日本語

「愁眉(しゅうび)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、就活生の頭を悩ますあのテスト「SPI」によく出てくると言われている単語、「愁眉(しゅうび)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「愁眉(しゅうび)」の読み方・意味

「愁眉」と書いて「しゅうび」と読みます。

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で調べてみると、意味はこのように記されていました。

 

心配のためにしかめるまゆ。心配そうな顔つき。

(引用元:「秀美(シュウビ)とは – コトバンク」より)

 

なお、同じ読み方の「秀美(しゅうび)」は「すぐれて美しいこと」を意味します。

「愁眉を『開く』」という言い方で、心配ごとが無くなってほっとした・安心した顔つきになることを指すみたいですね。

 

筆者は外国語系学部出身なので、はっきり申し上げて古典や漢文には疎いのですが…

  • 眉目秀麗(びもくしゅうれい)…顔立ちが整っていて美しいさま
  • 愁眉を開く(しゅうびをひらく)…心配そうな顔つき

など、日本語には「眉」と「顔立ち全体」の結びつきが強い表現が多い気がします。

 

昔の人がいう「眉」と現代人の指す「眉」にはどんな違いがあるのでしょうか。

すごく気になりますが、一度調べると長い記事になりそうなので、また別の機会にみてみたいと思います。

 

まとめ

今回は「愁眉(しゅうび)」という言葉についてでした。

  • 愁眉…心配そうな顔つき

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。