討してみました。

マッチしない人はどうティンダーを楽しめばいいか?という点について、私が言えることは「気楽に右スワイプして、たまにマッチしたら『当たりくじ引いたぞ!』みたいなノリで遊ぶのが健康的」のみです。

 

しかしこれを書いていて一つ、ふと思いついたことがあります。

もし、現在地を操作できる機能がついたティンダーゴールドに加入中の方は、位置設定にパリ・ローマ・マドリードなどラテン系の国を加えてみると、マッチ率がほんの少し上がるかもしれません。

 

・ラテン系の国では男女比率が比較的マシ

Source: Ogury

(参照:Mansoor lqbal, 2018. “Tinder Revenue and Usage Statistics (2018)“,

Business of Apps, accessed on Jan 5, 2019)

ラテン系の3都市(パリ、ローマ、マドリード)ではニューヨークやロンドンなどの英語圏に比べ、出会い系アプリを使用する女性が若干多いことがわかっています。

この結果を見て、私はおそらくフレンドリーな人が多いラテン系文化の国では「出会い系アプリにさほど抵抗がない」人が多いのでは?と思いました。

というわけで、今ティンダーゴールドに入っている方は、一度ラテン系の国に設定してティンダーをいじってみると若干、ほんとうに若干マッチ率が上がるかもしれません。

ただしマッチしてもその後どうするの?って話ですし、かなり非現実的な策なので、このためだけにティンダーゴールドに加入するのは全くおすすめしません。

 

 

結局、ティンダーはイケメンですら1000回スワイプして269マッチしか得られないということですから、マッチしないのは当然と考えていただき、気楽に楽しむのがベストではないでしょうか。

まとめ

今回は「男性がティンダーでマッチしにくい理由と、ついでに男女間のマッチ数差とか調べてみた話」でした。

マッチしない背景⒈ティンダーの女性ユーザーが少ない

⒉女性は右スワイプに慎重

解決案⒈ 現実での出会いに舵を切る

⒉ マッチしないのは普通と考えて楽しむ

 

また、調べをなぞる中、男性はイケメンですらマッチしにくくて普通であること、逆に女性は実際優れた容姿であるかそうでないかに関わらずマッチしやすいという事実は衝撃的でした。

検索ワードより「ティンダーでマッチしないのは、なぜ?」と疑問に持たれている人が多いのでは?と予測していろいろ調べてみたわけですが、結構掘り下げてみると興味深いテーマでした!

本記事の一部でも、このページを訪れた方の役に立つことがあれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

参考ページまとめ

  1. Felim McGrath, 2015. “What to Know About Tinder in 5 Charts”global web index, accessed on Dec 29, 2018.
  2. N.A. 2015年、「お見合いアプリ、男女比を調べてみると… 2倍の開き 利用頻度でも差」、『withnews』、2018年12月29日アクセス。
  3. Mansoor lqbal, 2018. “Tinder Revenue and Usage Statistics (2018)“, Business of Apps, accessed on Jan 5, 2019.
  4. Anonymous, 2016. “How common is it for a guy to ge no matches on Tinder?“, Quora, accessed on Jan 5, 2019.
  5. 岡田斗司夫、2011年、「[悩みのるつぼ]女っけない息子が心配」、『FREEexなう』、2019年1月5日アクセス。
  6. 2015, “TINDER EXPERIMENT: MEN VS WOMEN“, whatever, Youtube, accessed on Jan 5, 2019.
ABOUT ME
佐藤ユカ
大学4年生。北海道出身です。石狩市の高校を中退して、カナダBC州の高校に留学・そのまま卒業。 自己推薦で立教大学に入学しました。カナダ・ケベック州に興味があって、大学ではフランス語などをゆるーく学習してます。 前職ではWEBライティングのインターンをしていました。現在はアプリの英日翻訳などを行なっています。