仕事

【お祈り】就活生が激怒する「サイレントお祈り」って?【申し上げます(笑)】

心にもないお祈りでも何でもいいから、不採用通知くらい入れてよね!

 

社会人性を疑うわっ!

 

…すみません。取り乱しました。

先月某合同説明会にて選考通過し、第二面接まで進んだ企業に「サイレントお祈り」をかまされました。佐藤です。

今回は就活生が怒り滾らせている「サイレントお祈り」について、痛烈に批判まとめていきたいと思います。

 

「サイレントお祈り」とは

サイレントお祈りとは、選考を進めていた求職者に対し、企業が不採用通知を行わないことを指します。

通常、不採用が決まった場合は

 

末筆ながら、○○様が今後より一層ご活躍されることをお祈り申し上げます

 

○○様の益々のご活躍をお祈り申し上げます

 

などの「お祈りフレーズ」で締めくくられた不採用通知が送付されます。

こうしたお決まりの文が付いていることから、学生間では冗談まがいに「不採用通知=お祈り」と称されています。

この「お祈り」が転じて、企業側が不採用者に対し一切の連絡を行わず、採用者にのみ連絡するコミュニケーションスタイルを「サイレントお祈り」と云うようになりました。

 

ちなみにGoogleTrends*を参考にすると、この言葉が検索され始めたのは2010年頃からみたいです。

(*検索条件:キーワード「サイレントお祈り」、対象国・日本、期間・2004年から現在)

 

選考ステップごとの「サイレントお祈り」率

書類選考・面接の選考段階別で見たとき、サイレントお祈りを行う企業はどの位の割合なのでしょうか?

人事関連の調査研究機関・HR総研が2017年に行なった、新卒採用の調査を参考にしてみました。

その結果、

  • 書類選考の段階では22%の企業
  • 面接後の段階では13%の企業

が、不採用者に連絡を行なっていないことが明らかになっています。

(出所:HR総研「2017年新卒採用動向調査」)

 

就活生の声

この「サイレントお祈り」について、就活生はどのように考えているのでしょうか。

さまざまなウェブサイト・就活情報サイト上の書き込みを参考にしてみた所、こんな要旨の書き込みがチラホラ。

 

選考通過したのか不採用だったのかハッキリしてほしい
他社選考に気持ちが切り替えられない
学生だって何日もかけてESを書いているのに失礼ではないか
連絡の一つも入れないのは社会人として如何なものか

 

学生の煮え切らない気持ちや、企業の対応についての不信感が現れていました。

さらにグーグル検索で「サイレントお祈り」と入力してみると、こんな検索候補も。

 

  • サイレントお祈り 晒す
  • サイレントお祈り おかしい
  • サイレントお祈り ムカつく
  • サイレントお祈り 仕返し
  • サイレントお祈り 迷惑
  • サイレントお祈り 腹立つ

 

関連キーワードサーチでも調べましたが、かなり怒りが篭ったキーワードが出てきました。笑

 

「サイレントお祈り 仕返し」
ヒイィ

 

企業名晒しまで…

筆者もサイレントお祈りを受けた学生の一人なのですが(しかも第二次面接)。

やはり選考まで割いた時間並行していた企業との折り合いなどを振り返ると、サイレントお祈りされて良い気持ちにはなれません。

最近はネット上でサイレントお祈りをした企業名も共有できてしまうので、サイレントお祈りで有名な企業に良いイメージは抱けませんね…。

 

楽天の就活情報サイト「みんなの就職活動日記」には、「サイレントお祈り企業を晒すの掲示板」という掲示板まで立っています。

こんな掲示板まで現れるということは、

  • 業界研究やES・面接対策に割いた時間を無下に扱われたかのよう
  • 失礼に感じる

こんなサイレントお祈りを受けた学生側の「やり場のなさ」があるためではないでしょうか。

 

なぜ黙ったまま?サイレントお祈りの理由

しかしなぜ企業もサイレントお祈りを決め込むのでしょうか。

 

理由⒈ 内定辞退者用の補欠確保

理由の一つに、内定辞退者用の欠員として「学生をキープしておきたい」という狙いがあるんだとか。

企業が不採用通知を送ってしまうと、候補者を二度と元の選考プロセスに戻すことはできません。

そのため一部のサイレントプレイヤーはあえて連絡を入れず、曖昧なまま保留しておくそうです。

via GIPHY

学生にしてみると迷惑極まりない対応ですが、企業にも企業の都合があるという訳ですね…。世知辛い。

 

