日本語

「墨守(ぼくしゅ)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は「SPIによく出てくる」と言われている単語、「墨守(ぼくしゅ)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「墨守(ぼくしゅ)」の読み方・意味

「墨守」と書いて「ぼくしゅ」と読みます。

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で調べてみると、意味・成り立ちはこのように記されていました。

 

[名](スル)《中国で、思想家の墨子が、宋の城を楚(そ)の攻撃から九度にわたってったという「墨子」公輸の故事から》自己の習慣や主張などを、かたく守って変えないこと。「旧説を墨守する」

(引用元:「墨守(ボクシュとは) – コトバンク」より)

 

墨汁など文房具の「墨」が関係しているのかと思っていましたが、全然違いました。

墨守の墨は、中国の思想家「墨子」から取っているんですね。

 

「古くからのしきたり・伝統を守る」というポジティブな意味または「伝統にとらわれ過ぎて融通がきかない」というネガティブな意味でも使われます。

 

【例文】

  • お客様第一の姿勢は、今後も墨守していく所存です。
  • 残業文化を墨守する会社に嫌気が差し、転職活動を始めた。

まとめ

今回は「墨守(ぼくしゅ)」という言葉についてでした。

  • 墨守…自己の習慣や主張などを、かたく守って変えないこと。

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

 

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。