同級生

大卒時に捨てて良かった3つのモノ【コラム】

無名ブロガーなのにコラムとか書いちゃう!!

こんにちは、佐藤ユカです。

最近大学生にオススメの財布やらマッチングアプリ記事やら、アフィリ系の記事を書いて疲れてきました…お金は大好きなので苦にならないのですけどね!

なのね、今日は難しいことは考えず「大卒時に捨てて良かったもの」について垂れ流していきたいと思います。(完全主観です)

持ち物

まず大卒時、持ち物自体を減らしました。

一人暮らしの学生マンション(1K)からシェアハウス(6畳一間)に移るとき、

  • レンジ洗濯機等の家電製品
  • 服15着
  • 靴5足

最低このくらい捨てました。

服とか実は30着くらい捨ててたかもしれません。

本や留学中の教材は捨てられなかったので実家に送ったのですが、やっぱり持ち物や装飾品がないとスッキリしますね!

洋服の数を減らしたせいか、毎朝何を着るか迷う時間も減った気がします。

使わないライングループ

二つ目はこちら、使わないライングループです。

皆さんもありませんか、

  • 活動停止状態の仲良しグループライン
  • 学部全体ライン(誰も投稿しない)
  • 遅刻報告以外に使わないゼミライン

とか。

もう二度と会わない仲良しグループラインの一つくらいあっても害はないのですが、消すとスッキリするのですよね。

あとアドレス帳やら友達一覧が長ったらしいと、本当に連絡したい人の名前を探しづらくなってしまいます。

不要なグループ・友達の名前ばかり出ると、連絡を取りたい人を探す気すら無くなっちゃいますしね!

人間関係も定期的な掃除が大事だと思うのです。

 

フェイスブックの知らない友達削除

ラインのグループ退出と似たような感じですが、フェイスブックの友達も大幅に減らしました。

100人くらい一気に削除すると気持ちいいです。

16歳くらいの頃は「SNSの友達数が多い=スゴい」と思っていたこともありました。

でも23年くらい生きていると、名前すら思い出せない知り合い・友達(?)
がたくさん出てくるんですよね。

それで改めてフェイスブックの友達リストを見てみると、この先全く関わることがなさそうな人がほとんど。

実際にこれからもたまに会いたい!と思えるような友達っぽい人は体感2割程度でした。

よく現代人は人間関係が希薄と言いますが、実際人間が関わっていられる人の数って知り合った人の2割程度なんじゃないかと思うんですよね…

というわけで、名前を思い出せない人や一緒に過ごした思い出がない方はバンバン削除。

友達数200人くらいまで整理しました。

10代の自分にしてみたら「削除するほど友達多いっていいな!」と思ってたかもしれませんが、20代になると余計な人間関係は面倒なのですよね…。

 

まとめ

今回は何の脈略もなく「大卒時に捨てて良かったもの」についてでした。

  1. ラインの友達やグループ
  2. 持ち物
  3. フェイスブックの友達

こうして見ると、SNSの人間関係が多いですね!元々あまり友達が多くないので、捨ててみてスッキリした気分ではありますが。

 

みなさんが今一番捨てたいものは、何ですか?

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。