大学

一人で過ごす休日にやりたいこと5選

サークル・バイトの集まりは疲れるし、中途半端な友達と出かけるくらいなら一人でいる時間のほうが楽しい。

でも、インスタのストーリーで毎週ワイワイしてる人を見ると羨ましくなっちゃう…

この記事に偶然たどり着いてしまったあなた。ひょっとして、こんな現象に覚えがありませんか?

こんにちは、佐藤です!

大学在学中からあまり親しい友達もおらず、就職後は特に週末一人で過ごすことが多くなってきました、私はまさにそんな「ぼっち」です

今回は「一人暮らしをはじめてぼっちになる時間が増えた」「そもそも友達と遊ぶのが好きじゃない」そんな若い方に向け、私がこれまで研究した「一人でもできるオススメの休日の過ごし方」を紹介してみたいと思います。

「おすすめ」の選定基準

オススメする過ごし方を選ぶにあたり、以下の4つを条件としました。

  • 一人でできること
  • 自己投資になること
  • お金がかからないこと
  • できる限り外に出なくて良いこと
    (休日の街の出かけると孤独感が増します!)

本を読む

まずは王道の「読書」からみていきましょう。

本ってスゴイもので、文学作品を読めば現実逃避できるし、ビジネス書を読むとスキルアップにも役立つんですよね。

本のジャンルによって様々な視点が開けるので、文学作品や哲学をかじってみるのも良いですし、資格書を読むのも楽しいですよ!

本は書店やアマゾンなど様々な場所で入手できますが、散歩がてら図書館に足を運ぶのもオススメ。

エアコンが効いてますし、何よりタダですからね!

特に東京都立中央図書館にはコンセントが使える席も完備されており、館内もとても清潔なのでぜひ推したい図書館です。

 

その他近場の図書館については、こちらのページから検索いただけます。

映画を見る

次に、これまた王道ですが映画を見るのもオススメ。

国内外の映画や、レトロなものから最近のものまで色々観ておくことで話題の引き出しが増えます。

映画はアマゾンプライムHuludTVなどさまざまなプラットフォームを経由して観ることができます。

こうしたプラットフォームの利用には月額費がかかりますが、たいていどこのサービスも1ヶ月程度の無料体験をオファーしているので色々とハシゴしてみるのも良いでしょう。

 

アマゾンプライム

例えばアマゾンプライムには30日間の無料体験サービスもあります。

 

アマゾンプライムは月額費500円 (年会費4,900円)でデリバリーサービスなども付いてくるので、映画視聴サービス含め色々と使ってみることができますね。

(2019年5月13日調べ)

関連記事:アマゾンプライムで視聴できる、おすすめのフランス語映画6選

語学をする

語学を習得すると仕事などのスキルアップに繋がるだけでなく、検索できるネット記事や情報が増えるので良いですよね。

あと、旅行の楽しみ方も広がります。

持っておいて損はしないスキルですが、読書や映画鑑賞に比べ語学は少し根気が要される所が難しいポイントですね。

大学在学中の4年間、結構ガチでフランス語に取り組んできた佐藤ですが、韓国語や中国語にも足を突っ込んだ経験から言いますと…

どんな言語も、日常会話レベルに達するまで早くても1年はかかると思います。

ローコストにはじめるなら語学書を買うのも良いですが、お金に余裕がある場合・初習言語を学ぶ場合は語学教室に通った方が習得が早いことでしょう。

参考までに、教室検索ができるサイトを何件か貼らせてもらいますね。

関連記事:第二外国語でメジャーな6言語の特徴&選び方アドバイス

ランニングする

そしてもう一つオススメなのが、ランニングです。

チームを作る必要がないので、1人でもすぐ始められますよ!

「走ったことがない」「運動が苦手」という方もご安心下さい。

絶対に走るのが楽しくて仕方なくなる日が来ます。

佐藤はダイエット目的で大学1年生からランニングを始めたのですが、1年後にはハーフマラソン完走できるくらいには走る力がつきました。

中高ずっと美術部と帰宅部だった私ができるんですから、誰がやっても余裕のよっちゃんですよ!

ご飯も美味しくなりますし、健康にも良い上「趣味は朝ランです」なんて言うと何だかデキるサラリーマンのような気分を味わえます。笑

しかもある程度習慣化していくと、走らない日はむしろ気持ち悪くなってきます。

はじめは1km、翌週は2km、さらに次の週は5km…というように、徐々に距離を増やしていくと無理なく続けられて良いですね。

用意するものはスニーカーとジャージだけ。

揃えるものが少なく、思い立ったときに始められるローコスト趣味の一つです。

スマホをつけながら走るのであればHIHICCUPのバンドがおすすめ。鍵・カードも収納できて、値段の割にかなり頑丈なのです。

もう2年くらい使っていますが、壊れたためしがありません!

番外編:マッチングアプリ

一人で過ごす休日もいいけど、やっぱり寂しいから誰かと話したい!という方にはマッチングアプリをオススメしてみます。

マッチングアプリとは言ってしまえば一昔前の「出会い系サイト」なのですが、インターネット文化の発展ってすごいものでして、今や様々な学生や社会人が利用しています。

マッチングアプリ利用者のイメージ

この手のアプリ記事を1年くらい書いていた時期があったので詳しいのですが、とりあえず無難なマッチングアプリは「ペアーズ」ですね。

ペアーズは国内最大級の恋愛アプリで、婚活から友達探し目的の人、大学生から少しお年を召した方までいろんな人がいます。

検索のかけ方さえ工夫すれば、起業家や別業界の人間などと出会えるので視野が広がるという意味ではかなりオススメです。

ワンチャン彼氏/彼女ができるかもしれませんしね!

あと、近場で話せる人とマッチングしたい方は位置情報を使ったマッチングサービス「CROSS ME(クロスミー)」や「JOIN US(ジョイナス)」というアプリも見てみると良いかも。


クロスミー恋愛マッチングアプリですが、特にジョイナスはあくまで飲み会マッチングアプリなので、こうしたアプリの利用がはじめての方も取っつきやすい所が特徴です。

まとめ

以上、今回は「友達がいない人にすすめたい、休日の過ごし方」についてでした。

ぼっち的休日の過ごし方
  • 読書
  • 映画
  • 語学
  • ランニング
  • 番外編:マッチングアプリ

友達がいないと寂しいかもしれませんが、友達とは無理に作るものではありません

大学・就職と人生のステージが上がるにつれ「友達が少なくなってきた…」という方は、趣味を味方につけた方が案外心地よい時間を過ごせるかもしれませんよ。

 

…最後までお読みいただきありがとうございました!

まだお時間のある方は本ブログ、「メリメロ」の他記事でも読みながらゆっくりしていってね!

/ ゆっくりしていってね! \

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒業・今年9月からベルギーに留学予定の23歳。 遺伝子検査キットのレビュー・SNSアプリ情報を中心に投稿しています