日本語

「僥倖(ぎょうこう)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、SPIにもよく出てくると言われている単語「僥倖(ぎょうこう)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「僥倖(ぎょうこう)」の読み方・意味

「僥倖」と書いて「ぎょうこう」と読みます。

 

僥倖の「僥(ぎょう)」ですが、遠目には何がどうなっているのか分からないので拡大してみましょう。

こうなってるみたいです。

土が3つ重なった「垚」と、「兀」という字を合わせているようです(参考)。

 

僥倖の意味について、辞書の横断検索サイト「コトバンク」で意味を調べてみると、このように記されていました。

 

⒈思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」
⒉幸運を願い待つこと。

(引用元:「僥倖(ギョウコウ)とは – コトバンク」より)

 

思いがけない幸いという意味だそうです。

「棚からぼたもち」的な意味で捉えても大丈夫そうですね。

 

グーグルの検索キーワードを探していると、将棋棋士・藤井聡太もデビュー戦から20連勝を達成したときのインタビューで

 

自分の実力からすると、僥倖(ぎょうこう)としか言いようがない

 

と「僥倖(ぎょうこう)」を用いて答えていたそうです。

 

まとめ

今回は「僥倖(ぎょうこう)」という言葉についてでした。

  • 僥倖…思いがけない幸い。

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役立つ日が来るかもしれません。

 

なお「僥倖ダンス」という楽曲があり、こちらも合わせて聞いてみると覚えやすそうですよ!

 

 

あとがき

なかなかこの「僥」が登録されているフォントが少なく、はじめてアイキャッチに通常使わないフォントを入れました。ドキドキ

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。