仕事・生き方の悩み

東京キャリアフォーラムに参加してみた感想・事前準備のポイントなど【2019年】

こんにちは!

2019年夏の「東京キャリアフォーラム」に参加しました、既卒生の佐藤です。

今回は当イベントの感想と、実際に参加してみて重要だと感じた事前準備のポイントについてまとめていきたいと思います。

 

東京キャリアフォーラムとは?

東京キャリアフォーラムとは、キャリタス就活などを運営する「株式会社ディスコ」が開催する、留学経験者・バイリンガル人材向けの就活イベントです。

 

この「キャリアフォーラム」は、東京の他にアメリカ・ボストンや、ロンドン、シンガポールでも開催されています。

 

東京では例年夏と冬に開催されており、東京ビッグサイトを使用して開催される夏のキャリアフォーラムが有名。

会場では企業がそれぞれブースを出しており、20分~1時間前後の説明会に参加することができます。

 

また、各社の新卒担当者の方に話を伺える機会も充実しており、会場でそのまま一次~二次面接に進めることも多々あります。

 

参加者の雰囲気は?

帰国子女や留学経験者を対象に開催されているとのことでしたが、どんな人が参加しているのでしょうか?

主観ではありますが、まずは参加者全体の雰囲気についてみていきたいと思います。

 

日本語使用率:8割くらい

参加者の雰囲気として、日本人らしき学生は8割ほど。

リクルートスーツを着用した方が多めでした。

英語で説明会や面接を行なっていたのは外資系スタートアップ企業程度で、企業とのやりとりはほとんど日本語で行われているようでした。

リクルートスーツ着用者:8割くらい

キャリアフォーラム参加者の服装は、8割くらいの方がリクルートスーツでした。

ただ足元や鞄など細かい所については人それぞれで、スーツ+リュックの人、スーツ+スニーカーの人などもいました。

 

 

なお1~2割くらいの方(特に留学生らしき方)は黒っぽい私服・オフィスカジュアル系の格好で参加していました。

オフィスカジュアル程度の服であればさほど浮くこともないかと思いますが、キャリアフォーラム公式ページではリクルートスーツが勧められているので、無難な選択肢としてリクルートスーツ類は準備した方が安心かと思われます。

 

キャリアフォーラムではリクルートスーツ着用が基本です。黒、紺、グレーなどビジネスに相応しいスーツでお越しください。ジーンズ、Tシャツなどのカジュアルな服装はご遠慮下さい。

(CFN 「服装・持ち物の確認」ページより)

 

このスーツ類も中々お金がかかる所がネックなのですが、最近は無料でリクルートスーツを借りられる「カリクル」や、月額制でスーツと鞄のレンタルが可能な「COCONI」等レンタルサービスもあるので、こうしたサービスを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

▲キャリアフォーラム用に購入したカバンです。5000円程度の割に丈夫だった上あまり安っぽく見えない良品だったので、この場でおすすめさせて頂きます…!

 

会場内の設備

次に、会場内の設備についてです。年度ごとに会場の仕様は変わるかもしれませんので、参考程度にご覧いただければと思います。

 

プリンターや文房具が使えるスペースがある

会場内には「ビジネスセンター」と呼ばれるコーナーがありました。

 

 

ビジネスセンターにはこうした物が用意されていて、履歴書の刷り増し等に利用できるようになっています。

 

会場の端にありました

 

はさみ・スティックのり・ホチキス類などが置いてあるので、会場についてから急に履歴書を手直しする必要が出たときも便利です。

ただ当日このブースを見てみると特にプリンター付近が大変混雑していたので、できれば会場に到着する前に履歴書は多めに刷ってくるなど、準備を整えておくと安心です。

 

コンセントもある

また5~10席ほど、「Charging Station(充電スペース)」というコンセントを使えるブースもありました。

ただしこちらも席数が限られているので注意が必要です。

 

また、当日は説明会後に電話で面接案内が来ることも多いため、電源切れは絶対に避けたいところ。

スマホ充電器は持参していった方が安全ですね。

 

 

軽食・休憩場所がある

会場内には、「Candidate Lounge(候補者ラウンジ)」という椅子・テーブルが用意されているブースがあります。

 

 

ここでは参加者が自由に休憩を取れるのですが、軽食を配っているコーナーもありました。

 

会場に着く前の準備

服装や履歴書など、東京キャリアフォーラムに参加してみて気づいた準備のポイントです。

 

履歴書は多めに

履歴書はあらかじめ多めに用意されることをお勧めします。

キャリアフォーラムには「Walk-in(ウォークイン)」というシステムがあり、例外もありますがほとんどの場合、事前に企業との面接アポを取っていない学生でも書類選考を受けることができます。

多くの企業では説明後に履歴書回収の時間を設けており、このタイミングで履歴書を提出するだけで一次面接の声がかかったりするのです。

 

事前の面接アポに加え、このウォークインも活用するなら履歴書はたくさん用意しておくに越したことがないかと思われます。

 

さまざまなキャリアフォーラムの参加口コミなどで言われていることですが、参加前に一度履歴書を多めに(最低でも10枚ほど)刷っておくと余裕を持ってブースを回れそうです。

また、説明会を英語で行う企業もあるので、できれば英語・日本語の両言語でレジュメを印刷しておくとより安心です。

 

スニーカーかパンプスか(女性向け)

スニーカーかパンプスかで迷われる方も多いかと思うのですが、平べったい靴で行ったほうが疲れにくいです。

東京キャリアフォーラム(夏開催)の会場は「東京ビッグサイト」を使用しているため、会場内でもかなり歩く距離があります。

ヒールのある靴を履いていると、会場の端から端まで歩くだけで体力を奪われてしまうので、なるべくフラットな履き慣れている靴をお勧めしたいです。

 

なお、キャリアフォーラムの公式ページでは革靴が推薦されていました。

靴は革靴を用意してください。会場内はとても広く、ブースを回るだけでも相当歩きますので、履き慣れている、歩きやすい靴を選んでください。新しい靴を買うのであれば、今から履き慣らしておきましょう。

(CFN 「服装・持ち物の確認」ページより)

 

ただ実際の参加者はコンバースのスニーカーなど、割と普通のスニーカーを着用されている人も多かったように思います。

 

スニーカーかパンプスかは、面接アポの有無や当日受ける企業に合わせて選ぶと良いかもしれませんね。

 

▲会場ではこんな感じの靴を履いている人が多かったです。白など明るい色はスーツと合わないので避けた方が良いかもしれません。

 

▲筆者が二次面接用に買った靴。外反母趾もちなのですが、こちらの靴はとても履きやすかったのでオススメ(スニーカーに比べると多少は疲れますが)。

 

まとめ

今回は、東京キャリアフォーラム (2019年夏)についてでした。

本記事が、これから就職活動をはじめる方の参考になることがあれば幸いです。

 

あとがき

なお、筆者はキャリアフォーラムで受けた企業に「サイレントお祈り」をかまされた模様です。笑

気になる方はぜひ下記の記事もご覧ください。

【お祈り】就活生に心底恨まれる「サイレントお祈り」って?【申し上げます(笑)】

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。