社会のあれこれ

【本当に】便利と言われる国、日本に住んでいて不便だと思うもの4選【スゴイ?】

こんにちは、底辺ブロガーの佐藤です。

物心ついたときから民法のテレビが嫌いで、バラエティ番組のケバケバしいテロップを見ると鳥肌が立つ23歳です。

それでも年末年始など、付き合いでテレビを見ることがあるのですが…

やれ、

 

なんでも手に入る便利な日本!スゴイデッス!

 

と訪日外国人に「日本のすごさ」をコメントさせるような番組とか、

逆に

 

司会
司会
XX国の日本人妻はスーパーが平日しか開かない不便な国に住んでいる!日本じゃ考えられない〜?外国の生活を注目!

 

のように「海外を落として日本を持ち上げる」ような番組も見かけます。

 

しかしこのような番組を見かけるたび、

「日本も普通に不便なところ、あるよね?」

と反論したくなる自分がいます。

 

どんな先進国でも便利なところ、不便なところはあるのに、手放しに「日本はすごい」と訴える番組を見ると、ちょっとモヤモヤするんです。

 

というわけで今回は、「日本に住んでいて不便だと感じたもの」を勝手にランキング付けして挙げていきたいと思います。

 

第1位:クレカはお断り「現金文化」

消費者取引を占めるキャッシュレス決済額の割合は、韓国で9割、スウェーデンで5割。日本は2割程度に留まっているそうです。(参考

大都会・東京ですら未だに現金オンリーの店が多く、商店街にある店ならほぼ100%「お支払いは現金のみ」。

 

某大手ファミリーレストランでもクレジットカード払いに対応していなかったときは、「この国、クレカ1枚で出歩けないやんけ!」と不満を感じざるを得ませんでした。

 

クレジットカード・電子マネー・バーコード決済、これら全てが使えないお店も珍しくありません。

最近はバーコード決済も流行りはじめているそうですが、そろそろ「キャッシュレスは当然」的文脈があって欲しいです。

飲食店を選ぶとき等、あらかじめクレジットカードを使えるかどうか調べるのも面倒ですし…。

 

小銭もなるべく持ち歩きたくないのです

 

第2位:忘れると大惨事「ハンコ」

日本の不便な所ランキング、第2位は「ハンコ」。

銀行口座を開設するにも、部屋を借りるにも必ずコレが要ります。ハンコを忘れたら口座を開けません。近所のハンコ屋まで買いに行くしかないんです。

最近は簡単な書類であれば、サインでも可としている場合も多いのですが…

 

シャチハタ不可、サイン不可、電子署名不可。

 

こんな縛りがある書類に捺印するときは面倒ですよね。

朱肉も用意しないといけないし。

ハンコなんていくらでも偽造できそうなのに、なかなか不思議な慣習だな〜と感じます。

 

ハンコとITの両立とか、本当に実現できるんでしょうかね

 

第3位:気づいたらチラシの山「紙」

日本の不便な所その3は、「紙文化」。

仕事を始めたり、部屋を借りたり、保険に加入すると、パンフレットだの特典のご案内だの、不要な書類が山のように手渡されます。

 

ところで筆者は派遣社員なのですが、就業時に「就業のしおり」を2冊も渡されたことがありました。

 

2冊ともまったく同じ内容のしおり。

一体何が違うのかと眺めていると、担当者が一言。

 

一つは白黒印刷で、一つはカラー印刷です!

 

紙の無駄やんけ!!と思わざるを得ませんでした。笑

 

あともう一つ不可解な現象は、宅配ボックスにブチ込まれる大量のチラシ。

いちいちチラシに目を通している人の方が希なのに、なぜこんなに紙媒体にこだわるのでしょう。

 

ゴミ捨てとかも面倒なので、ペーパーレスの方向に舵を切っていただきたいですね…。

 

第4位:ゴミのマトリョーシカ「過剰包装」

開けるとき面倒なプラスチック包装にも、時たまウンザリしてしまいます。

例えばコンビニで麺類を買うと、プラスチックの器、汁の袋、麺を覆うフィルム、わさびの袋…と、ゴミがマトリョーシカのように出てくるのです。

清潔なのは良いのですが、食べるまで一苦労。私がせっかちなだけでしょうか

 

こりゃ北極も溶けるわな、とか思いながら食べております

 

日本にいるときはそれほど奇妙に感じなかったのですが、おそらく一食の麺のためにこれだけのプラスチックゴミが出る国はなかなか無いと思います。

 

また、学生時代デパートでバイトしていたのですが、百貨店の包装はかなりボリューミーですよね。

一杯のお猪口を贈るために、プチプチを何重に巻く勢いで包装する勢い。

割れないように、という気配りは分かるのですが…開ける側も面倒だし、何かもっと良い方法は無いのでしょうか。

 

まとめ

今回は、「便利と言われる国・日本に住んでいて不便だと感じたもの」についてでした。

 

 

散々文句を垂れてきた感はありますが、日本を貶したいと言う訳ではありません。

もちろん日本の生活レベルは高い方に属していると思います。

 

24時間コンビニが空いており、蛇口をひねれば飲み水が出てくる。

何曜日だろうがほとんどのお店が開いている。

日々の飲食料を得るのも大変な国と比べると、かなり豊かな国でしょう。

 

しかし、テレビなどで手放しに

「日本はすごく便利」

「他の国からも好かれる凄いジャパン」

みたいなメッセージだけ取り上げた番組を見ると、じゃあ現金文化や過剰包装はどうなんだ?本当に日本だけがズバ抜けて便利なのか?とツッコミたくなるのです。

 

例えばフランスは朝5時からできたてのパンがどこでも食べられるし、文化施設も充実していて便利だけど、役所は仕事が遅い。日曜はスーパーが開いていない。

このようにどんな先進国にも便利な点・不便な点はありますので、「日本だけすごい」かのように扱ったコンテンツを見ると、ちょっとモヤモヤしてしまうのでした。

 

参考記事

ABOUT ME
佐藤ユカ
立教大学卒の派遣社員。北海道出身です。 20代のライフスタイル全般に関する記事を投稿しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。