オピニオンと体験談他

RPAについて、分かりやすく説明してある本の紹介【書籍】

こんにちは、都内ではたらく底辺ブロガーの佐藤(@yuka56blog)です。

突然ですが、「RPA(Robotic Process Automation)」をご存知ですか?

RPAとは、データ入力など私たちがふだんパソコンで行う作業を自動で行ってくれるツールで、人間の業務効率を改善してくれる「ソフトウェアロボット」です。

先日このRPAについて知る必要が出たため、書店に駆け込んでそれっぽい本を何冊か購入してきました。

今回は、これらの書籍を中心に紹介したいと思います。

 

「RPAの威力」(2017年)

created by Rinker
¥1,980
(2019/12/10 11:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

とにかく分かりやすい一冊です。

ITやテック関連に疎い人にもオススメ。

 

著者の安川慶嬉氏と金弘潤一郎氏はアビームコンサルティングに勤めていらっしゃる方で、さすがコンサルとも言うべきか、図なども挿入されていて分かりやすい。

 

本を手に取るまで「RPAってなにそれ、おいしいの?」レベルだった読者でも、スルスル読めました。

 

本はこれまでにRPAを導入してきた大手企業の例を取り上げつつ、

  • RPAとは
  • RPA導入のコツ
  • RPAによってどのように会社と働き方が変わるか

といったコンテンツが中心になっています。

 

RPAの知識全般と「導入を成功させる方法」的な話が多め。

RPAに興味がある一般の方をはじめ、導入を検討されている企業に勤めている方にも発見が多い一冊です。

 

created by Rinker
¥1,980
(2019/12/10 11:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

「RPAの真髄」(2019年)

created by Rinker
¥1,980
(2019/12/10 11:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

前の項目で紹介した「RPAの威力」の約1年後に発売された本です。

 

「RPAの威力」では主に大企業のRPA導入例を取り上げているいっぽう、こちらは中小企業の導入例にフォーカスした内容となっています。

前作とあわせて読むと、ここ数年での国内RPA事情についての文脈が掴みやすくなります。

 

「小さな会社が自社をRPA化したら、生産性がグーンとアップしました。」(2019年)

 

まだ読めていないのですが、中小企業の導入例について詳しく書いた本がもう一つあります。

こちらの本は著者自らが運営する会社にRPAを導入した話がもととなっており、RPA導入に関する気づきが経営者視点で記されています。

中小企業の導入例について知りたい方は、あわせてチェックしてみて下さい。

 

「図解入門最新RPAがよ〜くわかる本」(2018年)

created by Rinker
¥1,760
(2019/12/10 11:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

先ほど紹介した「RPAの威力」「RPAの真髄」は三省堂書店(池袋店)のビジネス書棚に並んでいたのですが、こちらは技術書系の棚に分類されていました。

この「図解入門最新RPAがよ〜くわかる本」では、RPAの基礎〜導入のステップについて紹介されています。

序盤ではRPAとは何か、できること・できないことなど初心者向けの内容が中心。

 

中盤から終わりにかけては

  • 導入の手順
  • RPAツールの種類

など、導入に向けた具体的な話に比重が置かれています。

 

読み物要素がある「RPAの威力」「RPAの真髄」に比べ、こちらは1ページごとに要点がスッキリまとめられていることが特徴。

 

こんな感じで、図も多く読みやすいです

 

はしがきに「限られた時間のなかで、興味のポイントにしたがってお読みいただけるように工夫しています」とあるように、サクッと読める&後でつまみ読みしやすいことがポイント。

 

早い人なら20分もかからず読めるでしょう。

 

created by Rinker
¥1,760
(2019/12/10 11:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

「働き方改革時代の行政の業務改革戦略」(2019年)

created by Rinker
学陽書房
¥3,080
(2019/12/10 11:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

サブタイトルは「職員減、働き方改革に対応したAI、RPA、IoTなど進化するBPR!」。

RPAの話というよりは、行政機関がどのようにテクノロジー全般を導入していくか、という内容の本です。

結構アカデミックっぽい内容なので、卒論などの資料としても良さそう。

企業の研究所に勤めている方や、大学の教授職の方など複数名で執筆されています。

RPAの話はだいたい20ページほどしか出てこないのですが、「行政×RPA」というニッチな視点の情報が詰まっています。

 

まとめ

今回は「RPA関連の書籍」についてのレビューでした。

書店でいろいろな本を手にとってみましたが、RPAはその技術自体が新しいため、あまり日本語でまとめた書籍が少ないのが現状です。

ただその中でも「RPAの威力」「RPAの真髄」は非常に読みやすく、RPAそのものについての知識はもちろん、日本企業でのRPAの導入状況を把握できる素晴らしいシリーズでした。

文系でも頭に「RPAとは何か?」概念がキッチリ入る読みやすさ・分かりやすさから、まずは「RPAの威力」を読んでみることをおすすめしたいです。

 

created by Rinker
¥1,980
(2019/12/10 11:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

その上で、もう少し深く知りたいということであれば「RPAの真髄」もあわせて買ってみると良いかもしれません。

 

created by Rinker
¥1,980
(2019/12/10 11:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。