日本語

「進取(しんしゅ)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、SPIによく出てくると言われている単語「進取(しんしゅ)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「進取(しんしゅ)」の読み方・意味

「進取」と書いて「しんしゅ」と読みます。

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で意味を調べてみると、このように記されていました。

 

みずから進んで物事に取り組むこと。

(引用元:「進取(シンシュ)とは – コトバンク」より)

 

積極性・自発性を持って物事に取り組むような雰囲気が感じられますね。英語で言うと「proactive」あたりが近そうです。

 

この「進取」は鹿児島大学住友商事などの理念/事業精神にも見られ、

  • 進取の精神
  • 進取の気風(または気性)

といった使われ方がされていました。

 

四字熟語だと進取果敢」(ある事に対して自ら積極的に、かつ大胆に取り組むこと)という言葉もあります。

 

【例文】

我が家の長男には進取の気性がある。

まとめ

今回は「進取(しんしゅ)」という言葉についてでした。

  • 進取…自ら進んで物事に取り組むこと

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

以上、底辺ブロガーの佐藤(@yuka56blog)でした。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。