大学生活

大学生の国内旅行に!北海道旅行のベストシーズン・費用・おすすめ観光地は?

こんにちは!昔10年以上北海道に住んでいたブロガー・佐藤です。

今回は主に道外の学生さん向けに、若者視点で北海道の観光スポットなどについてまとめたいと思います。

  • 卒業旅行先がまだ決まってない
  • 国内旅行の行き先を考えている
  • 北海道に何があるのか知りたい

こんな方はぜひ、スクロールしていってくださいね!

 

北海道ってどんな場所?

19世紀後半より開拓が始まった北海道は、日本の中でも歴史の短い都道府県です。

本州の観光地と比べると歴史的な見所は少ないものの、北海道は自然が豊かなことが特徴。

釧路湿原を訪れたり流氷を見たりといった自然を楽しむ観光のほか、

  • 夏はハイキングや乗馬
  • 冬はスキー

こうしたアクティビティ中心の楽しみ方もできます。

また美味しい食べ物も多く、新鮮な魚介類はもちろん、洋菓子や地ビール、さらに羊肉を使った郷土料理・ジンギスカンも名物となっています。

 

交通手段は飛行機がオススメ

東京から北海道へ訪れる場合、飛行機か新幹線がメジャーな交通手段です。

飛行機と新幹線を比較するため、それぞれの料金目安などをまとめました。

 

飛行機 新幹線
移動距離 1時間40分程度 4時間30分程度
料金 5,000円~1万円(ローシーズン)、2万円~5万円(ハイシーズン) 2万円前後
到着先 札幌・函館・釧路・帯広・旭川など 新函館北斗

 

飛行機の方が料金が安いことからも、断然飛行機の方がオススメ。

札幌以外の空港で到着する場合のチケットはやや割高ですが、オフシーズンを選んだり早割を利用することで安く購入できます。

さらにLCCだと購入時期によっては4000~8000円程度で販売されているので、ぜひLCCを利用してみましょう。

 

いっぽう新幹線は、

  • 東京から4時間以上かかる
  • チケットの価格帯は2万円程度
  • 到着地は新函館北斗で固定(札幌市に着かない)

と色々な面で制約が多く、正直申し上げてあまりオススメできません。

東北から函館に行くときは便利なのですがね。

 

レンタカーは必要?

札幌市内やその近郊都市である、

  • 小樽
  • 余市
  • 函館

などは駅から近い所に観光スポットが密集しています。

そのため札幌を中心に回るならレンタカーを借りる必要はありません。

 

レンタカーを用意した方がいい場合

ただし、

  • 十勝地方
  • 知床半島

など特に市街地よりその周辺のスポットが有名な所は、レンタカーを利用した方が便利です。

 

冬場は運転しない方がいい

また、冬場の北海道では市街地・非市街地を問わず

  • 平坦な道なのに氷で滑る
  • 雪が降っていて見通しが悪い
  • 雪で道幅が狭い

など危険な道が多く、とくにスリップ事故が発生しやすくなっています。

北海道の道幅自体はかなり広いのですが、冬は積もった雪で歩道・車道の区別がつかなくなるくらい道が狭まり、車一つ通るだけでやっと…なんて事もしばしば。

札幌市民でも冬場11月~3月ごろ迄は全く運転しない人もいるので、冬道の運転に不慣れな方は車の利用を控えた方が安心です。

 

 

北海道旅行の費用は?

北海道旅行の費用は

  • 現地で何をするのか
  • 市街地か自然のどちらをメインに見るか

など、様々な要素で変わってきます。

そのため一概にコレ!という費用は出せませんが、ここでは札幌市近郊の観光を想定して、費用のめやすを立ててみました。

 

  • 2019年9月14日~9月19日の3泊4日設定で調査。
  • 2019年9月14日に検索。
  • 航空券代の参考元:Google Flight
  • 宿泊代の参考元:Airbnb、トリバゴ

 

札幌近郊・市街地で観光する場合:(3泊4日)

費用の目安
航空券 15,000円(往復・LCC)
宿泊代 24,000円(8,000円/泊)
食事代 20,000円
現地交通費 20,000円
観光・お土産代 5000円
合計 6万円

