遺伝子検査キットレビュー

GeneLife(ジーンライフ)「DIET」をやってみた!【口コミレビュー・感想】

こんにちは、佐藤(@yuka56blog)です。

今回はダイエットに使える肥満遺伝子検査キット、GeneLife「DIET」使用体験をシェアしたいと思います!

GeneLife「DIET」とは

ジーンライフはジェネシスヘルスケア株式会社により提供されている遺伝子検査キットのシリーズです。

2019年7月現在で全9種類の検査キットを展開しており、豊富なラインナップが特徴。

「DIET」は肥満遺伝子の検査に特化したキットで、肥満に関する3つの遺伝子から「肥満のタイプ」と「太る原因」を調べてくれます。

 

公式ページはこちらから確認できますっ

 

関連記事:GeneLife(ジーンライフ)の遺伝子検査キットまとめ【2019年】

 

検査方法

 

 

検査方法は、綿棒のような採取棒で唾液を採るだけ。

 

 

キットに同封されている封筒に入れてポスト投函すると、レターパックで検査結果が送られてきます。

検査結果の報告書と、ダイエットレシピ冊子の送付がサービスに含まれています。

 

補足すると、DIETの検査キットには

  • ウェブ上で結果確認できる「Web版」
  • 紙媒体での結果送付がある「Web+紙報告書版」

以上の2種類があります。

今回試したのは「Web+紙報告書版」ですが、「Web版」は定価¥3,980(2019年7月現在)と、紙版より安く購入できます。

created by Rinker
GeneLife
¥3,271
(2019/10/13 20:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

検査結果はいつわかる?

公式ページなどによると、検査結果は約2〜3週間後に送付されるようです。こまめにポストをチェックしておきましょう!

今回の場合、検体提出から16日後に結果が送付されてきました。

 

検査結果

レターパックに同封されていたのは、

  1. ダイエット用レシピが書かれた冊子(写真右)
  2. 肥満のタイプや太る原因がわかる報告書(写真真ん中)
  3. ID・パスワードが書かれた紙(写真左)

以上の3点でした。

3番目のID・パスワード通知紙は、ウェブで検査結果を見るためのものですね。

 

検査結果の見方

GneneLife DIETの検査結果は以下の4タイプのうち、いずれかとなります。

 

 

この検査では「β3AR・UPC1・β2AR」という関する3つの遺伝子を調べてくれるのですが、各遺伝子の検査結果の組み合わせからダイエットタイプを出しているみたいです。

 

 

検査結果レポートによると、私の遺伝子型ダイエットタイプは「洋なし型」だとか。

 

洋なしって何だろう?

 

結果を参照してみると、これは遺伝的に「脂質の代謝が苦手」な人が当てはまるタイプだそう。

洋なし型の特徴は下半身から太りやすいこと、脂質代謝が苦手で脂質を蓄えやすく、体脂肪率が溜まりやすいなど。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

検査結果にはオススメの運動方法や、食事の注意点も記されていました。

 

検査の口コミ・感想

筆者はもともと太りやすく、中学校のときのマックス体重は56kg/160cm

それから2年かけて「56kg/160cm→48kg/160cm」まで落とした体重を維持するため、今もすごく運動・食事には気を使っています。

 

飲み会時は断固ハイボールっ…!!

 

普段はランニング週3、+ほぼ毎日低糖質食みたいな感じですね。

 

ダイエットを続けてかれこれ8年ほどの筆者ですが、本検査を受けるまで脂質で太りやすいとは全く気づきませんでした。

もしかして、糖質ばかり気にして高タンパク・高脂質の食事を続けてきた私は「非効率的なダイエット」をしていたのかもしれません。

 

そんな体験をもとに言うと、GeneLifeのDIETは

  • ダイエットが少しマンネリ化してきた方
  • 最近思うように痩せなくなってきた方

にほど価値があるのではないかと思います。

 

ご存知かもしれませんが、ダイエットの出だしは意外と簡単。

1日の運動量や食事量を調整し、「消費カロリーが摂取カロリーを上回る」状態をキープすると勝手に痩せていくものです。

 

 

そのため、どんな人でも最初の数キロは生活習慣・運動量を見直せば割と簡単に痩せるのです…が。

 

5キロ・10キロ以上の減量など長期的なダイエットに取り組んでる方は特に、思うように痩せない停滞期を体験したことがあるはずです。

そんなダイエット方法が鈍くなってきたときこそ、自分の力では変えられない遺伝子のアドバイスを参考にしてみると良いのではないでしょうか。

遺伝的な太りやすさ・脂質/糖質/タンパク質代謝の傾向など、意外な脱出路が見えてくるはずです。

自分に合わせたダイエットプランを立てられる所が特徴ですよね

 

 

購入時の注意点

あとこれから購入される方へ向けて、1つだけ注意点を!

検査キットは「医療行為」ではない

この遺伝子検査は「医療行為には該当しないもの」です。

検査結果は診断ではなく、医師の診断内容や処方箋を置き換えるものではありません。

あくまで生活習慣のアドバイスを得るためなどの使用が前提となっているので、参考程度の検査と捉えて臨みましょう。

created by Rinker
GeneLife
¥3,271
(2019/10/13 20:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめは断然「Web版」

あと、先ほどGeneLife DIETには

  • ウェブ上で結果確認できる「Web版」
  • 紙媒体での結果送付がある「Web+紙報告書版」

の2種類があると書きましたが、

  • レポートの内容に両者で全く違いがない
  • ウェブ版の方が安い

こうした理由から、オススメは断然ウェブ版です。

 

created by Rinker
GeneLife
¥3,271
(2019/10/13 20:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

あと、紙版はレターパックで来るので毎日ポストをチェックしていないと気づきにくいです。

これは単に佐藤がズボラなだけなのですがね。

 

まとめ

今回はGeneLifeの「DIET」を使ってみた体験談でした。

GeneLife「DIET」について、まとめると…

  • 3種類の遺伝子をチェック
  • 検査結果は4種類
  • 自分の遺伝要素に合った肥満の傾向/対策方法がわかる!

こんな感じでしょうか。

ダイエットをこれから始める方はもちろん、最近体重の減りが悪くなったダイエッターに一押ししたい検査キットでした。

本ブログ「メリメロ」では他にも遺伝子検査キットの使用体験についてアップしているので、気になる方はぜひ見ていってください。

本記事がご参考になることがあれば幸いです〜!

created by Rinker
GeneLife
¥3,271
(2019/10/13 20:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。