オピニオンと体験談

吉野家でコンセント充電できた話【@池袋西口】

こんにちは、佐藤ユカ(@yuka56blog)です。

今週は三連休ですね!皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は今、池袋西口でコンセント充電できる穴場的スポットを見つけてハシャいでいます。

その名も「吉野家 池袋西口店」。

牛丼屋で充電できるなんてこりゃ驚きだぜ。

池袋西口の「コンセントを使える手軽な場所」とは

わたくし通常の休日は図書館でブログを書いたり本読んだりしているのですが、今年は2月5日から14日まで立教大学図書館は閉鎖中。

なので、この連休はずっと池袋西口付近で「コンセントとワイファイを入手できるカフェ」をハシゴしながら作業していました。

しかし、いくらお店の数が多い池袋でもカフェは午後混む上に、コンセントを利用できる場所は限られています。

普段利用している池袋西口のベローチェも土日はかなり混むので長居できませんし、まずコンセントが無いんですよね。

その代わり充実したワイファイ環境と、お値段がお手頃(コーヒー1杯200円!)な点はお気に入りなのですが。

あぁそれにしても、充電できて滞在しやすいそんな都合の良い場所はないのか…!?

こう思いながら今日発見したコンセントの穴場的スポットはこちら、なんと吉野家でした。

最近の吉野家ではコンセントを使えるらしい

いやいや、え?吉野家にコンセントあるの?

筆者はこれまでコンセントといえばカフェにあるものだと思っていたので、まったく「牛丼屋×コンセント」という新鮮な組み合わせに驚きでした。

さすが東京、なんでもアリだぜ

調べてみるとこの吉野家、「黒い吉野家」と呼ばれているそうで、これまでの吉野家から進化した次世代型店舗の実験店的な位置付けにあるんだとか。

  • おしゃれなウッド調の内装
  • コンセント利用できる

このような点が特徴で、店舗によってはコーヒーやデザートメニューが用意されているなど通常店舗とは異なるメニュー提供を行なっている場合もあるそうです。

なお、以下の記事では「黒い吉野家」の店舗一覧がまとめられていました。同記事によると「全国で30店舗近い黒い吉野家が確認できた」とのこと。じわじわ日本に次世代牛丼屋が広がっているんですね。

「吉野家 池袋西口店」に行ってみた

牛丼×コンセントってどういう状況なんだろう…!!

ちょうどマックブックの充電がきれていたので、今回は池袋西口の吉野家を利用してみることにしました。

池袋西口の吉野家は初めて利用しましたが、2階建てになっているんですね。

階段を登っていくと…まあ、なんということでしょう。

めちゃくちゃ綺麗ではありませんか!!

牛丼屋=薄汚いというイメージがあったので、明るい店内にまずびっくりです。

部屋の端から撮ったので伝わりにくいかもしれません。が、実際その場にいると「えっこれ吉野家?」と目を疑うくらい綺麗な店内でした。

木の味がしみ出ている内装が牛丼屋というより、どこかのオーガニック食堂かのような雰囲気すら醸し出しています。

吉野家すごいよこれ!!

充電がてら牛丼食べに来ただけなのに、テンションだだ上がりです。

見たところ吉野家は「オーダーした後レジにて支払い」システムのようなので、オーダー前にまずは席を確保。

テーブルに目をやると、ありました。ありましたよコンセントが。

しかもタッチパネルまであるし!

タッチパネルにコンセントもあるなんて、もはや牛丼屋というかファミレスの域にまで来ていますね。いつの間にこんなことになっていたのでしょう。

ミニサイズの牛丼と生野菜のセットを頼んで、マックブックを充電します。

牛丼は普通!

牛丼は普通においしい牛丼でした。

3時ごろという微妙な時間のせいか混む様子もなかったので、しばらくブログをいじることにします。

午後3時に牛丼を食べながらマックブックで作業…

もはやオシャレなのかダサいのかよくわからなくなってきましたが、異空間的な感じがして悪くないです。たまにはいいかも。

まとめ

今回は「えっ、池袋西口の吉野家でコンセント充電できるの!?確認がてら実際に充電してきたよ!」でした。

今まで「薄汚いファストフード店」という印象が強かった牛丼屋。

ところが都内の吉野家は今こんなに綺麗になっているんですね。

牛丼屋自体もっぱらすぐ食べてすぐ立ち去る場所として認識していましたが、これからはスマホの充電がなくなったとき・ちょっと小腹が空いたときなどに「ちょっと休めるお店」として使えそうです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
今回訪ねた「吉野家 池袋西口店」の地図はこちらです!

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。