遺伝子検査

MYCODE(マイコード)の遺伝子検査キットまとめ【2019年】

本記事では、日本の遺伝子検査キット「MYCODE(マイコード)」についてまとめていきたいと思います。

こんな方はどうぞスクロールしていって下さい。

MYCODE(マイコード)とは?

マイコードとは、東京大学医科学研究所とDeNAライフサイエンスの共同研究により誕生した遺伝子検査キットです。

現在は、以下3種類の遺伝子検査キットを提供しています。

  • ヘルスケア
  • がんパック
  • ディスカバリー

検査キットを選ぶ

マイコードが販売する遺伝子検査キットの間にある違いは、検査のテーマです。

ヘルスケアでは病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)280項目以上を検査。

がんパックでは、遺伝子的ながんのリスクを38項目調べてくれます。

またディスカバリーでは、祖先と体質についての遺伝子的特徴を21項目分検査します。

ヘルスケア

  • 読みやすい検査結果レポート
  • アルツハイマー病・パーキンソン病の検査項目がある
  • 競合他社の製品に比べ、検査項目が少ない

病気と体質に関する遺伝子的特徴を調べられるキット。検査項目は280以上。

病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)に関する項目を調べられる検査キットです。

検査項目は280項目以上。

「GeneLife(ジーンライフ)」の360項目以上を調べられる検査キット・Genesis2.0や、300項目以上を調べられる「Genequest(ジーンクエスト)」のジーンクエストALLに比べると検査項目は少なめです。

ただしこの「マイコードヘルスケア」では、現時点では以上に挙げた遺伝子検査キットに含まれていない「アルツハイマー病・パーキンソン病」のリスクも調べてくれる所がポイントです。

(マイコード「ヘルスケア」ページより)

また、検査結果のレポートがかなり丁寧に作り込まれていることも特徴の一つ。

遺伝子や疾患の知識がなくても分かりやすいよう、解説が付いています。

(マイコード「ヘルスケア」ページより)

こうした点から、MYCODEヘルスケアを一言にまとめると「検査項目は少ないが、内容がぎっしり詰まった検査キット」だと言えるかもしれません。

なお、ヘルスケアパックには紙媒体の結果レポートがついた「ヘルスケア(検査レポートブック付き)」とWeb版の結果レポートのみの「ヘルスケア」の2種類があります。

検査内容自体に変わりはないので、紙媒体で結果を見たい方は「ヘルスケア(検査レポートブック付き)」を、紙で保存しなくても良い方は通常の「ヘルスケア」を選ぶと良いでしょう。

以下はヘルスケアパックのリンクとなります。

がんパック

  • がんに関する検査項目に特化
  • 検査項目が少ない(38項目)

ヘルスケアパックに含まれる検査項目のうち、がんに関する項目だけを調べてくれる検査キット。

さきほどご紹介した「ヘルスケアパック」に含まれる検査項目のうち、がんに関わる項目だけを調べられる検査キットです。

調べられる項目数は38。

定価価格は税別で14,800円です(2019年6月現在)。

検査項目数と値段だけを見ると少し割高な印象ではありますが、がんに掛かるリスクだけを知りたい方・体質についての検査結果が必要ない方にとっては丁度いい内容です。

ディスカバリー

  • 先祖と体質について調べられる
  • 検査項目が少ない(21項目)

先祖の情報と、体質に関する項目を調べられる検査キット。

こちらは先祖のルーツと、体質に関する項目を一部調べることができる検査キットです。

現在の定価は税抜き9,800円。マイコードシリーズの中ではもっとも購入しやすい価格です。

(2019年6月調べ)

ただ先祖についての項目は「11種類のハプログループの中から当てはまるグループ」が表示されるだけなので、某アメリカの遺伝子検査キットのように「あなたの血統はアフリカ系が10%で、日本系が90%です」といったパーセント単位の結果を期待すると少しガッカリされるかもしれません。

実際に出てくる検査結果はこんな感じです

とはいえ、先祖解析に加えて体質項目も見てくれるマイコードにはお得感があります。

私・佐藤も以前このキットを使って先祖を調べてみたのですが、実際に検査結果を眺めるのは面白かったですよ!

関連記事:23andMeを買えなかったのでマイコード・ディスカバリーを使ってみた!

「先祖のルーツを知りたい」など好奇心が強い人にオススメの検査キットですっ

まとめ

今回は、マイコードの遺伝子検査キットについてでした。

全3種類を比べてみての感想ですが、今改めて見るとやはり「ヘルスケア」が一番充実した内容になっていると思います。

単純に検査項目数が他商品に比べて多いという点に加えて、「アルツハイマー病・パーキンソン病」も調べられるという所・検査結果レポートが読みやすいという点はかなり強調しておきたい点ですね。

またマイコードの提供する検査キットの他にも、遺伝子検査キットには色々と種類があります。

これから購入を考えている方は他のメーカー「GeneLife(ジーンライフ)」や「Genequest(ジーンクエスト)」の類似商品も見比べた上で、比較検討してみるのも良のではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
今年9月からベルギーに留学予定の23歳。 遺伝子検査キットのレビュー・留学方法・フランス語の参考書/映画紹介を中心に投稿していますっ