ことばと語学

「桎梏(しっこく)」ってどんな意味?【日本語】

こんにちは!

今回は、ちょっと難しい日本語「桎梏(しっこく)」の意味を調べてみたいと思います。

 

「桎梏(しっこく)」の読み方・意味

「桎梏」と書いて「しっこく」と読みます。

 

辞書の横断検索サイト「コトバンク」で意味を調べてみました。

 

《「桎」は足かせ、「梏」は手かせの意》人の行動を厳しく制限して自由を束縛するもの。「因襲の桎梏から逃れられない」

(出典:「桎梏(シッコク)とは – コトバンク」)

 

「桎」は足かせ、「梏」は手かせの意味です。

 

あわせてMacbook内蔵の「スーパー大辞林」を引いてみると、「桎梏」は以下のように定義されていました。

 

行動・生活などの自由を厳しく束縛するもの。梏桎。を逃れる家庭がとなる武士道,校風…いろ〱の道義的で,圧迫されたあくび•潤一郎

(出典:「スーパー大辞林 – 辞書バージョン2.3.0 (203.16.12)」)

 

「行動・生活などの自由を厳しく束縛するもの。」ということで、「桎梏」は行動の束縛についてだけではなく、生活や考え方の束縛についても使える言葉でした。

 

ちなみに英語で「手枷」は handcuffs 、「足枷」は fetters または legcuffs と言うそう。

 

▲handcuffs

 

handcuffs などの類語としてしばしば「shackles」も挙げられますが、調べてみるとこちらは手枷足枷どちらのことも指すよう。

語源を調べてみると、オランダ語で「結ぶ・繋げる」を意味する「schakel」に由来しているんだとか。

 

shackles(出典:Wikipedia

 

ただし、shackles の場合はもっぱらU字型になった物を指すので、日本人が思う「手枷足枷」とは若干イメージが違うかもしれませんね。

 

まとめ

今回は「桎梏(しっこく)」という言葉についてでした。

  • 桎梏…人の行動や生活を制限するもの。手枷・足枷。

日常ではあまり聞きませんが、覚えておくと役に立つ日が来るかもしれません。

 

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。