オピニオンと体験談他

23歳、人生2度目の矯正治療「精密検査を受けてきた」【体験談】

こんにちは、底辺ブロガーの佐藤(@yuka56blog)です。

前回(【Eライン】全貯金60万をかけて抜歯矯正をはじめたきっかけ【欲しい】)から引き続き、矯正治療の体験を、一患者としての視点でポツポツ書いていきたいと思います。

 

 

矯正治療に興味のある方は、お付き合い下さい。

 

矯正歯科の「検査」のながれ

どの矯正歯科でも、カウンセリングを受けて治療をはじめる前に、必ず「精密検査」というものを受けます。

この精密検査にかかる費用は、都内の医院で3万円~4万円程度。

高い所だと6万円ほどする場合もあるようです。

 

この検査で何をするのか?と言うと、以下のようなメニューが含まれています。

 

  1. X線での写真撮影
  2. 口腔内・顔面の写真撮影
  3. 歯型採取

 

医院によって検査の進め方などに若干の違いはあると思いますが、どこでもだいたい同じ内容です。

(筆者は1つ目の矯正を札幌で、2つ目を東京で行ったのですが、どちらもだいたい似たような検査でした)。

 

所用時間はだいたい1時間くらいでしょうか。

 

検査時点で難しいことは何もなく、X線の撮影マシン前にボーッと立っていたり、一眼レフカメラで横顔や正面写真を撮られたりするだけです。

 

ただ、ちょっとだけ面倒だったのが歯型採取。

 

歯型を採取するときに、粘土(?)のような材料を歯列まわりに詰められるのですが…この材料を詰められている3分程度だけ、やや苦しい気分です。笑

上と下の歯列はもちろん分けて採取するのですが、口内の一部が謎の物体で詰められているとちょっと窮屈な感じがします。

 

でも歯型の採取は数十分やそこらで終わりますし、カウンセリング後は患者としても「これから歯を綺麗にしていくぞ!」とモチベーションが高いときなので、検査自体は本当に気楽です。

むしろ矯正治療で一番辛いときは、抜歯した後の痛みだったり、矯正器具をつけた直後の痛みを感じるとき、保定期間のリテーナーやゴムかけが面倒なときでしょうかね。

 

まとめ

今回は、「矯正治療の精密検査」に関する体験談でした。

次はいよいよ「抜歯・矯正器具の装着」関連の話になるかと思います。

これからもう一度、あの痛い思いを繰り返すのか〜と思うとちょっと気が遠のきますが、何としてもEラインを手に入れたいので、頑張って治療を進めていきたいと思います!

以上、抜歯矯正治療に向けて準備中の底辺ブロガー・佐藤(@yuka56blog)でした♪

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。