仏・独・英語の豆知識と、社会あれこれ
人付き合い

20代前半の女性向きプレゼント16選【1,000~3,000円】

1,000円~3,000円で購入できる、20代前半の女性向きプレゼントアイデアをご紹介します。

20代前半の女性って、どんな物をプレゼントしたら喜ぶんだろう?

こんな悩みをお持ちの方に向けて、都内の23歳・女性会社員ブロガーがプレゼントアイデアをまとめました。

友達や同僚のプレゼント選びに困っている方は、ぜひ最後まで読んでいってください。

1,000円~3,000円なら「消耗品」がおすすめ

予算が1,000~3,000円の場合、唇や髪のスペシャルケア用品や、少し高い飲食物といった消耗品をオススメします。

低予算でも良いものを買いやすい

1,000~3,000円のプレゼントにスペシャルケア用品や飲食物がおすすめな理由は、低予算で高品質な製品を購入しやすいためです。

プレゼントの定番・コスメ類は口紅1本でも相場3,000円~5,000円程度と、簡単に予算オーバーしてしまいます。

かといって安いコスメを選ぶと、品質やパッケージの綺麗さを損なってしまいます。

しかしスペシャルケア用品や飲食物の場合、予算1,000円~3,000円程度でもそれなりに有名なブランドの商品を購入できるため、スペシャルケア用品や飲食物がおすすめです。

消耗品はローリスク

また、コスメや衣類品など外につけていくもの・ペンなど長く使うものを渡す場合、相手の好みが分からないと的外れな商品を選んでしまうというリスクがあります。

しかしスペシャルケア用品や飲食物は相手の外見にほとんど影響しないため、身に着けるものにこだわりを持つ女性にも安心して贈れます。

唇・髪・手のスペシャルケア用品

それでは、唇や髪、手につけるスペシャルケア用品からご紹介します。

LUSH(ラッシュ) リップスクラブ各種

イギリスで誕生したバス用品・化粧品メーカー、LUSH(ラッシュ)の製品です。

リップスクラブとは唇に溜まった古い角質を取り除くためのもので、口コミ評判では、チョコミントをイメージした「ミントフレーバー」とイチゴのかき氷のような香りの「バブルガムフレーバー」が人気でした。

Kiehl’s(キールズ) バタースティック リップ トリートメント/SPF入り

Kiehl’s(キールズ)のリップトリートメントも美容口コミサイトでの評価が高く、どんな相手にも贈りやすい製品です。

紫外線防止効果もあるためオールシーズンで使用可能。無色のタイプと色付きタイプがあり、色付きだと特に人気なのは「ローズ」です。

L’OCCITANE(ロクシタン)ハンドクリーム各種

L’OCCITANE(ロクシタン)は、南フランスで生まれた化粧品ブランド。スキンケア・ハンドケア・バス用品などをメインに取り扱っています。

「世界中で3秒に1つ購入されている」と言われるシアハンドクリームは、ロクシタンのベストセラー商品の一つです。

STEAM CREAM(スチームクリーム) 全身用保湿クリーム各種

STEAM CREAM(スチームクリーム)は、2006年に誕生したブランドです。

原材料はオートミール、オレンジフラワーウォーター、アーモンドオイル、カカオバター、ホホバオイルなど。天然由来の成分を中心に使用しています。

外装のデザインが豊富なので、相手にぴったりのパッケージを探してみましょう。

Napla(ナプラ) N. ポリッシュオイル

Napla(ナプラ)はヘアサロン向けにパーマ液などの販売を行っているメーカーです。

2017年に発売した「N. ポリッシュオイル」は、美容関係者を中心に人気が広まった製品。VOGUE JAPANFUDGE.jpをはじめ雑誌・ウェブマガジンなど様々なメディアで紹介されています。

スタイリングの仕上げ向けオイルなので、ヘアアレンジが好きな方に贈りましょう。

Loretta(ロレッタ) ベースケアオイル

Loretta(ロレッタ)の「ベースケアオイル」は、シャンプー後に使用するアウトバストリートメント。可愛らしいパッケージが特徴で、美容室やバラエティショップ、ドラッグストアなどでも販売されています。

