ことばと語学

「恣意(しい)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、日本語の難単語「恣意(しい)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「恣意(しい)」の読み方・意味

「恣意」と書いて「しい」と読みます。

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で意味を調べてみると、このように記されていました。

 

自分の思うままに振る舞う心。気ままな考え。「選択は恣意に任せる」「恣意的判断」

(引用元:「恣意(シイ)とは – コトバンク」より)

 

よく「恣意的に」などと使われているのを目にしますが、「恣意」は「勝手や思いつき」で振る舞うことを指すので、決してポジティブな意味では無いようです。

 

次は「恣意」を成す漢字をみていきましょう。

恣意の「恣(し)」の意味は、「かって気まま、ほしいまま」。

 

「恣」は訓読みの場合、「ほしいまま」と読むんだそう。

漢字1文字なのに音が多いですね。

なお実際にMacbookで「ほしいまま」と打ち込んでみると、この漢字「恣」が変換されます。すごい。

 

まとめ

今回は「恣意(しい)」という言葉についてでした。

  • 恣意…自分の思うままに振る舞う心

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。