オピニオンと体験談他

遺伝子検査だけで仕事が決まる世界「GATTACA(ガタカ)」(1997年)を見て【あらすじ・感想】

こんにちは!

既卒就活をはじめて2ヶ月目くらいの底辺ブロガー・佐藤(@yuka56blog)です。

突然ですが、就活って疲れませんか?

就活って結局は企業+人事との相性で決まっちゃうようなモンなのに、バカ高いリクスー買って説明会やオンシャまで赴くって、本当にクソイベントでしかないですよね。

 

あぁ、相性診断だけで合否が決まる面接システムとか、ないかなぁ…

 

というわけで、今回は「遺伝子検査だけで面接の合否が決まっちゃう」カオスな世界を描いた映画「GATTACA(ガタカ)」についてです。

 

ガタカ(1998年)

(出典:IMDb

そう遠くない未来。

 

人の一生は、遺伝子の質で決まる。

 

遺伝子操作を受けて生まれた子供は「適合者」。

遺伝子操作を受けずに性行為で生まれた子供は、能力がアンバランスな「不適合者」と定められ、両者が住む世界は区別されていた。

適合者は受けられる教育や活躍できる仕事の選択肢がある一方、不適合者が就ける仕事は低賃金労働のみ。

 

若い両親の過ちにより不適合者として生まれたヴィンセントは、清掃員として働きながら、適合者にのみチャンスが与えられる宇宙飛行士になる夢を持っていた。

そんなある日、闇業者から事故で選手生命を絶たれたアスリート・ユージーンの遺伝子を手に入れる。

ヴィンセントは借りた血液や頭髪で身体を偽装し、宇宙局に潜入する。

 

時間 2時間1分
ジャンル SF、ヒューマンドラマ
原題 GATTACA
Amazonへ https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00EWDDNCI

 

気になったシーン・感想 ※序盤ネタバレあり

この映画は「遺伝子の質」で人生のほぼ全てが決まってしまう世界の話なのですが、就職も例に漏れず、100%遺伝子勝負です。

履歴書を渡すときについた指紋、落とした頭髪などから簡単に適合者・不適合者の見分けがつき、もちろん不適合者だと分かれば一発で不採用。

人種や見た目ではなく、遺伝子の違いによって差別が横行する世界ですね。

 

さて主人公・ヴィンセントは遺伝子を偽装するため、事故で車椅子生活になった元アスリート選手・ユージーンから、血や尿、髪の毛などあらゆる身体部位の提供してもらいます。

もともと顔が似ていたこともあり、見事ユージーンそっくりの見た目になったヴィンセントは宇宙局まで面接を受けに行くのですが…

面接と言っても、遺伝子検査のサンプルを出すだけ。

 

優秀なアスリートの遺伝子を借りたヴィンセントはもちろん一発合格です。

 

こちらがそのシーンの台詞。

 

Congratulations!” (doctor)
What about the interview?” (Vincent)
That was it.” (doctor)

(出典:「Gattaca: Quotes: Vincent」)

(訳:「おめでとう!」「インタビューは?」「もう終わったよ」)

 

面接結果が出るまで2秒。結果もその場で即通知です。

 

採用プロセス、シンプルスギィ!!

 

このくらい簡単な採用試験で宇宙飛行士を目指せるのなら、就活文化とかとっくのとうに淘汰されてそうですよね。笑

今の就職・転職も、性格診断とウェブテだけで入社できるようになったりしないかなぁ…。

面接とか本当に、人事との相性8割でしかないと思うんですがね。

 

ただこの映画の世界は、「そう遠くない未来」とか言いつつ、わりと近い未来に実現しそうだから少し怖いですよね。

「ガタカ」は1997年にアメリカで公開された作品なのですが、ついこの前(2018年)中国で遺伝子操作を受けた子供が生まれたそうですし。

 

アメリカでは祖先のルーツや病気のリスクがわかる個人用遺伝子検査キットがブームになっていたり、日本でも遺伝子に合わせたゲノム治療やらが広まりつつある様子を見ていると…

もうそう遠くない未来どころか、あと20年くらいで割とガタカっぽい世界になりそうな気がします。

 

「人類を適合者と不適合者に分ける!」レベルまでは行かないでも、年収より遺伝子の質で結婚相手選ぶとか。

割とあり得そうですよね。

 

本映画の監督はアンドリュー・ニコル。

「トゥルーマン・ショー」(1998年)や、時間が通貨になる世界を描いた「タイム(In Time)」などを手がけています。

こちらも映画としてはSFモノのジャンルに入るのですが、元アスリートの遺伝子提供者・ユージーンと主人公が心を通わせるような場面であったり、ヴィンセントが適合者の弟に対して抱えているコンプレックスであったり…

割とヒューマンドラマ的な要素が濃いので、普段ドラマ系の映画を見ている方にもおすすめです。

視聴方法

こちらの映画は2019年10月現在、アマゾンでは「レンタル作品」の扱いとなっています。

価格もそんなに高くないのでAmazonで見ても良いのですが、U-NEXTでは見放題作品の対象となっているので、会員の方は無料で見られます。

さらにU-NEXTには31日の無料トライアル期間がありますので、無料で視聴したい方はぜひこちらを利用してみて下さい。


まとめ

今回は1997年のSF映画「ガタカ」についてでした。

 

遺伝子で人生の全てが決まる世界の映画

SF系だけどドラマ映画要素もたっぷり

U-NEXTで観ると幸せ

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。