〜してみた

かわいすぎるキリンの絵が付いたおかき「ラッキーマヨカレー」がおいしい!

こんにちは、佐藤ユカ(@TOEFLJessica)です。

突然ですが皆さん、このおかき可愛すぎませんか?

きりんきりん!

 

近所のイオンで発見しました。

あんまりにもこのやる気なさそうなキリンにつられ、同社の他商品も衝動買い。

多分、おかきをこんなに無闇やたら買ったことは今までにないでしょう(笑)

今の所手前の「ラッキーマヨカレー」しか開けてないのですが、味も普通に美味しく大満足の買い物でした。

しかし、それにしてもこのパッケージがインパクト強すぎます

このキリンのおかき、一体何なの…!?

気になったので調べてみました。

おかきの販売元

販売元の会社は株式会社三真。1940年創業の千葉県のあられ・煎餅メーカーです。

日本おやつ協会のホームページでも紹介されていました。

創作米菓をコンセプトに、伝統的な製法は残しつつも、
新しい製法により様々な商品を生み出し続けている。

(引用元:「株式会社 三真/株式会社 餅工房」、一般社団法人日本おやつ協会、2019年2月13日アクセス)

「新しい製法により様々な商品を生み出し続けている」…

たしかに店頭に並んでいた商品を思い出すと「ネギバカ」とか、今まで見たことがない独創的なおかきが多かったような。

このおかき、確かにパッケージからして通常のおかきとは何か違うんですよね。

例えば普通、せんべいやおかきは透明なパッケージに入っていることが多いわけですが、こちらの製品は外から中身が見えないんですよ。

だからこそ「どんなおかきが入ってるんだろう?」と気になってついつい買いたくなっちゃいます。

好奇心が刺激されますよね!

食べてみたら「たしかにマヨ味」だった

今回買ってみたラッキーマヨカレーですが、パッケージが可愛いだけではなく量も手軽にパクつけるサイズで、味もおいしかったです。

袋を開けてみると、こんな感じ。

内容量は40gなので、小腹が空いたときに丁度いいサイズ感ですね。

カレーパウダーがおかきに万遍なくまぶされていて、ビールのツマミにも最適です!!

感想「外パッケージがかわいすぎる」

そしてやっぱり強調しておきたいのは、何と言ってもパッケージのかわいさ。

ぬいぐるみのような愛らしさですよこれ。

並べるとかなりシュールですね!

パッケージがかわいいので、ちょっとしたお礼とかにも使えそう。

「デパートでお礼買うほどでもないんだけど、何か軽くプレゼントしたいなー」というときなんかには丁度いいですね。

ちょっとした会話のタネにもなりそう。

まとめ

今回は「ラッキーマヨカレー」についての紹介でした。

いやーこのパッケージ、何度見てもかわいいです。

絶妙にパッケージを見た人の好奇心を突いてくる、面白いおかきでした。

中身が見えないパッケージとインパクトあるデザインの組み合わせ…これが興味を引くポイントなのかもしれません。

この他にも同社からは、あの日本料理店なだ万とコラボした「なだ万クリームチーズおかき」や「なだ万モッツァレラしっとり煎餅」など面白そうな製品が販売されています。

こちらはまた商品名からして酒飲みの心が刺激されてきちゃいますね。

このおかきも食べてみたいです…!!

ABOUT ME
佐藤ユカ
大学4年生。北海道出身です。石狩市の高校を中退して、カナダBC州の高校に留学・そのまま卒業。 自己推薦で立教大学に入学しました。カナダ・ケベック州に興味があって、大学ではフランス語などをゆるーく学習してます。 前職ではWEBライティングのインターンをしていました。現在はアプリの英日翻訳などを行なっています。