ことばと語学

「焦眉(しょうび)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、ちょっと難しめの日本語「焦眉(しょうび)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「焦眉(しょうび)」の読み方・意味

「焦眉」と書いて「しょうび」と読みます。

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で調べてみると、意味はこのように記されていました。

 

がすほど、火が身近に迫っているから》危険が迫っていること。差し迫った状況にあること。「焦眉の問題」

(引用元:「焦眉(ショウビ)とは – コトバンク」より)

 

「眉を焦がすほど、火が身近に迫っている意」…

 

危険との距離、近スギィ!!

 

眉毛を焦がすくらい目の前に危険があったら、もう防ぎようがありませんよね…?笑

 

現実に起こると最悪な状況ですが、そのくらい切迫した状況を指すときに使えそうですね。

 

調べてみると、差し迫った危険や急務を表すことばに「焦眉の急」という表現もありました。こちらもあわせて覚えてみましょう。

 

  • 三省堂「スーパー大辞林」、(Macbook内臓・バージョン2.3.0 (203.16.12))。
  • コトバンク「焦眉の急」、(2019年10月6日アクセス)。

 

まとめ

今回は「焦眉(しょうび)」という言葉についてでした。

  • 焦眉…危険が迫っていること
  • 焦眉の急…差し迫った危険

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。