コラム

日本の就活は、やっぱりおかしい。

こんにちは!都内のとある既卒生・佐藤です。

一応内定は貰えているのですが、他企業の話も聞いてみたく先週はじめて就活イベントに行ってきました。

ただ感想としては色々と就活システムの嫌な所が見えたことが一番の収穫(笑)だったので、今日は日本の就活がおかしいと感じる理由について書きたいと思います。

※以下全て筆者の完全な主観です

 

時期

まず一つ目。時期です。

これは来年からの通年採用で変わってくるのですが、

  • 3月情報解禁
  • 6月選考開始
  • 10月内定

このようなスケジュールだと、どうしても就活と学業が同時進行になってしまいます。

それでこのスケジュールだとどうしても出てきちゃいますよね、大学の授業やゼミをより会社説明会等を優先させてしまう学生とか。

大学入学時から疑問に思ってたのですが、就活のためなら授業に多少出れなくても仕方ない…という風潮もちょっと独特だと思います。

じゃあ海外についてはどうなっているのか?と言うと、アメリカやフランス等ではインターンシッププログラムに参加して実務経験を得つつ企業との相性を見る機会があります。

どのように学業と両立するのかと言うと、例えばフランスなどヨーロッパの大学ではプログラムの一部に「インターン」が含まれていることがほとんどです。

また、北米では夏休み期間中等にインターンシップをする学生が多いそう。

こうした就職システムの違いや実際に留学先の学生の様子などを見てみると、日本の大学一般ではかなり学業がおざなりになっていると感じます。

就活>学業の前提

実際、日本の大学では「就活で3・4年が授業に出席できないのは仕方ない」という雰囲気の所は少なくないのではないでしょうか。

私の母校はマーチ私立文系学部なのですが、所属していたゼミなんか全員で5名ゼミ生がいたのにマトモに参加していたのは1・2名程度ですからね。

2年で単位取って後は就活って、一体私たちが通ってきたのは4年制大学なのか2年制なのか訳わからなくなってきちゃいます。

 

現在の大学教育について、企業側も採用にあたり学業の成果を重視してこなかった点は大いに反省すべきである。

(日本経済団体連合会「定例記者会見における中西会長発言要旨」より)

 

これまでの採用の反省点としても挙げられていますけども、このように就活のためなら学業は二の次、就活で学生時代の成績があまり役に立たないことも残念というか腑に落ちないポイントです。

本来ならば本業である学業をしっかりやっている学生こそ評価されるべきだと思うのですが…。

リスルートスーツ

  • リクルートスーツ
  • 就活鞄
  • 革靴・パンプス

あと、この新卒セットにも何だか違和感を感じます。

このリクスーについてよくネットやキャンパス内で

  • 没個性な格好させておいて「個性をアピールしてくれ」なんて就活はおかしい
  • そもそも暑すぎる

なんて聞きますが、

就活のスーツだけに限らず職場でのパンプス強制夏場のネクタイなしスーツ着用、どこか日本は表面だけを繕った服装・不思議なマナーが一人歩きしているような気がします。

何でも海外の真似をすれば良いという訳ではありませんが、日本には特にビジネスの服装で不思議なルールが多いのではないでしょうか。

 

採用プロセス

業種や会社にもよりますが、一般に大企業の新卒採用プロセスはこんな感じの所が多いですよね。

  • ES(エントリーシート)
  • ウェブ面接
  • Webテスト・適性検査
  • 面接数回
  • 最終面接
  • 内定

途中で出てくるWebテストとは何か?と言うと、これはどうやら学力・思考力を測るためのテストみたいです。

どうやらオンラインテストでは能力検査・性格検査の2種類があり、前者では基本的な学力・思考力を測るそう。

 

能力適性検査とも言われるように、適性検査では基本的な能力を図る項目があります。これは能力検査とよばれており、どれくらいの学力、思考力が身についているかが見られると考えましょう。基本的な学力を問う問題であるため、スムーズに解答するには事前の対策が必要です。未対策で臨むと失敗しやすいです。

(就活の未来「能力適性検査とは」より)

 

このウェブテスト、筆者も対策したのですがいまいち試験の目的に納得がいきませんでした。

だって基本的な学力・思考力って大学等で得てくるものじゃないですかね。卒業証書じゃ不充分でしょうか。

そもそも日本の大学が卒業し易すぎるからダメなのかもしれませんが。

 

まとめ

今回は「日本の就活は、やっぱりおかしい」という話でした。

他にも就活生へのオワハラや圧迫面接(今でもあります)・たまにニュースになっている就活セクハラなど色々とおかしいと思う所はありますが、通年採用への移行で少しづつ日本の就職が変わっていくこと、そしてこれから学生が学業に集中できるような社会になっていくことを願います。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒業・今年9月からベルギーに留学予定の23歳。 遺伝子検査キットのレビュー・SNSアプリ情報を中心に投稿しています