大学

大学生が彼氏を作る方法【2019年】

こんにちは!

今回は、大学生の恋愛事情・出会いを増やす方法などについてまとめました。

  • 彼氏がなかなかできない
  • そもそも出会いがない

こんな方はぜひスクロールしていって下さい。

 

大学生の恋愛事情

  • インスタを開けば友達が彼氏と海外旅行の写真を上げてる
  • 女子会を開けば恋愛話で盛り上がる

大学生活ではこんなシチュエーション、よくありますよね。彼氏がいないと取り残された気分ですよね。

佐藤(筆者)も大学4年間まともな彼氏が居なかったので、分かります。

 

この記事に辿り着いたあなたは今、「大学生で恋人がいないのってマズい?」と思われているかもしれません。

 

でも、そもそも大学生に恋人がいるのは普通なのでしょうか?

大学生の恋愛事情からみてみましょう。

 

(出典:STUDENTS LAB「【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?」)

 

マーケターのための学生総合研究所「STUDENTS LAB」の調査によると、恋人がいる大学生は36%だそう。

インスタや身の回りの様子を見ていると「大学生=彼氏・彼女がいて当たり前」と思いがちですが、意外とそうでもないみたいですね。

 

他にも日本は、若者の25%は性交渉をしたことがないなど、若者の恋愛・セックス離れが進んでいると言われる国です。

なので、大学生で恋人が居なくても焦る必要はない!

と言い張りたい…のですが、彼氏がいる人はなぜか楽しそうなんですよね。

 

彼氏がいる大学生活って?

恋人がいない・恋愛経験が少ない若者が増えている…とよく聞きますが、彼氏がいる人はなぜか楽しそう。

彼氏がいる大学生活は何が違うのでしょうか。彼氏のいる大学生活について、メリット・デメリットなどをみてみましょう。

 

イベントが楽しくなる

まずメリットとして、彼氏を作ると学生生活のイベント全般が楽しくなることでしょう。

大学では高校に比べて自由度の高い過ごし方ができるので、例えば

  • 花火大会
  • ドライブ
  • 夏休み
  • 海外旅行
  • クリスマス
  • バレンタイン

等々…大学生活には恋人がいるだけで参加・企画できるイベントが増え、長期休みも充実します。

 

クリスマスが楽しくなる

中でも特に彼氏がいると盛り上がるのはクリスマス。

周囲がお祝いムードの中、このシーズンに一緒に祝う人が居ないと非常に寂しい思いをします。(※体験談)

 

いわゆる「クリぼっち」ですね〜

 

やはり「クリスマス=恋人と過ごすもの」という強迫観念文化認識が強いため、冬までに彼氏を作ることを目標にする学生も多いとか。

 

時間を作るのが大変

ただ一度彼氏ができても、

  • 一緒に会う時間を作りづらい

という悩みを抱える学生も多いです。

大学生は授業にサークル、バイトにインターンなど、とにかく参加するコミュニティの数が多いもの。

生活リズムや行動圏が合わないと、二人で会う時間を作るだけでも大変かもしれません。

大学生の交際の難しい所ですね。

 

同じコミュニティで作ると、別れた時に大変

もう一つ、大学生が彼氏を作るときに注意したいのは「同じコミュニティ内の恋愛」。

サークル・バイト先など、一つのコミュニティ内で出会って交際に至るパターンですね。

付き合っているうちは良いのですが、別れた後にお互い気まずさが残ってしまいます。

よく学内で聞く話ですが

  • サークル内で元彼と会うと気まずい
  • 元彼がいるバイト先に行きたくない
  • 同じ学部で付き合ってたが、学部内で噂になって恥ずかしい

など、同じコミュニティで彼氏ができた後の「気まずさ」に悩む人も多いようでした。

 

彼氏の作り方

先述のような交際の難しい所もありますが、素敵な彼氏がいたら色々なイベントを楽しめますし、絶対楽しいですよね。

では恋人はどうすればできるのか?ここでは

  • 出会いの増やし方
  • 自分磨きの方法

の順にみていきましょう。

 

出会いを増やす

彼氏・彼女を作るには、まず異性と出会う機会を増やすことが大事です。

ヨーロッパなどでは、友達同士の宅飲みパーティやバー等で

  1. お互いの友人を紹介する
  2. 異性と出会う
  3. 付き合う

といった流れが一般的だそうですが、日本では海外のように社交文化自体があまり濃くありません。

自分から既存の友人以外のコミュニティに飛び込んだり、かなり積極的に出会いの幅を広げたりする必要があります。

 