理由⒉ 不採用通知の誤送信防止

またサイレントお祈りは、本来採用されすはずだった人に不採用通知を出してしまう「人事側のミス」を防ぐためではないかという推測もされています。

毎年春頃になると高校や大学で「合格・不合格」の送付間違えのニュースを聞きますが、やはり人の人生に関わる発表でミスは許されませんものね。

 

理由⒊ 質問対応の手間を省くため

こちらも負担削減という意味で、不採用通知後の質問対応などの手間を防ぐため通知を行わない企業もあるそう。

 

理由⒋ 手違い

採用担当者側も人間なので、単なるミスの可能性が無いとは言い切れません。

滅多にないと思いますが「手違いで次回面接の通知が送られていなかった」という場合も考えられます。

 

いやいや…それにしても「サイレントお祈り」って!
後味悪すぎませんか!?

 

いつ・どうやって問い合わせる?

後味が悪いサイレントお祈りには、どのように対処したら良いのでしょう。

  • 事前に知らされていた結果通知の日を過ぎている
  • 結果通知の日に関する告知がなかった/聞きそびれた

こんな場合は、企業に問い合わせてみましょう。

 

結果予定日が過ぎてから

もし面接中「結果は○日以内に知らせます」と伝えられていた場合、結果通知の日が過ぎるまで待ちましょう。

選考が早い企業は当日中に合格通知を入れる場合もありますが、結果通知の日が決まっている以上こちらも急かすことはできません。

 

結果が出るまで不安な日が続きますが、どうか持ち堪えて下さいね…!!

 

もし結果通知の予定日を全く知らされていない場合、無難なタイミングとして面接日より1週間、できれば2週間待ってみましょう。

 

メール/電話で問い合わせる

問い合わせ方法について、メール・電話どちらでも問題はありません。

メールの場合は業務の忙しさなどによって返信が遅れてしまう場合も考えられるので、電話の方が回答を得られやすくあります。

電話の場合、

 

  • ○○大学の○○(苗字)と申します。
  • お忙しい所恐縮ですが、○○課の○○様はいらっしゃいますでしょうか。
  • ○○月○○日の(書類選考/第○次面接)についてお問い合わせしたくご連絡いたしました。
  • 当日、緊張のあまり結果通知について聞きそびれてしまいました。
  • こちらの不手際で、そしてお忙しい中大変恐縮ですが、結果通知の詳細について教えていただくことは可能でしょうか。

 

このように聞いてみましょう。電話の場合、可能であれば相手方の業務が詰まっていない時間帯に掛けられると良いですね。

 

またメールの場合も同じような内容で、丁寧かつシンプルにまとめられるようにしましょう。

タイトル:

XX月YY日の{選考/面接}結果について

 

本文:

{会社名}株式会社 {部署・チーム名} {採用担当者の苗字}様

いつもお世話になっております。
{大学名}大学の{苗字}です。

先日は {XX選考/面接} のお時間を頂き、誠にありがとうございました。

XX月YY日に御社へお伺いしました当日、結果通知についての詳細を聞きそびれてしまいました。大変恐縮ですが、結果発表の日時を教えていただくことは可能でしょうか。

こちらの不注意によりお手数をお掛けまして申し訳ございません。

お忙しい中恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

———————
{苗字} {名前}
電話: {電話番号 e.g:000-0000-0000}
メールアドレス: {メールアドレス e.g:silentprayer@example.com}
———————-

 

まとめ

今回は「サイレントお祈り」についてでした。

最後に、もしあなたの第一志望がシカトサイレントを決め込んでいて落ち込んでいたとしても、落ち込まないでください。どうぞ自信を持って他社選考を受けてください。

就活など自己推薦型の試験は常に何かイレギュラーなことと隣り合わせです。志望者の実力が適っていても、思い通りにいかないこともあります。

サイレントお祈りに負けず、就活を乗り越えていきましょう。

末筆ながら、読者様が今後より一層ご活躍されることをお祈り申し上げます。

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学異文化コミュニケーション学部卒業(19年卒)。副専攻にフランス語。今年9月からベルギーに留学する予定の23歳です。 大学生活で「やって良かった事・やっておけば良かった事」等をまとめたり、仕事やインターン探しについて書いています。 趣味は遺伝子検査と酒。