 

学生の旅行なら最低でも6万円程度かかります。

札幌はAirbnbやビジネスホテルの数も多く、工夫次第で宿泊代を抑えることも可能です。

ただ札幌市以外の町に宿泊すると、宿泊施設の選択肢が限られるためもう少し宿泊代・現地交通費等が高くなるでしょう。

また北海道は7月から9月にかけてがハイシーズンなので、訪れる時期や予約のタイミングによっては航空券だけで往復3~4万円ほどかかることもあります。

 

宿泊代について

泊まる施設のランクによっても宿泊代は異なります。

  • Airbnb…5,000~6,000円程度/泊
  • ビジネスホテル…7,000~8,000円程度/泊
  • 星付きホテル…10,000~15,000円程度/泊

 

Airbnbでは都市部で1泊5000円~6000円程度が相場。

ビジネスホテルの場合は7000円~9000円程度で泊まれます。

1泊1万円~1万5千円程度出せば、市街地の立派なホテルに泊まれます。

 

もともと札幌市の宿泊費はさほど高くないのですが、時期によっては1泊1万円以上の部屋を8000円程度で予約することも可能です。

そのためできるだけ早期の予約をオススメします。

 

そして、予約する際はまず価格比較サイトを使ってみて下さい。

様々な宿泊施設の価格情報を集め一番安い値段を提案してくれるので、価格比較サイトを使うとスムーズに予約できます。

 

 

現地交通費について

 

バスを使うか電車を使うかで若干交通費が変わります。

  • 新千歳空港〜札幌間…片道1,100円(バス)/片道1070円(電車
  • 札幌〜小樽間…片道610円(バス)/片道750円(電車
  • 札幌〜旭川間…片道2,060円(バス)/片道2,860円(電車

 

観光・お土産代について

歴史が短いせいか札幌市や周囲の町にはあまり入場料を払って見るような施設がないので、観光代はさほどかかないでしょう。

札幌テレビ塔でも入場料720円、公園等はもちろん入場無料ですし、市内にあるサッポロビール博物館も入場無料です。

  • さっぽろテレビ塔…720円(公式
  • ラベンダー畑…入場無料(公式
  • 白い恋人…1,522円・24枚入り(公式

 

シーズン別にみる北海道・オススメは夏!

北海道を訪れるには、どのシーズンがベストなのでしょうか。四季ごとに北海道の見所を紹介したいと思います。

 

春(4月〜6月)

北海道は3月まで寒い日が続き、4月中旬~下旬ごろからやっと春らしい気温になります。

 

毎年4月の終わりごろには旭山動物園の営業も再開します(だいたい10月~11月ごろまで開園)。

ただ4月中は最高気温も11度程度なので、気持ち温かめの服装がオススメ。

ゴールデンウィークが含まれる5月は航空券・宿泊費もやや高くなりますが、4月・6月はオフシーズンのため安くチケット購入できます。

富良野「ファーム富田」で見られるラベンダーは6月下旬〜8月上旬が見頃。

 

こうして見ると、上半期のオフシーズンでは気温も丁度良い6月が狙い目かもしれませんね。

オススメグルメ:アスパラガス、ジンギスカン

 

夏(7月〜9月)

夏は北海道観光のハイシーズン。航空券も2万円台を超えることが多いです。

 

この時期の北海道の魅力は、何と言っても過ごしやすい気温。

7月~8月も北海道は平均気温20度前後です。

8月中旬の昼間でも19度程度とむしろ寒く感じられる日もありました。

夜出歩くならカーディガンなど上着は必須。

30度を超える暑い日もたまにありますが、湿気が全くないので快適に過ごせます。

 

また、夏の北海道は何を食べても美味しいです。

  • ウニ
  • トウモロコシ
  • ヤリイカ
  • その他野菜

等が夏の旬ですね。ビアガーデンで食べるジンギスカンも格別!