飲食物

紅茶やコーヒー、お菓子などの飲食物系プレゼントをご紹介します。

KUSMI TEA(クスミティー) 25g缶各種

KUSMI TEA(クスミティー)は、フランス・パリに本社を置く高級紅茶店。

ロシアにルーツを持つブランドなので、「サンクト ペテルブルク」「インペリアル ラベル」などロシアの町や文化にちなんだフレーバーも多くあります。

フレーバーごとにコンセプトが異なるので、店頭でプレゼントを選ぶのも楽しそうです。

Tea Forté(ティーフォルテ) ティーピラミッド

Tea Forté ティーピラミッド
created by Rinker
Tea Forté

アメリカで誕生した紅茶ブランドのギフト用商品。

ティーフォルテ独特のティーバッグ型を模したパッケージが特徴で、6つのフレーバーを楽しめます。

GODIVA(ゴディバ) ゴールド コレクション 7粒入

言わずと知れたベルギーの高級チョコレートブランド・GODIVA(ゴディバ)。

ゴディバの定番商品を詰め合わせたコレクションは、贈る相手を選びません。

WITAMER(ヴィタメール) ショコラ・バリエ 6個入

WITAMER ショコラ・バリエ 6個入

created by Rinker
WITAMER

WITAMER(ヴィタメール)は、ベルギーで誕生したベルギー王室御用達ブランドです。

他のデパ地下菓子と並べても、ヴィタメールのパッケージは抜群に可愛いことが特徴。

こちらのショコラ・バリエ他、ロイヤル・マドレーヌ(3個入・500円)も、普段のちょっとしたプレゼントにおすすめです。

LADURÉE(ラデュレ) マカロンボックス マリー・アントワネット

LADURÉE マカロンボックス マリー・アントワネット

created by Rinker
LADURÉE

フランスの菓子店、LADURÉE(ラデュレ)のお菓子です。バラを散りばめたボックスが特徴。

看板商品であるマカロンの詰め合わせは2000円台後半〜と少しお値段お高めですが、チョコレートの「オランジェット」などは1000円台から販売されています。

MARIAGE FRÈRES(マリアージュフレール) 紅茶のサブレ各種

MARIAGE FRÈRES 紅茶のサブレ各種

created by Rinker
MARIAGE FRÈRES

MARIAGZ FRÈRES(マリアージュフレール)は主に紅茶を取り扱うフランスのブランドで、150年以上の歴史を誇る老舗です。

こちらの商品は茶葉を練りこんだサブレで、「マルコ ポーロ」「抹茶」「サクラ(期間限定)」など、何種類かフレーバーを選べます。

ギフトカード

極力場所を取らない物をプレゼントしたい、どうしても良さそうなプレゼントが思いつかない、という場合はギフトカードが便利です。

特にアマゾンのギフトカードはオンライン購入できるので、いますぐプレゼントを用意したい人にぴったりです。

Amazon(アマゾン)

インターネット通販最大手のサイト・Amazonのギフト券。

ギフト券にも様々な種類があり、「Eメールタイプ」「印刷タイプ」「封筒タイプ」「ボックスタイプ」などがあります。

上記リンクであげた「印刷タイプ」は、PDF形式のギフト券リンクを自分で印刷して渡せるタイプのもの。

カードの送付を待つ必要がないので急いでいるときにも。

他のギフトにプラスしたり、メッセージカードに同封して渡したり、渡し方もいろいろアレンジできます。

STARBUCKS(スターバックス)

STARBUCKS スターバックスギフトカード

created by Rinker
STARBUCKS

スターバックスカードは、プリペイド式で繰り返し利用できるタイプのギフト券。

カードのデザインが綺麗・豊富です。公式でオンライン販売は行っていないため、店頭でお買い求めください。

購入時にプレゼント用だと伝えると、ラッピングをして渡してくれます。

ハンカチ

消耗品やギフトカードは前の機会に渡してしまったので、今回は別なものをプレゼントしたいという場合は、定番のちょっと良いハンカチも渡しやすいでしょう。

ハンカチには「別れ」「手切れ」という意味もあるので、どちらかと言うと誕生日などより送別会などに向いているかもしれません。

若い世代はあまりプレゼントの意味を気にしないと思われるのですが、気になる場合は一応、誤解を防ぐために手紙や一言を添えると安心です。

agnès b.(アニエス・ベー)

agnès b.(アニエス・ベー)はアパレル類や鞄などを扱うフランスのブランドです。

ハンカチはデパートなどで販売されており、1枚1000円程度で購入できます。

PAUL&JOE(ポールアンドジョー)

PAUL&JOE ハンカチ

created by Rinker
PAUL&JOE

花柄や猫あしらった可愛らしいデザインが特徴のPAUL&JOE(ポールアンドジョー)からは最近、「スマホ拭きハンカチ」というものが出ています。

スマホもメガネの汚れも拭けるように作られたもので、実用性も抜群です。

まとめ

今回は、1,000円~3,000円で購入できる、20代前半の女性向きプレゼントアイデアのご紹介でした。

1,000~3,000円なら「消耗品」がおすすめ

唇・髪・手のケア用品や飲食物は趣味を選ばない

消耗品を避けたかったら、ギフトカードを選ぼう

今回の記事が、ギフト選びのお役に立てれば幸いです。