上司

「ちゃん付け」してくる上司って何考えてるの?【職場】

こんにちは、底辺ブロガーの佐藤(@yuka56blog)です。

 

皆さんの周りにもいませんか?

 

しずくちゃ〜ん
さっちゃ〜ん

 

人を「ちゃん付け」で呼んでくる上司。

同期ならまだしも、10歳以上も年上の上司に呼ばれると気持ち悪いですよね。

 

この上司たちは何を考えているのでしょう?

 

無い知恵絞って推測してみました。

 

※以下、筆者の完全主観です

結論:特に何も考えてない

思うに、彼らは特に何も考えていないのです。

特に何も考えていないから、職場でちょっと若い・可愛い人を「ちゃん」で呼ぶことに抵抗が無いのです。

 

人をちゃん付けで呼ぶ上司には、大雑把な人が多くありませんか?

もし、ほんの少しでも

 

部下の扱いは公平にしたい

ハラスメントには気をつけたい

 

こんな思いがある上司なら、大人の女性を「ちゃん」付けをしようという発想すら湧いてこないと思います。

 

ちゃん付けがダメな理由

いや待てよ、何故ちゃん付けはダメなんだ。こっちはフレンドリーに接しているのに!!

プンプンされている方も居るかもしれません。

でも、おじさんの「フレンドリー」は、たいてい若者スタンダードの「図々しい」だったりするんですよね…。

なぜ、ちゃん付けはダメなのでしょうか。

よく指摘されている理由をまとめてみます。

 

職場にふさわしくないから

本人はフランクなつもりでも、「ちゃん付け」を多用していると同僚や部下にだらしない・けじめがない印象を与えてしまいかねないようです。

 

普通は子供に使う言葉だから

ちゃん付けは通常、子供や小さくて可愛らしい物に付けるもの。

親しい間柄でならまだしも、20歳を超えた大人に「〜ちゃん」付けはあまり一般的ではありません。

 

図々しいから

上司と部下で世代が異なれば尚のこと、二人の間には「同じ仕事をしている」という点以外に共通点がありません。

そんな上司から突然「ちゃん付け」で呼ばれたら、ちょっと図々しいと思われてしまうようです。

 

相手はニコニコしていても内心

(小学生じゃあるまいしww草生える〜)
(テメーといつ友達になったよ)

と思われかねないので、職場ではやはり「さん付け」が無難と考えられそうです。

 

セクハラと間違われる?ちゃん付けの使い方

このちゃん付け、使い方によっては部下からの信頼を損なったり、セクハラと取られてしまう場合もあります。

一人だけ

例えば

  • 新入社員
  • お気に入りの社員

こんな社員の一人だけに「ちゃん付け」をしていると、贔屓しているのではないか・社外でも親しい関係なのかと要らない誤解を招きかねません。

呼び方一つとはいえ、人間とは不公平や不平等に厳しい目を向けがちなので、職場ではやはり「さん付け」ではないでしょうか。

 

まとめ

今回は職場でのちゃん付けについてでした。

皆さんはちゃん付けしてくる上司、どう思いますか?

以上、底辺ブロガーの佐藤(@yuka56blog)でした。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。