夏ならではのイベントに食べ物、綺麗な景色の全てを楽しめます。

 

オススメグルメ:ウニ、トウモロコシ

 

秋(10月~11月)

10月から11月は再びオフシーズンとなります。

北海道では11月頃から雪が振り始め、スキー場は11月下旬・12月上旬あたりから運転を開始します。

オフシーズンなだけこの時期の北海道にコレと言って目立つイベントはないのですが、寒さは1月~2月の北海道より相当マシなので、寒さに弱い方はは10月頃に訪れると良いかも。

この時期旬を迎える鮭を使ったちゃんちゃん焼きも、まぁまぁお勧めです。

ちゃんちゃん焼きとは「鮭や野菜を味噌味で調理する料理」なのですが、実はジンギスカン・石狩鍋と並んで「北海道の三大郷土料理」なんです。

実はジンギスカンに比べるとどっちもあんまり美味しくないのですがね。

 

オススメグルメ:ちゃんちゃん焼き、アワビ

 

冬(12月~3月)

クリスマス~年末年始の時期はチケットが高くなります。

冬休みと帰省シーズンがひと段落する1月~3月頃には価格も落ち着いているでしょう。

 

もっとも冷え込む1~2月の最低気温はマイナス7~8度。

3月でも最低気温はマイナス3度と、寒い日が続きます。

 

日本海側はドンヨリした天気が続き吹雪になる日も多い一方、道東側は晴れた天気になることが多いです。

 

オススメグルメ:ニシン漬け、真鱈、真鱈の白子、石狩鍋

 

北海道の観光地

北海道にはどんな観光地があるのでしょうか。有名な観光地を紹介したいと思います。

 

札幌から1時間~2時間程度で行ける所

まずは札幌市含め、市内から早くて1時間~2時間程度で行ける観光地を見てみましょう。

 

札幌市

地下鉄札幌駅・大通駅・すすきの駅を中心に栄えている街です。すすきのは居酒屋等が充実しているので、夜賑やかですね。

市内の観光スポットは「札幌時計台・大通り公園・さっぽろテレビ塔」など。

札幌時計台はビル街の中にあり、山や自然の中にある景色をイメージして来た観光客からは「ガッカリスポット」と呼ばれています。

中心部に観光スポットが集まっているので、半日~1日くらいで観光可能です。

 

札幌からの片道移動時間 0時間
ローカルグルメ サッポロビール園のジンギスカン
札幌観光旅行公式サイト http://www.sapporo.travel/

 

小樽市

小樽の見所といえば小樽運河。

大正12年(1923年)に作られた埋め立て式の運河で、石造倉庫群とガス灯がロマンチックな雰囲気を出しています。

海鮮丼が美味しいほか、全国的に人気なスイーツ店・ルタオの本店があります。

札幌からのアクセスが良く、札幌市民も週末や連休に訪れることが多いですね。

 

札幌からの片道移動時間 50分程度(電車)/40分程度()/1時間(バス
ローカルグルメ 海鮮丼・ルタオのドゥーブルフロマージュ・かま栄のかまぼこ
小樽観光協会公式サイト https://otaru.gr.jp/shop/otarucanal

 

旭川市

4月から11月頃まで開園している旭川動物園が見所。シーズン中は家族連れを中心に賑わいます。

正直申し上げると町の中はあまり観光スポットがないのですが、三浦綾子という旭川出身のクリスチャン小説家にまつわる記念館があります。

関連記事:はじめて聖書を読む方にオススメしたい「旧約聖書入門」

 

札幌からの片道移動時間 1時間半(電車)/2時間()/ 2時間(バス
ローカルグルメ 旭川ラーメン
旭川観光コンベンション協会サイトへ https://www.atca.jp/

 

富良野町

「ファーム富田」のラベンダー畑でご存知の方も多いのではないでしょうか。

北海道らしい景色とリゾート気分の両方を味わえる場所で、ホテルやコテージなど宿泊施設が充実しています。地ワインも美味しいですね。

富良野から車を2時間ほど走らせれば帯広市にも行けるので、札幌→(旭川)→富良野・美瑛→帯広というルートで観光するのも良いかも。

 

札幌からの移動時間 3時間(電車)/2時間~2時間半()/時間(バス
ローカルグルメ ワイン・オムカレー
ふらの観光協会公式サイトへ https://www.furanotourism.com/jp/

