フランス語

やっぱりフランス人は社交好き?フランスの「カフェ」文化

こんにちは、佐藤ユカ(@TOEFLJessica)です。お気に入りのカフェはコーヒー1杯200円のベローチェです。

みなさんは普段、何を求めてカフェに行っていますか?

おいしいコーヒーでしょうか、勉強できる場所でしょうか。

私はちょうどいい雑音がないと集中できないタイプの人なので、話し声のする空間を求めてカフェを訪れています。

さてベローチェにしろスタバにしろ、どのコーヒー屋さんでも必ず見かけるのは「勉強する人たち」。

日本ではカフェで勉強や仕事している人の姿を見ることが多いわけですが、フランスのカフェはどのように利用されているのでしょう?

ここではフランス留学中に見かけた風景を思い起こしつつ、フランスのカフェの風景について思いを巡らせてみます。

フランスのカフェってどんな感じ?

日本では勉強や作業のためであったり、買い物中の休憩に利用されることの多いカフェですが、フランス人はどのようにカフェを利用しているのでしょう。

気になったのでまずはググってみたところ、日仏のカフェや内装について詳しくまとめられた記事を発見できました。

このページには、フランスのカフェの特徴としてこんなことが指摘されています。

  • 「日常生活の一部であるとともに、昔から社交の場でもある」
  • 「ほとんどが朝早くからオープンしている」
  • 「ほとんどのカフェが夜にはバーに変身する」

たしかにフランスでは多くのカフェはパン屋同様、朝早くから営業していた覚えがあります…!

これを踏まえつつ留学中に見たカフェの様子を思い出してみると、やはりフレンチカフェの印象的な特徴は「社交場的な要素が大きい」「時間によって店の雰囲気が違う」などでしょうか。

カフェは社交の場

留学前からなんとなく「フランス人は社交好き」というイメージがあったのですが、これはやはり予想通りでした。

彼らがカフェですることと言えば、もっぱらおしゃべり。

私はフランスの地方都市・オルレアンに留学していたのですが、平日昼間は人気のないカフェにも、土日になると「どこから人来たの!?」と思うくらいの人で賑わいます。

日曜日のカフェとモヒート

その様子を見ていると友達と語り合ったり家族と寛いだりしている人が多く、カフェは私たちのように「作業や小休憩の場」というより「社交の場」として利用されている様子が伺えました。

時間によって店の雰囲気が違う

また、時間によってお店の雰囲気が違うこともフレンチカフェの特徴かもしれません。

朝はクロワッサンとエスプレッソ

例えば、朝はクロワッサンとエスプレッソのセットを提供しているお店が多くあります。

早朝にカフェを訪れると、常連さんのような方がカウンター席で朝食を取りつつ、ちょっと小話してから出勤する…なんて光景もちらほら。

その様子を見て、なぜか私は日本の立ち食いそばを思い出してしまったのですが(笑)

また、フランスのカフェは朝早くからオープンしているだけではなく、夜中まで営業しています。

そのためか、時間帯によってお店の雰囲気が少し変わってくるんですよね。

夜はバーに

フランスでは昼間はカフェとして営業しているお店も、夜はアルコール類を提供します。

この点についてもこちら「日仏間におけるカフェの空間デザインの比較」でも取り上げられているのですが、カフェの様子についてはこのように紹介されていました。

 

そして、お店はというと、ほとんどのカフェが夜にはバーに変身するため、エスプレッソマシーンの後ろにお酒のボトルが並んでいるところが多かった。

森永恭子、2011年、「日仏間におけるカフェの空間デザインの比較」、『研究旅行』、西南学院大学 文学部 外国語学科 フランス語専攻、2019年3月1日アクセス。

 

「エスプレッソマシーンの後ろにお酒のボトルが並んでいるところが多かった」これ、結構フランスあるあるですよね。

そして時間帯が変われば、お客さんの様子も変わってきます。

平日昼間はヒマそうに見えるカフェにも、夜になると多くの若者が集まってきたり、日曜になると老若男女が集いかなり賑やかな様子になります。

カフェで呑んだくれる日本人とイタリア人

このように時間帯によって全体像が変わるカフェの様子を見ていると、何というか「カフェがフランス人の生活に溶け込んでいる」姿がありありと見えてとても面白いです。

まとめ

今回はフランスのカフェのようすついて、留学中の体験を元に思い起こしてみました。

朝から夜まで営業していることの多いフランスのカフェですが、今これを書きながらフランスのカフェは日本でいう「コンビニ」的なポジションに似ているような気がしてきました。

機能面から言えばカフェとコンビニは飲食店と小売店で全くの別物ではありますが、おそらく社交が大好きなフランス人にとって「人と関わる場所」とは、生活に欠かせない施設のはず。

カフェに行くと安心するというフランス人は多い、のかもしれません。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒業・今年9月からベルギーに留学予定の23歳。 遺伝子検査キットのレビュー・SNSアプリ情報を中心に投稿しています