仕事・生き方の悩み

フランス語を活かせる仕事を探すには?【探し方】

フランス語、次いつ使うんだろう…

大学や留学でフランス語を学んだあなた。

帰国後、こんな風に思ったことはありませんか?

 

日本でフランス語を使う仕事を探すのは大変ですよね。

まして「フランス語+自分のやりたい事」が一致する仕事を探すのは、とても難しい事かと思います。

そこで今回は、「日本でフランス語を使う仕事を探す方法」を紹介していきます。

 

大学でフランス語を学んだから、仕事でも語学力を活かしたい!

でも、なかなかフランス語を使える求人案件が見つからない…

 

こんな方はぜひ、スクロールしていって下さいね。

 

まずチェックしたいサイト

以下のようなフランス関係の企業・組織のサイトには、よくフランス語を使う求人が掲載されています。

 

在日フランス商工会議所

中途採用の案件がメインです。稀にインターン募集もあります。

 

在日フランス商工会議所が運営する「求人情報専用サイト」は、中途採用のお仕事情報を中心に掲載しています。

インターンシップなど学生が応募できる求人も稀に見かけますが、あくまでメインは中途採用なので掲載数は決して多くありません。

 

ちなみに登録後は自己PRを記入しておくと、新規登録者として企業向けメール内で紹介してもらえるそうなので、登録時はPR文を載せておくと良さそうです。

 

 

日仏文化協会

留学支援や旅行業を行う日仏文化協会のページからも、求人情報を確認できます。

時期にもよりますが、アルバイトから正社員案件などさまざまな案件が掲載されています。

 

 

アンスティテュ・フランセ

日仏の文化交流やフランス語の教育を行う機関「アンスティテュ・フランセ」での仕事情報が掲載されています。

 

 

アテネ・フランセ

フランス語・英語、古典語などを教える学校法人「アテネ・フランセ」の求人ページです。

講師募集やフランス系企業など、外部機関での求人情報も一部掲載されているようです。

 

 

企業の採用ページ

大手のフランス系企業では、公式ホームページに採用情報を掲載していることがあります。

企業によってはインターンシップの募集を出している所もあるので、就活前の学生さんもこまめに覗いてみると良さそうです。

 

ただ一つ注意が必要なのが、多くの企業は「フランス企業の日本支社」という位置付けなので、日本で採用された場合は日本語の使用がメインになるかと思われます。

入社後に本社での勤務を目指すなど、長期的なキャリアを見据えられる方と相性が良いかもしれません。

 

リファラルの力を借りる

友人や知人にフランス企業の事情に詳しい方がいれば、空いているポストはないか尋ねてみてはいかがでしょうか。

  • 人手は足りていないが、求人掲載のコストがかかる
  • ちょうどポスト空きが出たばかり

このような企業もありますので、運が良ければ話が回ってくるかもしれません。

 

求人サイト

転職サイトなどで「フランス語」と検索をかけ、地道に調べていくのも方法の一つです。

ただ実際に仕事を探してみると、大手転職サイトでもフランス語系の求人は数十件程度しかヒットしないことも多々あります。

そのため、複数の求人媒体を横断検索されるのがオススメです。

 

まとめ

今回は、フランス語を活かせるお仕事を探せる場所についてでした。

 

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。