 

美瑛町

富良野町の隣町。「青い池」が定番の観光スポットとなっています。

11月~3月頃は雪で覆われてしまうため、夏場〜雪が降る前に訪れると良いでしょう。

 

札幌からの片道移動時間 2時間~2時間半(電車)/2時間半()/3時間半~4時間(バス
ローカルグルメ メロン・トウモロコシ・アスパラガスなど
美瑛町観光協会公式ホームページへ https://www.biei-hokkaido.jp/ja/

 

ニセコ町

冬の北海道に来るなら、ニセコ町でのウィンタースポーツがオススメ。

この地域にはサラサラした粉状の「パウダースノー」という雪が降るため、スキー・スノボに最適な場所です。

この雪を求めてわざわざ訪れる外国人観光客もいる位なので、ウィンタースポーツ好きは外せないスポットです。

 

札幌からの片道移動時間 3~4時間(電車)/2時間()/3時間(バス
ローカルグルメ チーズ
ニセコ町公式サイトへ https://www.town.niseko.lg.jp/

 

 

千歳市・支笏湖温泉

札幌のすぐ近く・千歳市の支笏湖にある場所。自然と温泉を楽しみに来る人が多いです。

小樽や函館のように賑やかな観光スポットはないので「北海道に来るなら外せない場所!」とは言えませんが、札幌近郊の町歩きに疲れたら寄ってみても良いかもしれません。

特に星野リゾートが運営している「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」は食事も部屋も凄く良いです。

 

札幌からの片道移動時間 1時間半(電車)/1時間()/2時間(バス
ローカルグルメ ヒメマス
支笏湖温泉公式サイトへ https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/256

 

帯広・釧路・女満別空港近辺

次に、道東と呼ばれる地域の観光地をみていきましょう。

帯広・釧路・女満別には空港があり、東京間の便もあります。

 

帯広市

乗馬やチーズ作りを楽しめる「十勝千年の森」、名前の縁起の良さが話題の「幸福駅」、北海道定番の菓子ブランド・六花亭本店などがあります。

時間があれば隣町・池田町にある「池田ワイン城」にもぜひ。

 

車での片道移動時間 3時間(札幌市まで)/2時間(釧路市まで)
ローカルグルメ 豚丼
帯広観光コンベンション協会公式サイトへ http://obikan.jp/

 

釧路市

市内から車で30分程度の場所に、釧路湿原国立公園があります。

国の特別天然記念物・タンチョウやエゾシカ・キタキツネなど様々な動物が生息しています。

北海道の自然を満喫するなら訪れたいスポット。

 

車での片道移動時間 2時間(帯広市まで)/2時間半~3時間(知床半島・羅臼町まで)
ローカルグルメ 釧路ラーメン、炉端焼き
釧路・阿寒湖観光公式サイトへ https://ja.kushiro-lakeakan.com/

 

知床半島(斜里町・羅臼町)

知床半島は道北の「斜里町・羅臼町」にかけてまたがる半島で、2005年に世界自然遺産に登録されました。

知床八景」という自然の景観を楽しめる名スポットが8つあります。

 

車での片道移動時間 2時間半~3時間(釧路市まで)/2時間(網走市まで)
ローカルグルメ バフンウニ、ブドウエビ
知床斜里町公式サイトへ https://www.shiretoko.asia/

 

網走市

知床半島から車でおよそ2時間の所に位置する町。あまり観光地としては有名ではないかもしれませんが、「博物館網走監獄」がすごく面白いです。

明治初期、当時の北海道には全国の囚人を収容すると共に、開拓の労働力を補うため収容施設が多数建設されました。

網走監獄もその一つで、「博物館網走監獄」には当時の様子を再現した展示などがあります。

 

車での片道移動時間 2時間~2時間半(知床半島・羅臼町まで)
ローカルグルメ 網走監獄牛
網走市観光協会公式サイトへ https://www.abakanko.jp/

 

その他

以下はその他の北海道オススメスポットです。

少し他の町と離れているためアクセスし辛いかもしれませんが、いずれも人気の観光場所となっています。

 