友人の紹介

例えば、友人の紹介。

ベタに「彼氏探してるんだけど、いい人居ない?」と友人のオススメをあたってみる方法です。

人脈が豊かな方、コミュニケーション力がある方が取りやすい手段ですね。

 

バイト・インターン

またバイトやインターンなど、異性との共同作業が発生する所に赴いてみることも効果的です。

収入も得られますし、友人や恋人もできると一石二鳥ですね。例えばバイトなら、

  • カフェ
  • 短期イベント
  • 飲食店等

適度に忙しく、学園祭の出し物的な「イベント感のある場所」を選ぶと同年代の方と出会いやすいはずです。

 

 

サークル

サークルで出会うメリットは、学内でもメンバーと顔を合わせる機会が多くなるため、仲を深め易いところ。

同じコミュニティで恋人を作ると別れた時が気まずいかもしれませんが、仲睦まじくお付き合いできれば無問題です。

所属大学のウェブサイトや掲示板をチェックして、途中から加入できそうなサークルを探してみましょう。

 

マッチングアプリ

  • バイト・インターン先に良い人がいない
  • サークルにも出会いがない
  • 社会人と付き合いたい

こんな方は「マッチングアプリ」と呼ばれるツールの力を借りてみましょう。

有名どころはTinder(ティンダー)などですが、こちらは気軽に出会える一方「遊び目的の人が多い」とあまりユーザーの真剣度が無いと言われています。

彼氏探しにマッチングアプリを使うなら、例えば日本で作られた若者向けアプリの

  • ペアーズ
  • with(ウィズ)
  • タップル誕生

などを試してみると良いかもしれません。

特に女性の場合見知らぬ人とアプリで出会うリスクはありますが、コミュニティ内での恋愛のように後腐れがない所は便利ですね。

 

特に「with(ウィズ)」はメンタリストDaiGoが監修したアプリで、性格のマッチ度を重視した機能が特徴。

20代のユーザーも多いので、恋人探しにもってこいのアプリです。

 

 

関連記事:Tinder(ティンダー )に似たマッチングアプリ5選

 

自分磨き

これまで「出会いの増やし方」をみてきました。

  • 既に出会いの機会が多い
  • 少しいい雰囲気の相手がいる

こんな方は服装や化粧・内面など、自分磨きに力を注いでみると効果的かも。

 

服装・化粧

多くの女性はかなり身だしなみに気を使っているはず。

大学生くらいの年齢になると、自分流の「ファッションルール」的なものを持っている方も多いのではないでしょうか。

それぞれのスタイルによって服装・化粧のやり方も変わってきますが、

  • 普段フェミニンな服が多い方→たまに大人っぽい服装をしてみる
  • 大人っぽい服が多い方→たまにフェミニンな服装をしてみる等

このように稀にギャップを狙ったイメージチェンジをしてみると、新鮮味があって良いかもしれません。

 

内面

また恋人にしろ友達にしろ、人は

  • オリジナリティのある人
  • ポジティブな人
  • 何かに一生懸命になれる人

など、独特の魅力がある人間に惹かれやすい生き物です。

どこかで「忙しい時こそ何故かモテる!」と聞いたことがありますが、やっぱり人間は何かに一生懸命になっている人こそサポートしてあげたい・関わりを持ちたいと思わされるものです。

趣味や将来の目標がある方はひたむきにチャレンジしてみると、意外と恋愛もうまくいくかも…?

 

彼氏が居なくても焦らない!

最後に、彼氏がいなくて悩んでいる方・恋人が出来なくて「自分がダメだ」と信じそうになっている方へ。

筆者の完全主観ですが、大学生なんて彼氏がいなくても全然大丈夫だと思います(笑)。

日本では

が進んでおり、他の国と比較しても恋愛に淡白な文化だと云われています。

彼氏がいる人はなぜか楽しそうなのは事実ですが、今彼氏が出来なくても死ぬわけでもありません。

例えば、2015年の平均初婚年齢は29.1歳

大学卒業してから彼氏を作っても結婚はできますし、大学生で恋人が居なくても焦る必要は無いでしょう。

何より時間がかかってもお互い有意義な時間を過ごせ、価値観が合う人と会うことが大事だと思うのですが、いかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、「大学生が彼氏を作る方法」についてでした。

 

 

本記事が参考になれば、幸いです〜!

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学異文化コミュニケーション学部卒業(19年卒)。副専攻にフランス語。今年9月からベルギーに留学する予定の23歳です。 大学生活で「やって良かった事・やっておけば良かった事」等をまとめたり、仕事やインターン探しについて書いています。 趣味は遺伝子検査と酒。