函館市

北海道の港町・函館市。

横浜港・長崎港とともに1859年、国際貿易港として函館港が開港しました。

どこか外国のような雰囲気が漂う街並みが特徴。五稜郭タワーや教会、函館山から見る夜景など市内の見所もたっぷり。

海鮮も美味しく、観光には最適な場所ですね。

 

札幌からの片道移動時間 3時間半~4時間(電車)/4時間()/5時間半(バス
ローカルグルメ イカ刺し、イカ飯、海鮮全般、ラッキーピエロ(ハンバーガー)
函館市公式観光情報サイトへ https://www.hakobura.jp/

 

利尻島・礼文島

北海道の北部にある島々です。

稚内市からのフェリーや、札幌市等からは飛行機で訪れることができます。

初夏から冬が始まるまでの6月下旬~10月ごろが訪れどき。

 

札幌からの片道移動時間 時間(札幌市まで)
ローカルグルメ ウニ丼
礼文島観光協会公式サイトへ http://www.rebun-island.jp/

 

オススメ観光地は?

初めて北海道に訪れる方には、

  • 札幌
  • 小樽
  • 富良野
  • 函館

このあたりが特にオススメ。

 

道東も素敵な場所なのですが、東京間の便数が少なく町同士が結構離れているため、どちらかというと道央巡りをメインにした方がスケジュールを立てやすいでしょう。

 

観光ルートの例

というわけで次の項目では、道央・道南を中心に観光できるルートの例をみていきましょう。

 

新千歳空港着→新千歳空港発

1・2泊程度のスケジュールでお考えであれば、札幌市内と小樽など近場を観光するのがおすすめ。

札幌市内はあまり観光スポットがなく、どちらかというとグルメ系が充実しているので半日強~1日でも見て回れます。

 

また、例えば2泊3日でいらっしゃる場合はこんなプランもありです。

 

 

1日目に札幌市内を観光して、その日の晩から2泊目は近隣の町で過ごすパターンですね。

 

新千歳空港→函館空港発の場合

3泊以上滞在されるのであれば、復路に利用する空港を変えてみるのも良いかも。

 

 

このルートだと、札幌・小樽・函館と北海道の主要観光街を全て見て回れます。

時間はかかりますが、函館から新幹線で帰るのも行きと違った景色を楽しめて良いですね。

 

オススメお土産

最後に、北海道の定番土産をまとめていきます。

 

白い恋人

created by Rinker
石屋製菓
¥1,522
(2019/09/18 16:41:03時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイトチョコレートを薄いクッキー生地でサンドした、ラング・ド・シャのお菓子。

万人ウケする美味しさと詰め合わせ数パターンの豊富さから、どんな相手に渡すのにも最適。

 

本州の人に「北海道土産何がいい?」と聞くと、大抵「白い恋人」と返ってきます。

 

北海道農学校

created by Rinker
洋菓子きのとや
¥583
(2019/09/18 16:41:04時点 Amazon調べ-詳細)

道内の菓子メーカー・きのとやのお菓子。食べやすいミルククッキーです。

手頃な価格とちょっと摘むのに丁度良いサイズ感が特徴です。

 

大人数で分けるならコレ!

 

マルセイバターサンド

created by Rinker
六花亭
¥1,300
(2019/09/18 16:41:04時点 Amazon調べ-詳細)

北海道の菓子屋・六花亭の定番商品。

六花亭のお菓子はパッケージやネーミングも北海道にちなんでデザインされており、チョコマロンや霜だたみも美味しいです。

 

賞味期限は短めなので、よく会う人にどうぞ

 

まとめ

今回は、北海道の観光地についてでした。

グルメやアクティビティなど様々な楽しみ方ができる北海道は、年間を通して楽しめます。

オフシーズンを狙えばかなり費用を抑えて楽しめるので、ぜひ次の旅行先に検討してみてくださいね!

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学19年卒(異文化コミュニケーション)。 副専攻にフランス語。 ベルギーの大学院に受かったけど資金準備が間に合わず、今は派遣社員とブロガーやっています。 内容は大学生~20代の仕事・恋愛・コミュニケーション全般について。 趣味は酒とダイエットです。